オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

圧倒的な質量!デイリーシャルドネはコレだけでオールOK!? ポール・クルーバー・エルギン・エステート・シャルドネ2016

うぇるかむ!
予告してました通り、やりますポールクルーバー!

20170723100019833.jpg
ポール・クルーバー・エルギン・エステート・シャルドネ2016
いやー、今更ながら美味いですわ・・・・・・

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(トロフィーを見るなら+♥)
実は当ブログ、3年ぶりぐらいになります。
いやはや懐かしい?そしてその間に南アワインはすっかり「ブーム」にもなっちゃったという。
20170723100027288.jpg
コレ以上必要がないぐらい書いてあるマスダの裏ラベルは変わらず。

造り手であるポールクルーバーに関しては最早省略!
低価格レンジはリースリングも
ピノも美味いという作り手です
(正確には白ラベルの更に安いのがあったり、セブンフラッグスも凄いんだけど・・・何故か私七旗で何も書いてない。うまいのに)
で、こうも久々になっちゃったのは去年だかの収穫で量が激減しちゃって何とデイリー価格帯であるにも関わらず「割当制」であったりしたから。
まぁ、それなら知ってるワイナリだし他のワイナリ注目してよっかなー・・・・・・と思って敢えて飲んでなかったのです。
とはいえ、改めて考えてみるとこのスタンダード版ともいえるエステートにしてそれから当ブログで更新してきたアタラクシアやらカーショウとも同じくらい評価が良くフラッグシップのセブンフラッグスともアドヴォケイトの点数は微量な差なんですよネ。
今回は普通に入手可能な状態になり、そういえば久々に飲んでみよっかなーと手にとったのでした。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥(ただしクセが強い)
ほんと・・・高レベルのシャルドネすぎる・・・・・・
以前はモンラッシェみたいな塩感が高かったのですが今回はどっちかというとコルトンというかニューワールド的なギッチリ感があるスタイルです。
みっちりしています。それでいて品性もあって上手。
また、数日間かけて飲みたいアイテムです。
20170723100034654.jpg
色はそこまで強くないホワイトよりの感じ。
香りに超しっかりとしたグレープフルーツ、ナッツやバタ感すらある樽っぽさなどが非常に強く出ています。
特に初日はクセが強すぎるというぐらいに迫力のある迫り方をしてきます。
ガッツーン!ときすぎるぐらいなのです。カリフォルニアでもここまでしっかりしてるのはそんなに無い気がする。
それでいて、ヘンな安っぽい甘い要素などが漂ってはこない本格さもグッド。
味わいも超しっかり!
柑橘系果実の強さやビターさ、そこに塩っけがちゃんと入りつつミルク系で激しすぎない仕上がり。
酸の立ちも激し目で初日のバランス感覚はあんまり良くないと言えるかも。
で、それら要素が何故か数日間すると控えめになります。
今回結局一週間程での飲み終わりになりましたが、バランスが良くなるのは36時間後つまり2.5日ぐらい経過してから。
何故か酸味や果実の主張が弱まる事で美味しくなるって訳。デレるのです。ギャルゲー?
かなりどの段階で呑むかで印象が変わるので、案外取り扱いが難しいとも言えますが、パワフルな初日と落ち着いたブルゴーニュ風になる数日後でお好みに合わせたり変化を楽しむのもいいかと。
何れにしても、要するにえらくタフなシャルドネなのです。リースリングかよってぐらいにヘタれすぎない。
ナイスボディだけど高貴なおねえちゃんキャラ。それもジャンプ系ハーレム漫画式の最初から仲良いのにデレる主人公男イケメンタイプのデレ方。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
トランクにこれ一杯つめこめばシャルドネはそれでいいんじゃない?
色々な南アワインも紹介し、白ワインの紹介も大分増やしてきた当ブログでありますが、改めてココを飲んでみると「あ、別にコレだけ買っててもいいよネ」という気分になってしまいました。
スクリューキャップで開けやすいし、私みたいに経過を一人で観察するように呑む人にとっては変化率の面白さも含めて超サイコー。
もちろん、他にも美味しいシャルドネはたくさんありますが、2500円アンダーでコレを買えてしまうのはコスパが良いですまないって事でス。
敢えてワイン会で持っててもいいでしょうし(それも敢えてスクリューを一回開けて調節したりしてもいいかも)デイリーワインには超サイコー(本日二回目)
プレゼントには流石にちょっと雰囲気がなさすぎる気がしますが、美味いので自分で呑みましょうって事で。

というわけで、ポール・クルーバー・シャルドネ2016でした。
これ熟成したらどうなっちゃうの?という気がしないでもない程。
固めでもなお美味しいし数日かけても美味しいというデイリーづかいに求められている完璧なシャルドネです。
こういうのがあると、色々飲み歩く気が失せてしまいもする・・・・・・だって、これで良いものなぁ。

2016年版はどこも入荷してるのでお好きなお店で(敢えて自分が良く使うショップを掲載しない私であった)


高貴おねえちゃん騎士王女とかいう色々溢れすぎる属性

関連記事

| 南アフリカ | 14:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1411-292d34e9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT