オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

終売セールだったので買ってみた。 モンテス・スター・エンジェル2008

うぇるかむ!
ワイン産業って大変な訳でして、こんな大手でも終了しちゃうワインがあるわけなんですネ。

20170315204331955.jpg
スター・エンジェル・バイ・モンテス2008
ちょっとコレが終了したのはびっくりしましたが・・・・・・

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
モンテスといえば、ENOTECAが推してるチリのワイナリでありますが、そのアメリカ進出版として出ていたのがスターエンジェルシリーズでした。
当ブログでも既に一度その作品を出したことがありましたが、かなりのド大手なので終売するとは思わなかった。
20170315204354158.jpg
裏はふっつーですネ、むしろ長い方かな。2006年から初めてどうやら3年ちょいしか販売してなかった感じ?
どうやら、輸入終了でなくモンテスがカリフォルニアから撤退するようで。
今回はそのお蔵出しの09・・・・・・に紛れて一本だけあった08を購入(こういうの大事)
値段は案外このシリーズしてたのですが2000円台での購入となりました。
さて、そんなワインなのですがその実力は?

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥
うむ、どっしり系パソやネ!
かなーり重たいタイプのシラーとなっています。ガッツリとした典型的と言われそうな濃いシラー。
こっちの方がチリシラーのイメージって人も多そうかな。

呑んでる時の写真は撮り忘れの為割愛。
色は濃いパープル系。
香りがまず重たいのがなんとも懐かしいぐらいで、最近こういうシラーあんまりガッと呑んでなかったなぁと・・・いや、むしろこういうのが少なくなった?
そんな具合の紫果実のジャムがエグいぐらいに食い込んできます。
黒胡椒っぽい要素も多分に出ており、年号の具合にくらべるとあまり熟した印象なし。
味わいはしかし、経過年数がちょっと感じられたりします。
口当たりからドッと重たい果実ジャムがくるのは予想通りなわけですけれども、少し干葡萄チックな風味があるんですネ。
それが苦味となってほのかにアクセントとして効いています。
あくまでもシンプルかつパワフルなシラー感なのですが、僅かに効いている要素はいいですネ。
また、アフターにもこれまたほのかにビターチョコの残りが多く、果実感とあいなってチョコチップとレーズンのクッキー的な具合。
熟成によって果実味が薄れずにむしろ干しブドウなタッチが出ているのは面白いかもですネ。
割りと頃合いとしては最初のピークをちゃんと迎えているドッシリタイプのシラー。
まさに若い熟女的な感じ。アニメ系の「お前がママっていうのは無理がない?」ってぐらい若いママ。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥♥(まだ売ってたら)
2000円台なら今すぐ買い!
残念ながらネットショップではとっくに売り切れてしまったようなんですけど、もしかすると店舗によってはまだ残っているかもしれません。
残っているならこれで2000円ちょいは明らかに優秀です。ま、終売セールだからナーとは思いますが・・・・・・
因みにでは定価の4500円ぐらだったらどうか?というと♥♥♥に一気になります。この5000円アンダーは500円でも差を感じますからナ。
ENOTECAとしては珍しいセールだと思うので、置いてたら買い。置いてなかったら諦めてください・・・・・・

というわけで、スターエンジェルの2009でした。
懐かしいと同時にまさかの終売で本当に驚かされましたネ。
正直なところを言っちゃうと、元々がチリ=安旨地域とみなされがちな地域からの進出者で4000円のシラーって日本では売れないし、まぁ本国でも売れなかったんじゃないかなーと思います。
多分3000円前半が丁度価格としては日本では良かったのでは?と。
トーレスのように他国でも成立しつづける例はなかなかないって事ですネ、うーむ。

ネットでは売り切れ。そりゃ安いもんなーこれなら。


元祖「見た目が女子高生と違わねーじゃねーか」なママ?

関連記事

| アメリカ | 21:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1302-165da850

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT