オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カリフォルニアらしいブレンドシャルドネ エデュケイテッド・ゲス・ナパ・シャルドネ2010

うぇるかむ!
シャルドネ編第二回目はナパに向かいます。
ナパ、というとカリフォルニアファンならばポイヤックやヴォーヌ・ロマネ以上の聖地!
アニメファンでいえば、「京アニ作品」ぐらいに大鉄板、時に新宿までアニメ色にしちゃうみたいな超大御所です。
……ですが、白というとそこまでパッとしないというのが正直なところ。
ナパは温かいエリアという事で、主軸はやっぱりクラレット系かと。

で、その中でもヴァラエタルにかつ如何にもなシャルドネを飲みましたので

BTAQZwSCEAA2Fbz.jpg


エデュケイテッド・ゲス・シャルドネ。
そう、以前紹介しているワインの白版です。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
ワイナリー自体の詳しい詳細は以前の記事で☆
シャルドネの方は畑はより不明になっています。とりあえず、セントヘレナ周辺なんじゃないかなぁと。
ラベルの色調に黄緑を選択する辺りも定番といいますか。

このワイン、比較的レアアイテムの部類に位置する理由として、新参ワイナリーであることもそうなのですが、インポーターさんが「オザム」という超子会社なのもあるのです。
何せ、ティスティング巡業に社長自ら出向いてるってぐらいのモノですから。
ヘタすると、私は顔覚えられているという。
ナパワインでこれほど小規模受注とは・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
色はそこそこ透ける緑がかったイエロー。若干透明度低め?
香りはほどほどにクリーミーでフルーツ感も強くあります。
トロピカルフルーツ感は少しパッションフルーツのようなニュアンスで、そこにぽわっとバニラ要素が。
味わいはパワフル系に行き過ぎはしていないものの、ベースはカリフォルニアシャルドネの定番ラインを組んでいます。
樽系のクリーミーさ、果実のあからさまなパワフルさ。
それらがそこそこ、上品なラインでまとめてある点が良いところで。
いわゆるテーブル価格帯のシャルドネを正統に良くすると、こんな感じ~って思います。
書きまとめながら思いついたところだと案外、シチリア系シャルドネに近い?

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
5000円程度、というには妥当~若干難しいかしら?
赤のシリーズに比べて、圧倒的といえる個性は無いように思います。
というか、09年ナパが良すぎたのかも
品質自体はそこそこなものの、値段だと他にも候補は出てきてしまうかもしれません。
おもしろすぎるラベルなどは相変わらずですから、インパクト勝負の時はバッチリ活躍してくれますよー

というわけで、エデュケイテッド・ゲスでした。
私の非常に好きなワイナリーですが、ここでも「赤の方がナパは強い」という印象を受けますね。
ただ、ナパのシャルドネを見学したいという意味ではぴったりくるワインである事は間違いないかなーと。

関連記事

| アメリカ | 03:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/137-b25ec61a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT