オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

六本木仕様のエステザルグ?  コート・デュ・ローヌ・テル・ド・ミストラル・ブラン カーヴ・デステザルグ(エステザルグ)

うぇるかむ!
先日六本木ワインショップソムリエさんで呑んだことを書きましたが、早速その中からまずは白をと。

20170604070520629.jpg

コート・デュ・ローヌ・テル・ド・ミストラル・ブラン カーヴ・デステザルグ(エステザルグ)2014
ラベルがちょいボロになってるけど、まあレストランだしネ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベルそのものは非常にシンプルかつ、まぁ安めよりかなって感じ。
実際安いのだけどサ。
201706040705473e7.jpg
裏は実は日本用になってなりします。

造り手のことを何故かワインショップソムリエさんだけ「デステザルグ」とかいうガンダムWとかに出てきそうな名前にしてるんですけど、よーするにエステザルグです。
組合ワインの中のひとつって事ですナ。どんだけラインナップあるんだエステザルグ。犬も歩けばエステザルグ。
10ある組合構成員の中のダレ仕込みかとかの細かいところまではちょっと不明。このブランは品種構成はグルナッシュブラン70%、クレレット10%、ブールブーラン10%、ヴィオニエ10%とのこと。
六本木では多分いちばん飲まれているエステザルグになるんだろうこのワイン、相変わらずなのでしょうか?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(果実要素が好みなら+♥)
さすがはエステザルグ感あり
ほどほどに濃くほどほどに果実感が良いスタイルで、ローヌ白らしい所があると言えるでしょう。
個人的にはなんだか惜しいところでとどまっている感じもしなくはないッス。
201706040706020a5.jpg

色は結構黄色身が強い。年号からすればちょっと驚くカラー。
香りに割と青リンゴなどのタッチが大きく、少しの桃感や香草がある。どこか全体にそうした青さがあるのが個人的に惜しいと思っている部分でして、個人的な好みを言うとひっかかるのです。その耳アクセサリー邪魔!カチューシャ邪魔!みたいなキャラみた時の気分に似てる。
味わいもまずそうした部分が出つつ、糖蜜感がしっかりと。
なんだかソアヴェっぽいどことなく若々しい部分がありそこを複雑と見るかアンバランスと見るか。
果実は青リンゴや桃の缶詰風でかなりしっかりと出ており、バニラ要素などはあまりなく、そのままストレートにフィニッシュしていきます。
パワーがありつつ、しかしあんまり呑み疲れはしないタッチになっているのは良いポイント。
色々混ぜてるのもあってか芯がくっきりしておらず、とらえどころがあんまりない感じもします。
果実要素に好みが出るので、その部分をどう見るかというのはあるでしょうかネ。
要素の強さ的に赤ワインとの飲み合わせでは赤のバランスが狂っちゃう事もありそうなので注意。
ボディはあるけど、なんだか素っ気なさもあるクール巨乳?ちょっと放置プレイかましてくるような。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(味の好み次第では+♥)
グラスでは600円ぐらいだった気がしたんですが、ショップ価格は1600円です。
値段としてはまぁまぁな仕上がりなのが流石エステザルグ。
六本木でもその点は変わらず。
プレゼントにはちょっと地味すぎるラベルもあって、普段使い用です。ケースで買って送ってもらってるんでしょヒルズ族ぅ?

というわけで、テル・ド・ミストラル・ブランでした。
ガンダムに出てきそうな蔵名になってる意外はエステザルグでしたネ。本当にナチュール寄りだけどそうはなりすぎてないギリギリの所を攻めてる感はいいかんじ。
恐るべき協同組合として今後も君臨しててくれると色んな人が楽だろうと思うでス。

サイトの作りが一世紀古い感じは、ちょっとナ・・・・・・


この辺りのキャラに素通りされる感じ。あともうワンクッション欲しいんヨ。



このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

| フランス | 10:49 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私はレジデンスに住んでいますが、こんな安いワインは飲みませんよ(笑)

| けやき坂 | 2017/06/04 23:57 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1377-877b8450

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT