オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マグロ、ご期待ください?イタリア版マルチホワイト、その実力とは? クストーザ・スーペリオーレ ・カ・デル・マーグロ・モンテ・デル・フラ

うぇるかむ!
ワシントンで何かもうちょいやろっかなーとも思ったのですが、ちょっとここでQK!
ふと、いきなり暑くなりすぎているTOKYOの気温に合わせてこんなので。

20170507044340d7e.jpg
クストーザ・スーペリオーレ カ・デル・マーグロモンテ・デル・フラ2013
実はちょいちょい前に呑んでたやつなのですがネ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベルそのものはどちらかというとヨーロッパのそれも低価格らしい感じでしょうか。フォントの揃えとかは悪くない感じ。
ただまぁ、デザインとしてはふつーの域でしょう。
あ、そうそう、マグロは全然関係ないゾ。

20170507044359033.jpg
裏も普通め。

造り手は1958年からヴェネト州クストーザ地区で家族経営をしています。
ボノミ家による運営で地区では最大規模の大きさで、この地区名を関した今回のワインはガンベロ・ロッソ誌のトレビッキエリの常連!としてまぁ大々的に売れてます。
そうした経歴よりもこのワインに関してはぶどう品種が面白いかもしれません。ちょっとコピペしてきました。

「ガルガーネガ40%、トレッビアーノ・トスカーノ20%、インクローチョ・マンツォーニ15%、コルテーゼ10%、シャルドネ、リースリング・イタリコ、マルヴァジア10%、トカイ・フリウラーノ5%」

はい、というわけで、おそらくはブレンド比率というより土地に植わってる割合の羅列っぽいのですが、ガルガーネガを主体としたマルチブレンドであります。
一応これでもクストーザ・DOCというDOC認証が出てるってんだから驚き。ホントツカエネーニンショウダナ
さて、そんな独特なワインな訳ですが、それってどうなの?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(濃い目好きなら+♥)
うまけりゃよかろうなのだー感が凄い
かなりしっかりとしたタイプのソアヴェ・クラシコ・・・・・・の模倣。
というより、カリフォルニアのリースリング主体マルチとかと内容としては似てます。
ベースとなる一番配合値の高いブドウに合わせて、それを補う形で足し算で作られたアイテムですナ。

20170507044436c51.jpg
色は年号の割にはしっかりした黄緑。
香りに洋なし感が最初から最後まで通しで出ている(しかしガムまではいかない)のは特徴的にガルガーネガなんですが、柑橘の要素もそこそこに強く。
ただ、ミックスジュースっぽさのがここは強いかしら。温度による変化が大きく出るタイプでたまにトロピカルフルーツ(温度があがると)出たりも。
味わいもベースはあくまでもガルガーネガで口当たりは軽く、梨っぽい瑞々しさとその蜜。
蜜部分がソアヴェ単体と違い、やっぱりどこか柑橘だったり杏が年号の割に入っています。
果実部分が強化されつつ、芯は曖昧ってな具合かな。濃いけどどっちつかず。
多少香りに比べると樽っぽさがあってまとめをしつつ、果実の要素を多めに残して引けていきます。
果実ベースが重たい印象なので、中間はしっかり味がしつつアフターの爽やか緑の果実(マスカット他)ってな具合でなんともイタリアらしい仕上げ方ではあるかと。
全体には良く出来た「白ワイン」であります。ただ、ガルガーネガが好き!という生粋の方には邪道に思えちゃっても仕方なし。
そういう層向けでない、カジュアルに甘々おねえちゃんなタイプ。白の豊満さもまた一興なのであるッス。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
2500円前後と別段ガルガーネガ(主体)全体としても安いとまではいかない価格なのはちょっと残念?
無名生産者を引くよりはずっと良いけれど、よりミネラルニュアンスがあるアイテムが買えたり有名生産者も充分選択肢に入っちゃうからなーという(ジーニもピエロパンもアンセルミもスアヴィアも買える)。
惜しい価格ではありますが、濃い目のパスタなんかにも使いやすいアイテムではありますし、どちらかというとあんまりテクニカルとか気にしてない人向けのテーブルアイテムかな。

というわけで、マグロ・・・・・・じゃなかったモンテ・デル・フラよりクストーザ・スーペリオーレのカ・デル・マーグロ2013でした。
ある意味で価格が適正な気もする、実にニュートラルな立ち位置のアイテムかなと。
ニュートラルすぎて他を買いがち(マルチブレンドってちょっと嫌煙されそうだし)なんでこういうレビューをするときに困るタイプであります。
しかしながら、マルチブレンドをしてもガルガーネガってちゃんと映えるんだなぁと思うと同時に「もっと他の国でも植わったら面白いことになりそう」と思っています。

年号が切り替わりつつあるようなので、必ず確認を。


渡哲也のご期待くださいDVDってないのな・・・・・・

関連記事

| イタリア | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1351-a586ca77

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT