オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

グレネリーの新作が凄まじい仕上がり! グレネリー・グラスコレクション・カベルネフラン2014

うぇるかむ!
先日はワーウィックのフランをババーンと特集いたしましたが、今日は更に庶民的な価格のフレンズで。

2017032418242044f.jpg
グレネリー・グラスコレクション・カベルネフラン2014
久々のグレネリーであります!

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
当ブログではすっかりお馴染み?なグレネリー。ええっと、これまで主だって記事にしたものを見てみますと・・・・・・
これが一番最初のご紹介。
その次のヴィンテージも評価を出してますし、過去のグラスシリーズのカベルネ・ソーヴィニヨンの方は掲載済み。
野良感あふれつつ跡継ぎが写ってる記事とか、そのときの比較ティスティングとか、それもトップキュベ含めてやってます。
去年の9月にはこんな具合でセミナーの情報を更新させていただきましたっけ。

さて、そんなグレネリーなのですが↑のアレコレからラベルデザインがフルチェンジしまして、今回はグラスコレクションシリーズのラベルチェンジ版ですネ。
正直を言うと・・・・・・あれ、これ以前にも言ったっけ?・・・・・・前の方が基本的にはデザインは好きだったりします。
表はネ。
20170324182431486.jpg

201703241824483d2.jpg
20170324182440296.jpg
ただし裏はわかりやすくて可愛いなぁ。差し引き0かも?

そして今回はこの新ラベル版になってから、というよりはファーストヴィンテージの「グラスコレクションシリーズのフラン」であります。
これまでブレンドにはフランを使っていたグレネリーですが、樹齢とかもろもろで頃合いかと作られたとされています。
グラスシリーズはどれもブドウ品種を単一で仕上げているのでこれもフラン100%。
わざわざ作った新しいタイプ、その実力とは・・・?

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥
濃厚系フランという新世界的個性が野性解放!
アルコール度数の高さも起因しているとは思いますが、凄くパワーのあるロワールとは全く違ったフラン単一となっており、感覚としてはこれまたイタリアのフランスタイル?
カベソーっぽいか、というとそれにしては青さが強すぎるのでやっぱりフランなんだよネっていう。コッテリフランという新ジャンル?

20170324182457e2c.jpg
色はギリギリ透けるクリムゾンレッド。
香りにミント感、ちょっとキュウリもある青さながらキャラメルやバニラなどの樽っこい感じがドンッと出てきます。
その印象のため気づきづらいですが、しっかりと果実も出ている。
一見マイルド、そのクセにハーブがコッテリと。この青さ部分に好みが生じるのは間違いございませんが、同時にココはクセになれる部分。
味わいもそのままアタックからギチッと果実&ハーブ。
それから香り以上に口に乗せるとグレネリーならでは?な獣要素も含まれています。
そこにキャラメルっぽさまであるバニラ感がグルグルッと包んでくれる。
ここまではカリフォルニア赤でもありえる内容なのですが、その後にバーンッ!とハーブ要素が飛び出してきて明るく仕上がっているのが特徴。
余韻はフランというよりはトスカーナとかにたまに見られる「最初のインパクトやボリュームの割には短め」というタイプで錯覚して短く感じるタイプ側かな。個人的にはちょうど良く整っていると思います。
全体の一個一個そのものは複雑でもないのですが、フランらしい筋書きのベーシックは完璧にこなしており、その上で動物的なワイルドさが含まれているのがとてもグッド。
値段以上にパワーがあってそのわりには明るく、単純だけど芯がある子・・・・・・はっ!?サーバルちゃん!?けものフレンズのサーバルちゃん!?
うぅ・・・・・・(11話を見てたすけてしか言えなくなってるマン的悲哀)
これまで、グレネリーはどこか「東方Projectの藍様」で例えてた当ブログですが、それにしては脳天気なところがあるんです。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥♥
すごーい!とっても安いんだネ!!
1800円としては卓越したパワーと個性を持ったアイテムになっています。ついでにスクリューでとても気軽。
デイリーワインとして相当優秀な部類だと言っていいでしょう。基準点をクリアしつつ、個性があるのは低価格の大満足ポイントであります!
プレゼントには流石にちょっと雰囲気がないかなーとは思いますので、ガツガツとおうち呑みしていただきたい。
ブラインドで出すのもいっそ面白いでしょう。フランス経験が豊富な人程ヘンな間違え方をしそうなワインかも?

という訳で、グレネリー・グラス・コレクションよりフラン2014でした。
20170324182505cec.jpg
実はこんな感じで比べても呑んでます。
比べてしまうと、左のワーウィックの方が味わいそのものは数段上、というよりはこのグラスコレクションを更に洗練とさせクールに仕上げるとワーウィックになる感じ。
ま、3倍するし。その上で妥当だと思わせてくれるのでこの比べのみは結構オススメです。
いやぁ、しかしお気に入りレベルではグレネリー全体通してみてもトップかも。

好み不好みは間違いなくあるんだけど、この値段だったら単純にたのしー!ってなれるハズ。


まさか私もここまでドハマりするとはなぁ・・・サーバルちゃん・・・・・・

関連記事

| 南アフリカ | 21:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1309-9a48399a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT