オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

相変わらずの濃厚さ、ブルガリアのある意味での安定感。 カストラ・ルブラ・ヴィア・ディアゴナリス2009

うぇるかむ!
なんとなくマイナー地域の紹介をしたいなぁと思いまして、今日はブルガリアで攻める所存。

201705222304549ff.jpg
カストラ・ルブラ・ヴィア・ディアゴナリス2009
ひっさびさの登場であります!

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
このワイナリに関しては
当ブログ初期から紹介しており、
低価格版もやってたり、
そもそも実はヴィンテージ違いで紹介しています。ただ、ラベルデザインが大幅に異なっているのでわかりにくいと。
個人的には紙包みもなくなってしまったし、以前の方が格好良かったなぁなんて。

2017052223050708c.jpg
裏もレッド。

以前と同じように購入場所はカルディの店頭にて。まぁ、セールでちょっとだけ安かったし、リピート買いです。
カルディという超ド大手の輸入食品店で扱っているワインなのに、今だに当ブログが検索すると早めにひっかかるのが逆に残念だったりするカストラ・ルブラ。実力は今はどうなのでしょうか?

香り・味わい(最大5PT)
♥♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥)
うぉ、やっぱりコッテリ度すごいなぁ!
価格帯としては最高レベルのコッテリ濃厚具合は変わらずでした。まとまり良く濃いという安旨に欲しい要素は出来ていますし、2009年というのもこなれている。

20170522230524185.jpg
諏訪子様ノリノリすぎてグラス隠し過ぎィッ!

色は透けないぐらいのクリムゾンレッド。黒というところまではギリギリいかないぐらいのカラー。
香りにかなりしっかりとした赤と紫の果実感。ここが明瞭だと更に評価があがるところですが、このジャミーさはなかなか出ません。
ここであんまりミルキーさがなく、極めてタニックでまとめてあるのが特徴。
味わいも同様にしっかりギッチリとした味わいであることはもちろんなのですが、この時に年号分の雰囲気もちゃんとあるのが嬉しいところ。
比較的沈むタイプの味わいで、紫果実と花の印象、そこに若干の熟成による梅っぽさなどが漂います。
今回はあまり樽っぽさやハーブ感は感じませんでした。
凝縮感がありつつ、そうした年数分の複雑さやパワフルでありつづける果実のジャミーさがミックスされていて、アフターも結構長いのです。
初日よりも二日目で映えるのはブルガリアワイン全体の特徴で、初日開けたての渋さは二日目三日目でこなれてくるのでそこまで待つ事が大事。
相変わらず低価格なのに良く出来たアイテム。と、同時に多少扱いにコツがいるワイン。
やっぱりカルディ向けじゃないんですヨ。これだけずば抜けて良く出来ていると思うんですけど、一日で呑んじゃうとなんか強いワインで終わってしまうという。スルメなんですスルメ!
相変わらずの中田譲治キャラ、渋いミドルな印象をもってます。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥♥(ただしマニア向け)
これが2000円程度なのは相変わらずお買い得!
ブルガリア、という地域の為に売れてないんだと思います。KALDIで買うべき最大のアイテムはコレ。
よーくよく考えてみれば、2000円程度で09年のミッシェル・ロランプロデュースってプロフィールがそもそも破格なのです。
この項目は以前と評価変わらずですが、ラベルデザイン変更でプレゼントで考えた時には弱くなったかな?という程度。
濃いスタイルが好きな人のテーブルワインには最適。

というわけで、カストラ・ルブラよりヴィアディアゴナリス2009でした。
私がもう一つ推しているブルガリアワインであるテラ・タングラが比較的ヴィンテージ差が大きいのに対して、カストラ・ルブラの方が安定感はある気がしますネ。
KALDIの掘り出し物として、おすすめしたいアイテムであることに変わりないのでした。

残念なことにネットショプで売ってないので廉価版をペタリ。カルディ店頭なら多分あるハズ。


中田譲治感
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

対決3 中田譲治VS麦人
価格:4665円(税込、送料別) (2017/5/22時点)


関連記事

| ブルガリア | 23:39 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

初めまして!
中国の記事で読むのを辞めると伝えたものです!いつもお世話になっております。

先日飲んだウニコの2004が意外に美味しかったので、ぜひ貴女の感想をお聞きしたいです!

上記につきまして、何卒よろしくお願いいたします。

| 硴 | 2017/05/23 21:52 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1366-15dcb571

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT