オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ミラクル醸造家のミラクル畑のミラクルエンターテイメント! レイミー・シャルドネ・ソノマコースト09

うぇるかむ!
今回はシャルドネ編3回目、いよいよ某所でティスティングしてまいりましたシャルドネ英雄軍団登場って感じでございます~

まずはソノマシャルドネからスタート。

BTKazWNCMAAHXvB.jpg

レイミーシャルドネ、ソノマコースト09です。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
ラベルはモロにフランス流儀なスタイルをとっていますが、ちゃんとUSAです。
醸造家のデイヴィッド・レイミー氏が自ら立ち上げたワイナリーとして注目を集めています。
このレイミー氏っていうのが、超スゴ腕でミーハーどころではドミナス・エステートの醸造家。
更にラッド、チョークヒル他すっごいところが名を連ね、雑誌の「この醸造家がすごい!」みたいな特集の一位を総ざらいしている人です。
で、更に今回のシャルドネAVAですが、使われているブドウは確かにソノマ広域モノでシングルヴィンヤードではありません。
ありませんが、畑のラインナップがマルティネリ・チャールズ・ランチ、ロジャーズ・クリーク、プラット、リッチー・・・・・・という最強級ラインナップです!(インポーターの資料からは比率までは不明だけど、マルティネリが一番多いかなー)
ゲーム音楽で例えれば、ZUNTATAの最強時代勢ぞろい級!
ブルゴーニュで言うと・・・・・・赤のが分かりやすいので赤で言えば、ラ・ロマネ+ラ・グランドリュ+エシェゾー+リシュブールみたいな感じでしょうか。
多分、醸造家のコネクション力ですね。くらくらしちゃいますわ。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
色は比較的薄めの黄緑系カラーリング。思いの外濃い印象にはありません。
香りからくる強めの樽、少し清涼感のあるフレーバーでおしろい感も出ています。
味わいは香りからの推測が出来る範囲で、熟したブドウの印象も強めにかかっています。
樽のフレーバー自体は強いんですが、後から来る果実感ともう一度ぶり返すバターの印象がかなり派手に出てくるのでその強さ自体を忘れる感じです。
ゴージャス。
それでいて、甘味と酸味はしっとりと品は良くアフターに焦がしキャラメル要素が見られ最後まで力強い作りになっています。
典型的アメリカシャルドネの印象ですが、それをきっちりと醸造しブレンディングしていったスタイルというのがまさにダイナミズム。
ポエットすると、まさにハリウッド映画的。スパイダーマンあたりのちょっとセンスの良さも入ったアクションやミュージカル映画などの派手だけどしっとりポイントは外さない一流エンタメワインです。

コストパフォーマンス(最大10pt)
♥♥♥♥♥
これはソノマ・シャルドネとして相当美味しいと思うのですが、5000円程度で購入可能。
うーん、ミラクルですねー。
醸造力×畑=破壊力というアメリカのスタンスをまさに地でいったワインであり、カリフォルニアのシャルドネとして体感するのにはぴったりなように思います(設立自体は96年と新しめなのに!)
低価格帯のメリケン・シャルドネとの最大の違いは各要素のバランスや味わいの奥深さにありますから
「え~、アメリカのシャルドネなんて樽強いばっかりじゃーん」
みたいな方にこそ敢えて
「それでも、美しさがある」
と実感していただきたい(キリッ
実は今回のシャルドネ特集、先に書いてしまいますが「コストパフォーマンスの良さ」では(そもそもの値段自体の評価点もありますがコストバランスで見ても)このレイミーシャルドネとケンダル・ジャクソングランドリザーブが二強です。
なんといいますか、技の一号力の二号みたいな?
アメリカのミドルクラスシャルドネ、スゴイなぁという感じ。
ラベルのフランスっぽさもありますし、ワイン会にもってっても喜ばれそうな気がします。

というわけで、レイミーでした。
夏口というよりは、これから秋に入って飲みやすくなってくるタイプだと思います。
ウンチク素材も味自体も価格も魅力的、というのはなかなか無いので探してみてもいいかな~と。
私自身はアメリカ最強はサンタバーバラ(セントラルコースト付近)だと思っているのですがソノマもなかなかやりますなぁ(しみじみ


関連記事

| アメリカ | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/139-d8a53412

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT