オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

極端な調整の暴れファイターなシュナンブラン、日経は良く使いこなせたなぁコレ・・・ ボーモン・ホープ・マルゲリータ2015

うぇるかむ!
南アフリカ白つながりで今日は、非常に珍しいことをしようかと。
2017051722440460d.jpg
ボーモン・ホープ・マルゲリータ2015
びっくりするッスヨ

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥(表ラベルはマイナス♥)
ラベルそのものは正直言って安ワインらしすぎて購買意欲が全くわかない感じあります。
ダサシンボル、バラバラすぎる字面、色みなく、品種がなかったりする微妙な不親切さなどなど。近年まれに見る「シンプルに良くないラベル」だとすら思います・・・・・・
201705172244142ad.jpg
そして驚き、なんとヴィノスやまざき。
あの!私が!やたらと!嫌ってる!ヴィノス!やまざき!ワォ!
天変地異でも起きそうだと思いません?・・・・・・え、別にどうでも良いですって??ですよネー

ただし、このワイン実のところ他のヴィノスやまざきの「隣畑」とか「サクラアワード(に数撃ちゃ当たるで送ったうちの)受賞」とかよりはちゃんと評価がついています。
書いてある通り、日経での1位・・・グラハム・ベックを思い出しますが・・・は過去とっており、この年号もプラッターズで5スター(最高評価)を得ていて、クラインザルゼやフラムといった面々より安い値段で肩を並べることに。
ティムニキやアドヴォケイトも94点程度つけていたりしまして、ティムニキのクリュクラッセには入っています。
隣畑じゃなくってマトモに評価が論者から出ている珍しさ。
というわけで、実際どうなのか・・・・・・?あの私が苦手なヴィノスやまざきだぁよ・・・・・・?

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥(ただし好きな人は+♥♥しそう)
なんだこの生きるべきか死ぬべきかそれが問題だみたいな味!?
つまり、二択です。
私はやっぱりこのインポーターのセンスは苦手だなと改めて思っちゃいましたが、試飲しまくりで疲れた時とか少量ずつで呑むティスティングだったら物凄く強そうとも思います。どういうことか?
これ、異様なほどバランスが悪くて濃い部分の強調が爆音なんでス。

201705172244243f5.jpg
なんだこれは

色は黄緑系であまり強くはなく。
香りからして極端にパイナップルとグレープフルーツのジャミーさが出ており、結構刺さってくる感じ。
長セリフをダダダッと言っているようなアクの強さを感じさせます。確かに香りが立っているのですが、極端というか細かいところを削ぎ落とした感じ。俺の右手に全部の力を集中!
それを解放すかの如く味わいも火力は一級。
口に入れて即爆発的な果物リキュールな酸と甘、そしてやったらとしょっぱい!!!!!!!
ミネラリーといっていいかもなんですが、まぁ塩っからい印象で果物とこのしょっぱさがガッツガツな訳です。
他の要素を感じる前に飲み干したくなる。細かい要素とかいらない感じで、この最初のワンパンチの強烈さで叩き落とすというコンセプトを強く感じます。
余韻は長かったとは思いませんが短くも・・・いや、それよりも呑んだ時のインパクトが妙に強くてそういうことをさておきたくなるという。
往年のボブ・サップだとかみたいなでかい!強い!みたいな極端さ。ハムレット的なバランスの悪いが印象は残る悲劇。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥(かなり人を選ぶ)
3500円程度であり、私は苦手だったんでまず間違いなく買いませんが、これ好きな人にはたまらないんではないかと。
やたらと「白ワインはモンラッシェのように、ミネラル!ミネラルなのだ!!ミネラル!!!」などというミネラル狂の人がどういう事いうのかはちょっと知りたい。
プレゼントには地味すぎて完璧に映えませんのでオススメ出来ません。ブラインドとか人数が多いパーティー形式の場合はこのインパクトの強さが印象に残るので非常に有利だったりします。
食事は・・・・・・うーん、結構そうしたインパクトのあるスタイルなので、料理人次第かな。

というわけで、ボーモンよりホープ・マルゲリータでした。
なおこのボーモン、他のアイテムもあるのですがマルゲリータ版「だけ」が突出して人気があるようで他のショップでの取り扱いがあるほどです。
この極端さをどう捉えるかという意味では参考になる品なのは間違いなく。シュナンの中でもびっくり度なら上位?

ちなみに、本家ヴィノスやまざきの楽天店では完売している上に別に他店より安くもなく更に説明もクソザコナメクジ(京橋のがまだ網羅されている)という4重苦で自分の所のアイテムなのにネット担当しっかりしろと苦言を呈したい。


極端すぎへん?

関連記事

| 南アフリカ | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1361-48985ee1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT