オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今の時代にはフィットしてる!?薄旨系なマルゴーという見直されそうな佳作。 シャトー・デュルフォール・ヴィヴァン2003

うぇるかむ!
いやぁ、昨日はもうけものフレンズ最終話前で完全に更新するのも忘れてしまい、そして終わってから完全に放心しておりました・・・・・・
さておき、一昨日は亜流というか我流なマルゴー村でありましたが、今日はずっと正統派っていうかメドック格付け2級。

20170327083213d9a.jpg
シャトー・デュルフォール・ヴィヴァン2003
2級で未だに最も低評価といっていいワイナリかな?

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥?
実は当ブログではものすっごい初期ぶりだったりします。
しかもそのときはラベルデザイン変更後でしたが、これはその前なので本当に地味。メドック格付けワインの風格0で馬の骨金賞みたいなデザインだったりします。
驚くべき格調のなさ・・・・・・
201703270832306b5.jpg
2級であることやリュトンサインがあってもなお地味。

初期に更新しての通り、とにかく地味というか評論家評価が対して良くないのが特徴で、今回の2003に至ってはパーカーたんは超絶辛辣で68点とかつけていたり(後年80点前半ぐらいになったけど80点前半って要するにカス虫である)
Liv-ex格付けでも永遠の5級となっており格付け2級にして底辺に位置します(因みに次に評価が低いのはローザン・ガシーだけど4級扱いにはなってて現在唯一の公式2級でありながら外的5級)
数年前に当ブログが更新してからもずっと評価は低いまま!
さて、そんなワイナリの14年熟成でありますが、その実力はやっぱり低いの?

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥(薄美味がいけるなら+♥)
あれ、薄美味系としてイけるな?
ボルドーのワイン、それも格付け、としてみれば非常に薄みだと思いますしらしさはないといえるかと思います。
ただ、薄くて美味しいスタイルのワインとしては案外今、ちょうどいいアイテムかもしれません。
20170327083242181.jpg

色は透けるクリムゾンレッド醤油系。
香りに酸が目立つ赤果実があります。チェリーとかアセロラっぽさですネ。
と、この段階でカベルネ主体のクラレットとして薄い事がわかります。っていうか紫果実要素0なのも珍しいような気が・・・・・・
味わいも全体に赤果実主体であり、かなりライトなタッチ。
口当たりからして比較的水っぽめであります。で、果実要素が赤果実。ピノかよ?ってぐらいにそういう酸が出ています。
そのわりにはほどほどにまとまってまして、果実要素の後にまるっと広がるマルゴー村っぽさは残っていて軽やかなアフターに繋がるという。
安いボルドーでもありえそうな記述になってしまいましたが、あのバランスの上の最上位ではないでしょうか。
あくまでも薄い部類ではありますし、それほど熟成感による旨味の付加もないんですがどこかシンプルに出来上がっており呑み頃ではあるんだろうなと。
軽いマルゴーとして、そこそこにイける。ボルドーっぽさの一つのパターンの上位かなーとも思います。
軽いノリのアニメ作品にも近い、ライトな具合。
最近の潮流としては、悪くない気がするんですよ。日本ワインや薄美味が主流などとのたまう今の環境であれば、コッテリやタニックすぎるモノよりコレは好まれるんじゃないかと。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥?(この年号の基準だと)
最近のアイテムであれば5000円前後なのでまぁそんなもんかなーと言えるのですが、グレートヴィンテージと古酒となるこの辺りは1万円以上してしまっており、あんまりお得感はありません。
あくまでもボルドーの↓の方の↑みたいなサマーソルトキックが打てそうな感じでありますから、その値段でわざわざ買う必要もないよなぁとも思います。
どうしても、5000円がせいぜいって感じではあるんですよネ。
プレゼントにも地味だし、パーティーで出しても値段分の注目は得られないしで、もう外的な評価が絶望的にも関わらずそんなに安くもないという。

というわけで、デュルフォール・ヴィヴァンの2003でした。
いやー、地味でした。そして値段が思ってたより高かった!
そういうあれこれこそや値段には不満もありますが、中身としては言われように比べればまぁまぁな気はします。
ただまぁ、それでも5000円かなぁとも思う次第でありまして、ボルドーの価格の高さを改めて感じもしてしまいましたとサ。

2003年が楽天ではなかったので最新ヴィンテージをペタリ。


あー、うん、影が薄そう

関連記事

| フランス | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1313-17886a12

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT