オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラッキーな古酒に遭遇!カーネロス老舗の10年近い熟成メルロはやっぱり美味しかった! シュグ・メルロ・カーネロス2008

うぇるかむ!
昨日はワシントン最高レベルのメルロだった訳ですが、今回はグッとグレードは下がりつつもソノマの良品。
201705022139465a1.jpg
シュグ・ソノマヴァレー・メルロ2008
掘り出し物であります。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
ラベルのアイコンはとにかくダサい
これだけは大文字にして言っておきたいぐらいにはアイコンのオッサンがダサいんですが、ある意味では伝統的なワイナリらしいのかなーとも・・・・・・お、思えません?
20170502213953031.jpg
裏は普通ですネ。

造り手のシュグ・カーネロス・エステートは故ウォルター・シュグ(2015年没)というドイツ移民の方が1980年に立ち上げたワイナリです。
シュグ家はそもそもからしてドイツのワイナリ。世界を飛び回りつつウォルター氏はジョセフ・フェルプスで担当をし、世界中から「
すげぇ醸造家現る!」と話題になりました。
そこからの独立という事で、当時は話題になったそうな(もう35年は前の話ですが)。しかもジョセフ・フェルプスもかなり支援していたという。


なにせこれの醸造長ですからネ。
しかし高額ワインは日本のシュグのラインナップにはなく、いずれも5000円アンダーで推移した中量級のアイテムがならびそもそもカーネロスという地域がもっぱらピノとシャルドネに強い「スパークリングの地域」だったりするので、特段ここもカベメルが目立ってたりはしません。
っていうか、シュグ自体でもピノ単一の赤い泡とかのが奇抜さ故か知名度が高かったりします。
また、アメリカーンのワインとしては非常に珍しくヨーロッパに3分の1も卸している(自国のワインを呑む文化のヨーロッパとしては異例)という実績があり、日本の割り当ては多くはないようです。
今回はそんなシュグのメルロなんでありますが、実はこれバックヴィンテージ。
現行は2012や2013年。そう、これたまたま売れ残ってたので私買ったのです。
今から00年台のアメリカってそういう専用のリリースでもないと意外とないのですよ・・・・・・
とはいえ、一部では早のみの方が良いとも言われてたりしたのを目にしたんですけど、実際どうなの?

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥
うん、なかなかな熟成メルロ!
いい具合にコレが収まってるじゃーありませんか!ラッキー!!
非常にこなれたメルロに仕上がっていました。熟成しきってない程度の果実の質もグッド。
20170502213959093.jpg
それにしてもこのオッサンのダサさよ・・・
色は少し褐色が入っていますがそれでも透けは薄いクリムゾンレッド。
香りはかなり落ち着きがあって、プラムなどの紫果実要素も推しが強いほどではなくほのかに熟成による梅、樽感も控えめに出ておりビターチョコっぽさの方が優先されてるかな。
味わいは口当たりのなめらかさは流石メルロって感じ。
その上で、紫果実と赤果実(これは熟成から感じるのかな?)のミックスされた質感があってじんわりと溢れるんですネ。
このしっとりとしたはんなり具合がいいですね、ビターな中間のチョコっぽさといいクラシカルな印象を受けます。
アフターも程よくととのってかつ10年近い歳月のわりに果実感もちゃんと感じさせ、ついつい呑んじゃうタイプ。
古酒にしてはオリが少なかったのは気になりましたが、スタイルとして綺麗に整っているメルロと言えるでしょう。
苦味を雑味と捉えるなら別ですが、飲みにくい要素もなくなるほど良質なメルロスタイル。
インテリジェンスな雰囲気があるタイプのカリフォルニアかな、とてもキッチリと作ってあると思います。
完璧にメガネのロング女子。ただ、上司OLってな年増感がない、クールな学級委員長とか科学系大学生寄りのタイプ?

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥♥(ただし買えれば)
08年に関しては良好・・・だけど・・・・・・
これが現行じゃないですからネ。たまたまのラッキーな気もしますし。
とはいえ4000円程度のメルロ10年熟成としては充分に出来が良いアイテムだと感じました。
ちゃんとカリフォルニアにやってほしいメルロしてるし、凄く知的なワインでした。
プレゼントにはどこかダサい印象もあってイマイチですが、結構テクいワイナリだとするとワイン会の隠し球にもなりえるかも。

というわけで、シュグの08年メルロでした。
もっと崩れがあるかなーと思ってたらかなりしっとりと作ってあるワインだなと感じさせられました。
産地としては若干メジャーでもないカーネロス・メルロですし、お勉強にもいいのかも。
カリフォルニアはこの辺りの「ド大手というには少し違うけどまぁ大手」ぐらいのところは甘さに頼り過ぎないところが多くて、今の感覚では良いプロダクトができているのではないかと思います。

現行品はちょい値上がりしてるっぽい。


あくまでもクールなのはマキノくんっぽいネ

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

| アメリカ | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1346-054073a4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT