オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

泡の大統領?米国ロゼ泡としても、超本格のまとまり! アイアンホース・ウェディングキュベ・グリーンヴァレー2012

うぇるかむ!
最近2日に1度ペースになっててちょっとした危機感を覚えるシンクです。いやぁ、疲れてるのです私も。まぁ、色々あるのです。
そんな憂さを払うのに、最近はもっぱら「けものフレンズ」に甘えているのですが、先日のMステ放送時に呑んでたのがコレ。

20170416205736a47.jpg
アイアンホース・ウェディングキュベ・グリーンヴァレー2012
米国泡の最高峰です。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥(名前的に+♥も?)
シンプルかつクラシカルなデザイン。可もなく不可もなくなのですが、ウェディングという名前は結構使い勝手良いと思います。
まさにウェディングに用意したくなるし、ウェディングには「良好な契約」的な意味もあるそうで、お祝いにもいいでしょうと。
勝ち馬に乗った感じ。
20170416205753d72.jpg
裏はド普通。

造り手であるアイアンホースは米国随一の泡ワイナリと知られる所。
1976年からソノマの地でスタートしており、アメリカとしてはまぁ老舗。ついでに評価が高い大手で数10種類のキュベを作っている一大企業であったりします。
良く語れるのは「ホワイトハウスの採用率」です。
レーガン、パパブッシュ、クリントン、ブッシュジュニア、オバマ・・・・・・と、何れの政権の懇談会で使われているのがアイアンホースの泡(銘柄は流石にバラバラ。多分安めの奴であろうとは)
パーカーたんも過去に「ドン・ペリニヨンと匹敵!」とロゼに関して評価したことがあったり、新聞ウォールジャーナルでも「米国最高の泡!」と宣伝、W&Sやエンスーでも年間トップ級に添えるなどなど、とにかく米国メディアが超よいしょしてたりもします。
で、その中でも一番知名度があるのが今回のウェディング・キュベ。
ソノマのグリーンヴァレーに絞った、ピノ主体のロゼであります。
ある意味では米国の泡の本懐、国が愛用するワイナリの代表的アイテムなのですが、その実力とは・・・・・・?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
うぉぁ、すっごい研ぎ澄ませっぷり
非常にシャンパーニュ的です。世の中シャンパーニュ製法(MCCなりフランチャコルタなり)のワインなんて別に普通にある訳ですけれども、このシャンパーニュっぷりはなかなか・・・・・・
果実に迫力がなく、綺麗にできてる印象のが強いアイテムです。過去の経験の範囲だとベル・エポックだとかロデレール(本場の方)なんかの傾向に近い。
20170416205729113.jpg

色はどっちかというと黄色みの方があるかなーという具合。ピノ比率が高かったりしますがロゼロゼしてません(まぁ、普通のブランとかと比べればロゼ色っすけど)。
泡も特段強くはなく弱くもなく。
香りに果実要素が綺麗に出ていますが、ドッと迫って・・・こないんですネ。奥ゆかしく木苺の香りと柑橘が出ています。
この構成がとても微細なのがなんというかシャンパーニュチックさ。薄い、ではなく気品を持って適度に。
時間がたつとオレンジっぽい要素が多少強まる辺りも本格の風味。
味わいもとても綺麗に収まっていて、ピーチや赤い小さな果実の味わいをベースに泡も細やか。
樽っぽさが突出していたりもなく、最後まで綺麗に果実と泡のキメ細かさで楽しませるスタイルです。
果実の酸味甘味の余韻そのものはそこそこ長くあり、最初から最後まで非常にそつなくこなしてある印象です。
過度な装飾もなく、かといって足りない要素もない。ロゼ泡としてのシンプルデザインと言っていいでしょう。
ロゼの無印良品?
あんまりにもまとまりが良すぎるので、逆にインパクトとか単純に「すっごーい!」と感じるかというとそういう事もなく。
しかしそれが「米国のRRVの泡である」事はシャンパーニュマニアなら驚いていただけるかもネ。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(泡好きなら+♥)
6000円中盤のアイテムであり、高級アイテムに片足入れ込んでる中、本場シャンパーニュロゼと比べればそれでも安い部類と言えるでしょう。
むしろ泡マニアの方の方が好まれそうな味です。それぐらいストイックなシャンパーニュスタイルだと思います。
また、ラベル覧でも書きましたが名称や大統領が歴代使ってきたという「米国ホワイトハウス御用達」であるという事実もあって、プレゼントにも非常に使えます(そして人を選ばない味だからネ)。
泡における選択肢として幅広く網羅した、決定版的なアイテムかも。

というわけで、アイアンホースよりウェディング・キュベ2012でした。
2017041422224127b.jpg
Mステ見ながら呑むには品が良すぎたかなとも。
ちゃんとした、こう、美味しい料理がある状況でこそ映えるワインですネ。
米国の自力を感じる良質さでありました。

ネット上では取り扱い店は多いけど、そろそろ種がつきそうかなぁ。


アニメ界隈のウェディングドレスは何故かミニスカになったり素材感がペラペラだったりすることが多い(そんな中では質が良さそうなフィギュア)

関連記事

| アメリカ | 20:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1333-dd0cda10

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT