オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ずば抜けて高品質!な南アフリカ入門のドア。 ハーテンバーグ・カベルネ・ソーヴィニヨン&シラーズ2013

うぇるかむ!
もういっちょ南アフリカのテーブル価格帯での更新、今回のアイテムは馴染みのワイナリであるって方もいる・・・かも?
20170518223744c4e.jpg
ハーテンバーグ・カベルネ・ソーヴィニヨン&シラーズ2013
割りと当ブログでは久々かしら?

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
このワイナリについては、
トップキュベのストークから更新しており、
カベルネの評価がむしろ良く、
メルロも良いという
感じで詳細は割愛ッス。
品種ごとに結構絵柄がバラバラなのですが、その中ではちょっと雑多な感じもしちゃうかな?というフォント感とドアノブのデザインです。
201705182237547a3.jpg
裏の文字も割りと細かい。

今回の品は、ハーテンバーグのラインナップとしてはかなり安い部類で、エルミタゼっぽいカベルネとシラーズ半々程度にマルベックやプティベルドが交じるというミックス。
アドヴォケイト90点はとったことがあるそうで、しかしそうしたシール貼ったりでは売ってないのかな?(後々ついてもまぁおかしくはないのだけど)
さておき、早速見てまいりますと・・・

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥
やっぱりココはわかりやすいまでに王道!
相変わらずの王道さであります、とてつもなく「南アフリカっぽさにあふれた」ワインなんですネ。
少しケモ感がありつつ、飲みごたえがあり飲みやすい。
2017051822380830b.jpg
色はかなり強めのクリムゾンレッド。ドッとしっかりしています。
香りにカシスが主体でありつつ、この段階でチョコ少々にそこそこのケモさがあり、またミルキーさも含みます。
土っぽさなども多く、果実のタッチとそうした苦系の風味も両立して出ているのがクラレットとの差。
味わいもタフ寄りではありつつ、全体にはまとまり良く仕上げてあります。
紫の果実と赤い実、そこにケモ感がちょっと乗りつつマイルドにコーヒーなども。ダレ感や尖った部分はなくデクレッシェンドして〆。
スパイス要素などのシラーらしさよりも、カベルネ側に紫の印象が足されているイメージですネ。
南アフリカのこうしたカベルネ主体ブレンドないし、ムールヴェードルやマルベックなどを少量足したタイプのアイテムの風味を忠実に堅実に打ち出しているとも思います。
低価格帯にありがちなダレた要素やなんだか人工的だな?とかナチュールなどの独特さがないのがグッド(逆にココだけにある特異点はあまりない)
これで更に果実の印象により細かさが打ち出されたり、マイルドさがあがってくると更に良くなるのですが・・・・・・
新モノのワインとして、わかりやすく仕上がった安旨の王道。
相変わらずのド王道、まさにスト2のリュウでありまス!波動で飛ばして昇竜で落とす。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥♥
思わず昇竜拳出ちゃう値段だよネ
2000円前後という、思いっきりデイリー価格。いやー、これは安くないですかネ?
ハーテンバーグは他のラインナップだと3000円前後ぐらいからスタートしてますし、どこの雑誌の安旨企画にも出られる価格でこの質は相当なモノ(1000円ワインとかコンビニワインとかはもう捨て置いて)。
南ア低価格全体としても、初心者入門ワイン的な立ち位置にもなりえるひと品。
プレゼントにはドアノブの絵を何かモチーフに使えない事もないのかな?
ただまぁ、一番の用途はデイリーワインですヨ。ケース買いワインの部類だと思うでス・・・・・・ただ、若干苦感やケモ感があるので、そこが大丈夫であればですが。

という訳で、ハーテンバーグ・カベルネシラーズでした。
デイリーワインの優等生、南アフリカ入門ワインとして初心者におすすめのみならず、かなり呑んでる人にもそれなりの気楽さで抜栓出来る良い逸品だと思います。
満足満足ゥ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

価格帯としては世界レベル


このワイナリにはなんでか毎回この人が思い浮かびます

関連記事

| 南アフリカ | 08:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1362-1d01fde4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT