オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ギガル三銃士級?神童によるPP100点ワイン、しかし意外と・・・・・・ ベッドロック・ヴァイル・ア・ウェイ・エクスポジション2

うぇるかむ!
日中は見事に筋肉モリモリマッチョマンの変態を堪能してしまい、うっかり更新しそびれそうになりましたが、頑張ります。

201704121419212d2.jpg
ベッドロック・ヴァイル・ア・ウェイ・エクスポジション2
今、最も熱いシラーの一つです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
既に2013のソノマ版で更新してるワイナリなので詳細は省きますがちょうどこの間更新したレーヴェンズの息子さんのワイナリですナ。
201704122201033d4.jpg
裏は一見シンプル。ただ、TWOの文字大事ネ。

今回のワインはモーガン・ピーターソンが作るワインの中ではブッチギリのお値段がするワインで、ヴァイルアウェイヴィンヤードという畑からのシラーを主体とした3つのワインによる3部作。
この畑、レイミーが育て上げ現在はヘレン・ターリー夫妻やダニエル・ロバートなどの著名コンサルがやってる畑。結構広いっぽい。
この3部作どれもその畑のシラーなんですが、エクスポジション1、2、3とそれぞれにびっみょーに内容がが変わっています。
キーワードは「全房か除梗」と「シラーとヴィオニエの比率」。
1がシラー100%で全房100%というマッチョな構成、2がヴィオニエが今回で8%と微妙に入り50%全房の中間、3がヴィオニエが16%で100%の除梗という1と真逆なスタイル。
今回は2番ですネ。
このエクスポジションシリーズ、売り手側は「必ず1~3のセットで販売する」という事になっているようであり、一本辺り3万以上するアイテムでありますが、市場では既に見当たらず!
それもそのハズで、パーカーたんが
「オヤジを完全凌駕どころじゃねぇや・・・ギガルん家で三銃士呑んだのを思い出すレベル!」
「ギガルん家に毎年言ってる俺がここまでビビるワインを作れるのはカリフォルニアではマンフレッド・クランクルとモーガン君だけやで!!」
などと超絶プッシュしてるんですネ。あと、パーカーたんギガルの事別荘みたいにしてるのワロス。
結果は1が99点で2と3がなんと100点という結果になり、カリフォルニアシラーの最高峰扱いに至る事に。ついでに言うと、ヴィオニエ入りかつ除梗してる方が評価が良いのは興味深いポイント?
そんな最新のカルトのひとつの訳ですが、その実力は??

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥(独特な香りに好みが出るか)
意外なほどオレンジっぽさが多い
ちょっと不思議なほどジンファンデルチックな要素がでているアイテムでした。
シラー主体なのもわかっていながら、ナチュラル寄りな構造すら感じさせる品になっていました。多分これボトル個体差かも・・・?
2017041222004647b.jpg
色は意外と透けもあるクリムゾンレッド。
香りにオレンジがブワッ!と来るのが特徴。このオレンジっぽさ、個人的に「ジンファンデルかな」とブラインドだったら判定するような要素で、それこそ前に更新したレーヴェンズの上位品に出てるタッチでもあるんです。
ここでまず好みが別れるかも。
いずれにしても、そのオレンジ要素がとても大きくボリューム感があるのが特徴で、味わいも同様です。
ラ・トゥルクを想定とされているアイテムですがかなーり別物に私は捉えます。
オレンジから転換してブランデーのような空気感、意外なほどスパイス要素は少なめでパワーのあるアルコール要素とでもいいましょうか、そうしたフレーバーが強く長く感じられます。
閉じてるとか開いてるとかっていうなら、新モノとしてのタイミングとしてはグッドだったとも思います。
つまり、この独特なパワーに魅力を感じるかどうかかなーと。
個人的にはちょっと想定と違ったのもあって「むむ?」という具合。
一部のナチュラルワインや自然気味の若手(この手の例えだと私は大体ダヴィド・デュヴァンが浮かんじゃうけど)などが出す個性を、とことんまで強化して突き詰めて昇華させているのは凄いかネ。
マッチョかとおもいきや、意外と細マッチョだった感じ。
今日はコマンドーみたいせいで、アクション映画脳なんですがシュワルツェネッガーとかよりジェットリーなワイン。

コストパフォーマンス(最大5pt)
コスパで図るものではない。
買える人が買ってネ!というアイテムで、もう既にオークションアイテムの域に入っていると言えるでしょう。
そんな訳で、買える人は買ってくだちぃ。私は買えん。
20170412220019299.jpg

というわけで、ベッドロックの最高峰エクスポジション2でした。
うーん、これもかなり面白いワインではありますが、どうにも「評判や値段よりは微妙?」になりがちな気がしなくもない。
これはひとえにモーガンの作り方があんまり自分にフィットしないというだけの事なんでありますが・・・・・・
もうちょっと気になるけど、意外としつこく追いかけはしたくないかにゃーという。

セット売りでここまで全滅してるのも珍しい


なおめっちゃ怪しいバラ売りで3が存在。う、うーむ


確か明日のテレ東がコレ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラック・ダイヤモンド【Blu-ray】 [ ジェット・リー ]
価格:1500円(税込、送料無料) (2017/4/12時点)



このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

| アメリカ | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1326-b3953aec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT