オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

高級ワインの取り扱いの難しさって話 ~ハーラン・メイデン2012をまた呑んだ~

うぇるかむ!
連日更新止まっててスイマセンッ!ちょっと色々ありましたのです。
という訳で、ちょっと簡単な更新だけでもと思い。

20170407225559a32.jpg
ハーランのメイデン2012です。

去年のベストワインランキング3位にしてますし、覚えてらっしゃりな方もいるかなぁと。
9月末に呑んでましったけネ。
20170407225615733.jpg
インポーターまで同じ。
ただ、別の場所で飲んだ訳です。
20170407225624230.jpg
そしたら去年のイメージより固い
タニックさが強い。あれ、こんなんだったっけ?というぐらいに強さのバランスが偏った感じで・・・・・・
おっと、と思った訳ですネ。
私にしても珍しくデキャンタいるなぁと。
そういった道具はないので、かなーりスワリングしたりマスキングかけたりとしてようやっとまろやかさが出てきたかなーという具合でありました。

これには要素として考えられる事は

・一番の理由はどうやら開けたてだったらしい(ハプニング的に開けたものだった)
・室内の気温は人間様向け温度
・私自身が以前呑んだ時よりお疲れモード
・グラスが違う(けどまぁ普通のグラスではあった)

てな具合で、ちょっとした違いですがそれで大きく異ると。
まして5万近いワインで。
完璧な状態というのは当然難しい訳でありますけれども、本当にむつかしいお酒だなぁと改めて感じたのでした。
一応なり評している身としても、色んな条件を考える必要があることを忘れてはならないという良い教訓になったッス。

メイデンって今調べると本家ハーランより売ってるお店少ないのん

関連記事

| コラム | 07:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

シンクさんのブログを読んで去年12月末にメイデン'12試しましたが、確かに固かったですね…。
もちろん余韻の長さとかボディの造りは別格で美味しかったです。ただ9月の記事と自分の感想があまり一致しなかったのが気になっていたのですが、今回の記事で納得しましたm(._.)m

| chari | 2017/04/08 07:56 | URL |

Re: タイトルなし

>chari 様
うぇるかむ!

> シンクさんのブログを読んで去年12月末にメイデン'12試しましたが、確かに固かったですね…。

あやや、もしかして私のせいで判断ミス的な感じになってしまったのかしら。だとしたら申し訳ないです。
ボディの作り込みのセンスはハーランは流石というかバツグンで、セカンドで5万という価格帯なのも納得なのは「固くても」あったのだろうとは思いますが・・・・・・


> もちろん余韻の長さとかボディの造りは別格で美味しかったです。ただ9月の記事と自分の感想があまり一致しなかったのが気になっていたのですが、今回の記事で納得しましたm(._.)m

評論家の評・・・アドヴォケイトしかりジャンシスおばさんしかり世界中のソムリエしかりそして私しかり・・・と実際呑んで感じられる感想って隔離が起きるのですよネ。
正直、横に並んで同じワインを呑んだとしても一致しない。もっと言ってしまうと一致しすぎるのも良くない(影響を受けすぎるのはフィルターがかかっているといっていい)部分はありまして。
極端な話
「シンクのやつはあんな事言ってたけど、私はもっと違うと思う!」
と言う事は沢山あるだろうし、そこまで私も保証して記事は書けないのであります。全く同じで見れるであろう映画だって人によって感想違う訳ですし。
もち、なるべく呑んだものを厳選評価したいのですが、ボトル個体差だとか温度管理だとかが言ってるとそこはもう無理!と割りきってたりします・・・・・・もっと言うと割り切らないとこういうサイト出来ないッス。
今後も違いがあったり、まさにビンゴ!だったり色々するかと思いますが、最も重要なのは「読んでる方の参考になって楽しめるもの」が私にとって大事なことなので、どっひゃーな内容も多々あるかと思いますが、

つまりはこれからもどうぞよろしくネ!(けもフレ病)

| シンク・プリテュール・ノブレス | 2017/04/09 08:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1321-9b9b7ee5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT