オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今日もどったんばったん大騒ぎ!モリードゥーカー・カーニバル・オブ・ラブ2013

うぇるかむ!
ようこそ!!
じゃぱりパーク!!!
という訳で、なんと私も近年稀に見る追っかけっぷりを発揮しているけもフレが12.1話なる番外編が突如公開されてどったんばったん!大騒ぎ!!となりました。
*もしもまだけもフレ見てない人がいたら超ネタバレ番外編だから注意ナ。



さて。
そんな訳ですが・・・・・・実はこんな更新中止があったんですが、その時に更新する予定だったワインが今日のワイン。
20170330211459f2d.jpg
モリードゥーカー・カーニバル・オブ・ラブ2013
今日もどったんばったんお!お!さ!わ!ぎ!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
相変わらずなのです
このラベルデザインのハッチャケっぷりがカルトっぽさも全快なモリードゥーカー。もーそろそろ「オージー濃い口の新世代カルト」として日本でも定着してきている気がします(本作ももう世間で売ってないです)
20170330211515df2.jpg
何とも洋物チックなピエロである。
なんともどったんばったん!大騒ぎ!ウーホホホーホホwwwww
201703302115321ad.jpg
お姉さんの胸の谷間が黒線で描かれてない辺りがどこか文化の違いを感じる(日本のアニメ絵なら絶対強調線が入る)

造り手のモリードゥーカーに関しては2015年に初めてヴァンダミングなボクサーを体験して以来、注目していたので詳しくは割愛。
こんな筋肉フィーバーもやりましたっけ、ワォ!
今回のカーニバル版はそんなモリードゥーカー作品の中でも準最高峰の作品にして、時たまフラッグシップである「ベルベット・グローヴ」と同じか高い評価の時もあるというアイテムです。
たまーにまぁ、セカンドの評価が良いってパターンは新世界ではあるのですが(ハーランのボンドとかネ)それにしたってどっちみアドヴォケイト98点とか97点といった基準で出てくるワインです。
スペクテーターでも赤ワイン年間NO1(1位がポートだった時に2位だったのがコレ)
ワイン名というかラベルの由来は「愛に包まれた人生を送りたい」という願望の象徴であり・・・・・・けものフレンズ!?けものフレンズだな!?(完全に私はじゃぱり難民になるだろう・・・・・・)
20170330211545b5b.jpg
あ、うっかり忘れそうだったけど裏はこんな感じ。
テクニカル素性はゲートウェイ・ヴィンヤードという畑のシラーズという程度でわりとオブラート気味。
はてさて、噂に名高い実力やいかに!?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥(寝た時どーなるかよくわからん)
やっぱりヴァンダミングマッチョである
ここのワインは大体同じような感想になります。どの品種呑んでも大差なく一見感じられ、その上で細かくは差があり、そしてシラーが一番性にあっている。今回もぴったりな超濃厚特大ヴァンダミングアクションです。
201703302115570a3.jpg
色はご覧の通り何か反射するぐらい黒いです。まるで透けません。ブラック!アールエッ!!
香りにリキュールを使ったチョコ、ドッと強いチョコレート!
とにかくこの要素が高くあって、しかしビター寄りで大人なチョコではあります(甘味と苦味を香りからギシギシと感じます)。
その中に干しレーズンなどが交じるかなという具合。
とにかく濃く大胆な味わいでスタートから火薬ドッカンドッカン大騒ぎ!
クリスリングランドのワインだとかよりもよっぽど濃厚。色気もなにもなくマッチョが殴ってくる具合です。
アルコール感も高く、その上で上述の香りからくるビターチョコにカシスなどのジャム要素が特大。
こうして書いてるとただただパワフルなワインという風に映るかもしれませんが、低価格パワフルとの最大の違いはスケール感とその上で骨格がしっかりしていて特に甘味部分がチープでないことです。
ある意味ではA級アクションとB級アクションの差と言っていいでしょう。アクション以外の筋が甘くないのです。マッドマックス怒りのデスロードとかもそうだったでしょう?
そう、果実部分やジャミーさの質感がナチュラルさも垣間見せたりかといって甘ダレたりシロップチックな要素は0というのがここの凄い所。
スパイス要素とかは控えめで、とにかく肉体美で押して来る力のワインの最高峰。
・・・・・・正直、記憶上はエンチャンテッド版やボクサーと比較すると「濃かったよーなー・・・おんなじよーなー・・・」ではありましたが。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥(買えれば)
ま、売ってたらネ
シラーの最高峰って突然値段が突き抜けて高くなるんですが(ローヌのシークレットアイテムやSQNなどのカルトやそれこそオージーの最高峰達ネ)これはまだ1万円前後でなんとかなるんですネ。
フラッグシップのヴェルヴェット・グローヴだと3万超えてくるので、購入検討しやすいのはむしろこのカーニヴァルなんだろうと思います。
しかしながら、濃いのが好きなフレンズ達でこれもまた取り合いになっているワインなので・・・・・・
手に入ったらラッキーの部類かなぁ。

というわけで、久々のモリードゥーカーよりカーニヴァル・オブ・ラブでした。
やっぱりパワフルシラーズとしては王道を行く作りではありましたネ。
ある意味では誰もが思う典型的シラーズの究極系。ここはブレそうにないですね。

当然売り切れ


こっちはどんな濃さなんだよとは思う。


けものフレンズネタにしたかったんですが、結局は
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キックボクサー【Blu-ray】 [ ジャン=クロード・ヴァン・ダム ]
価格:2153円(税込、送料無料) (2017/4/5時点)


関連記事

| オーストラリア | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1320-bfa1a6e3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT