オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今度はデュクリュ・ボーカイユの所有なリストラック産、非常に惜しい印象? シャトー・フルカ・ボリー2012

うぇるかむ!
昨日はパルメ関係のメゾン・シシェルのアイテムでしたが、今日はデュクリュ・ボーカイユ系のボリー家の所有の安メドック。

20170423125304add.jpg
シャトー・フルカ・ボリー2012
何とも派手なラベル!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(ボルドーにしては派手なので+♥?)
めっちゃ派手な、ありそうで意外とない真っ赤な下地のラベルとなっています。
既に書いちゃいましたが、ボリー家によるアイテムです。デュクリュ・ボーカイユは結構好きなんですよネ私。


ただ今回のは前回のものとは違ってリストラック・メドックのシャトーもの(つまり一応自社ブドウオンリーかつリストラック地区までは絞ってある)という感じ。
20170423125356ead.jpg

ラベルが派手なのでこれもエノテカ限定・・・・・・ではどうやらないようで、ボリー家がかなり最近になって買ったワイナリなようです。
この前のヴィンテージ2011ではアドヴォケイト85点という微妙な数字を取りつつ
「論争になりそうなラベルだけど、活気に満ちたドラマチックなエチケットデザインで、ボルドー伝統をブレイクするには良いと思う、ワイはめっちゃ好き!」
「リストラックの中では上位の満足さ」
というような評価になっています。(誰の評価かまではちょっと不明)
さておき、では実際にどんなものかと言いますと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(ただし呑むタイミングで反動あり)
酸、強くない!?
ちょっと驚くほど酸が強く、いくら中盤以下とはいえこの年号のアイテムとしては異様といっていい酸っぱさを最初に感じたんですネ。
そのままだったら掲載見送りも考えねばって感じでしたが、ちょっと時間をとってあげるとそこそこ甘味も出るようになってくれて悪くない状態に。
20170423125406d4c.jpg
↑で撮りきれなかった部分も派手です。

色は結構紫目で透けもあまりない紫黒系カラー。かなり濃い目な雰囲気なのは新モノとして好印象。
香りに酸が既にこれでもかと立っているのはポイントというか面白い部分?
ケモノやチョコと同時に果実酸が香りからしてしっかりと感じられるんですネ。梅っぽくはあまりないのに酸が高い、と。
味わいもボルドーとしてはパワータイプの風味があり、上述した要素・・・つまり酸味が主体となったワイン。
赤果実と紫果実両方の酸(ただ明確な果実の指定はしづらい)、そこに少し苦味やらタニックさが出るんですが基本はこの果実のお酢パワー!みたいなタッチ。
時間が経つと甘味があとから追ってやってくるようになり、ここからが本領発揮ですネ。
何れにしても、酸が強いのは果実のありようからかなぁと思うので2012年という対して良くもないヴィンテージにおいてこのしっかりさなのは面白いかなーと思います。
ボルドーとしては果実のパワーがしっかりあって悪くはないなぁ、と思ってたらどうやら地区では最古級古樹使用らしい。なるほど。
多分、もっと美味しく飲めるタイミングがあったのだろうし、グレート・ヴィンテージは結構楽しめる内容が出てきそうと予感させる「惜しいワイン」な感じでした。
まぁ、これもまた本家のバランスとは全く違う(っていうかバランス感でいえば悪い方の部類)アイテムではあるので格安デュクリュとしては呑めないのはわかっての通りデス。
なんというか、小生意気めな少女よりキャラ。釘宮理恵が得意としてそうな感じ。あ、違うな、昨日(今日?)「エロマンガ先生」なるアニメを見てたんですがそこに出てくる金髪のイキったメンヘラに似てる。
私はそんなにツンツンされてたり個性を通り越して異様なのは好きでもないのですが・・・・・・

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
価格が2011で2500円アンダーでして、ENOTECAのボルドーとしては安値寄り。
または、流石にこのぐらいは出すと馬の骨寄りボルドーでも個性をちゃんと個性として見いだせるかなぁという印象。
3000円超えちゃったら他のもの買いますが、まあセールとか含めて2000円前後ならそれなりに面白い部類なのでは?という。
アドヴォケイトで特筆されるラベルもあって、一目に面白いアイテムだと思います。テーブルワインで出すにも予め棚に飾っておいた方がいい部類。
自宅で飲めるなら、これもまたちょっと捻くれたところがあるので、上手くタイミングと料理で調節してあげて。

というわけで、フルカ・ボリー2012でした。
非常にアクの強いワインだなぁという印象で、本家やブラネールに見られる淡麗な貴公子的な所は皆無(それに憧れてそうではある)。
こうも作りが違うというのも面白いかなぁと思うのでしタ。

ちなみにネット上では売ってない?というかコレから売出なのかも。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[2011] シャトー・フルカ・ボリー 750ml 【正規品】 Ch.Fourcas Borie
価格:2376円(税込、送料別) (2017/4/23時点)



正直、来週からは見ないつもりだけど・・・・・・(グラブルのついでに見ちゃってる)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エロマンガ先生(2)【電子書籍】[ rin ]
価格:616円 (2017/4/23時点)



このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

| フランス | 13:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1337-59fd9e1e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT