オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

花見に気軽なロゼ?あくまでも邪魔しないシンプルティスト。 ヴェルジェ・デュ・シュッド・ロゼ・メディテラネ2014

うぇるかむ!
今日はちょっーっとヘコむ事がありまして・・・・・・簡易気味な更新であります。
さて。もうすっかり桜がTOKYOでも開花しちゃっていて大分「花見ワイン」というにはおっそーい!って感じでありますが・・・・・・
また、花見にワインってなっかなか難しいだろうというのが見解ではありますけれども、季節行事ですしせっかくだからこんなの如何かしらん?

20170402224350dd4.jpg
ヴェルジェ・デュ・シュッド・ロゼ・メディテラネ2014
グルナッシュのロゼであります。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
以前に赤版で更新していますが、マコネ白がメインの造り手がやっているラングドック方面シリーズのロゼ版ですネ。

なお裏はインポーターラベルのみだったので割愛。
赤版に比べるとシンプルでちょっと可愛げないかなーとも思います(ROSEの部分やたら派手だけどネ)。
さて、その実力とは?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
可不可なく花見に良さそうなタッチ
意外とまぁまぁなアイテムでして、ちょっとしたスパイスっぽさが入っているのがいい所。
20170402224416d3d.jpg
色は黄色が少し入ってるかな?という具合でかなり薄くクリア。
香りにあまり目立つ部分はなく、ほんのりとピーチっぽさがあるかなー程度。
ちょっと薄すぎ?と思いつつ口に入れると意外とアクセントがあるスパイス部分が好感触だったり私はします。
桃系の果実感がやんわりと・・・・・・というのが基本方針でありますが、そこからほのかーに胡椒などのミックススパイスが香ってからサラッと終わります。
全体の機微としてはかなーり薄いところはあるんですが、しかしながらほのかな中にそれなりの機微は見せてくれる。
料理があると嬉しいタイプでしょうネ。っていうか、そうでないとちょっち物足りないかな。
何かコレ単体で楽しませたり想像が広がるというよりは、あくまでも「会食の添え物」としてきっちり仕事するまさにレストランワイン。

コストパフォーマンス(最大10pt)
♥♥♥(花見には+♥)
というわけで、実はこれスクリューかつ2000円アンダーという価格で、スパイス部分が軽食的なあれこれと合うだろうと加味するとちょうどいい具合に
「花見に向いたワイン」
だったりします。スクリューなのはでかい。価格的にも対して気を使わない。飲みくちは薄すみだけどその分あんまりハズレだと言う人も少ない(感動はしないけど花見はお酒に感動する場所でもない)
というわけで、今の季節今のシーズンだからこそのオススメということでひとつ。

というわけで、ヴェルジュよりロゼでした。
これぞタイムリーなアイテム?花見用ワインとしての解答例のひとつではあると思います。
上述の通り、私自身しょーじき「お花見にワインってどうなの?」「日本ではBBQとか野外レジャーにワイン使う風習も環境もないからなあ」と思っているのですが、これならちょっと冷やし気味にクーラーにでも入れてもってて良いですし、そんなにこだわらなくて呑める。
で、スクリュー(二度言う)。
もっとそういう感じの売り込みをしてもいいんじゃないかなーと思うひと品でした。

楽天でも実はろくすっぽ売ってなかったりする。売り方考えれば使える部類だと思うんけどなー。


そういえばこれも宴会の話だったっけ・・・懐かしい。

関連記事

| フランス | 23:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1317-cc71028d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT