オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アフロの三銃士再び。改めて上手な造り手? ウィリアム・ダウニー・モーニントンペニンシュラ

うぇるかむ!
ここ最近低価格目で続けてたので、今回はグッと引き上げて。今年もこの人のワインをなんとか呑めました。
20170523214919967.jpg
ウィリアム・ダウニー・モーニントン・ペニンシュラ・ピノ・ノワール
ここもひっさびさですネ!

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥(個人的には+♥)
相変わらず「え、これだけ?」ってびっくりさせるラベルだなぁ。
とはしみじみ思います。アムロ・レイみたいな風貌のウィリアム・ダウニーの「ギップスランド、モーニントン、ヤラのピノ三銃士」のひとつであります。
20170523214926800.jpg
裏も極手書き風。この字体は確実に本人で他のアイテムもこんな具合。

ウィリアム・ダウニーに関しては、ギップスランドでなかなか興奮させられ、アホすぎる馬のラベルでしかし実力は感じさせつつ、しかしクソみたいなワインを作ったりもする人(正直ストゥールの事は忘れたほうがいいような気もする・・・・・・)。
詳細に関しては割愛しようかとも思いましたが、なんだかいつのまにやら
「バス・フィリップで修行してデ・ボルトリで活躍しフーリエやリニエといったブルゴーニュ名門のグランクリュの担当もいろいろあって経験し、とくにリニエ家では先代のロマン・リニエの弟子で彼の変わりにグランクリュも任せれていて・・・・・・」
となかなかに天才というかすごい経歴持ちであることが判明していた様子。
さて、久々にこの方の本気ワインだったんでありますが、その実力とは・・・・・・

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
ギップスと全然違うけど、やっぱり良く出来てた!
うん、ちょっと安心。ただし、ギップスとは完全に味わいの感覚は別でもっとこちらは自然派してます。

写真はうっかり消しちゃってましてOTL
色はレッドだがしっかりしていてあまり透けず、またちょっと濁りあり。呑んだ部分が底に近かったのも影響あるかなとは思います。
香りにどこか生姜の印象があり、赤果実も忠実に暖かめに。
この段階であまりミルク感がないロリロリしさが存在せず、ナチュラル系の旨味感出すぞー的な雰囲気があります。
味わいも生姜タッチが良く映えており赤果実とのギャップが印象的な作り。
チェリーやスモモの果実風味に少し何故か生姜のような辛味?のような部分があるのが特色。
わずかにオレンジの風味もありました。
樽がかっておらずこのフルーツ&ジンジャーの部分が剥き出しになっていて、そこに良さを見いだせるかどうかは結構左右分かれそう。
アフターの残りもナチュールらしい野菜感が残ります。とても自然派らしくそれでいてしっかりと赤果実が残るのは好感。
呑むタイミングがかなり違った為に印象が大きく異なった、と位置づけても良いかもしれませんが・・・・・・一応、過去に呑んだギップス・ランド版と比べるとずっとナチュール感があり、それでいながら芯はしっかりとぶらしていないワインで、ちゃんと本家?なギガル三銃士同様に「同じ人の場所違い」として成立していますネ。
どうにもクローンの違いと土壌の違いも関係してそうな気がしますが・・・・・・ま、この辺りはテロワーリストの皆さん達にお任せするッス(ポーイ
甘えたくなるようなキャラとは対局、強いツンのあるワインだと思います。でも兄弟、みたいな感じ

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥(好みは分かれる)
以前のギップスランド版と値段が同じなので、今回も同じとしておきましょう。
ギップスとは「味わいの系統が違いすぎて、各々の好みでどうぞ」となってしまうタイプ。それぐらいに方向性を違えてあるように感じました。いや、そういうふうにアムロ・・・・・・じゃなかった、ウィリアム・ダウニーが操作してるのかなって。
相変わらずダイヤモンズ輸入で数が少ないので試す機会がなかなかない方(ただちょこっとだけ余ってたりする)なので、興味があればお早めに。

というわけで、ウィリアム・ダウニーのモーニントンペニンシュラでした。
実は以前のストゥールで大分ガッカリさせられたものですから、今回期待値が低かったんですけど・・・・・・そうそう、こういう出来で来る人だったよネと思い直すのでした。
安定感はなさそうですけど、注目はしてみて損がなさそうな生産者の一人なのだなぁと。うーむ、ヤラ版も呑んでみたいゾ。

そもそも売ってる店も少ない・・・のだけど、最近ダイヤモンズ輸入品は高額になるとダブついてたりする(そして突然蒸発する)


会ってもないのに写真からだとどーしてもこんなイメージ(ナイーブそーさも含め)

関連記事

| オーストラリア | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1367-73ed4ad2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT