オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リアルワインガイドが激推ししてる牛のフレンズなんだね! ドメーヌ・ダンデソン・コート・デュ・ローヌ・ルージュ・ル・プティ・アンデゾン(エステザルグ)2015

うぇるかむ!
最近、すっかり「けものフレンズ」にハマっている私。そんな訳で今日もたのしみー!なんですが、今日はテレ東での放送日だそうで。そこで動物柄のアイテム。
2017030715594387d.jpg

ドメーヌ・ダンデソン・コート・デュ・ローヌ・ルージュ・ル・プティ・アンデゾン(エステザルグ)
本で見たことあるって人はワイン雑誌に目を通してる方だと思う。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
こう、割りと自然派っぽい空気かスペインっぽい印象の牛にちょっとコミカルな印象。
ローヌ生産者協会エステザルグの中の、ドメーヌ・ダンデソンってワイナリのプティ版です。


牛のラベルのフレンズなんだネ!

上述の通り、エステザルグという10人ほどの生産者組合のうちの一角がダンデゾン。
組合のワイナリは3分の1ずつ自社銘柄・エステザルグ組合の合作品・ネゴシアンに売るという形でブドウを作ったり卸したりすることで金銭面の安定化、醸造設備などのレンタルなどを組合内でまわし、全員がビオまたはリュット・レゾネで発酵や熟成中は亜硫酸を添加しないという「ミニマムにならない規模で自然派系のワインを作る」という成り立ちが出来ているコト。
南アフリカのバーチャルワイナリに若干似たところもある感じですが、それを更に組織だてて経済的に回してる感じかな。
日本の長野のヴァレー計画でしたっけ?それにも近いかもしれませんネ。
今回はそんなエステザルグに加入しているダンデゾン、というワイナリのいわば自社銘柄品。
自社銘柄の中では最も格下アイテムという事になります。
プティだもんネ!
で、このダンデゾン、昔っからイチオシしているワイン雑誌があります。


今回のワイン、旨安ワイン大賞受賞して表紙にもなってたり。
その前々から激奨しつづけてるんですよね、リアルワインガイドでは。
そんなわけで、格安ワインの代名詞的チームのひとしなですが、本当に美味しいのって?

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥
うお、シンプルなナチュラルグルシラ!
グルナッシュ&シラーの、それもナチュラル系に出ている作りがちゃんと感じられつつ、雑味がなく自然派ワイン的要素とふっつーな低価格ローヌスタイルのいいところをちゃんと選択してあるという。
あくまでも小規模(プティ)ですが、シンプルにコレが出来ているのは凄い事かも。
201703071600085c9.jpg

色はそこそこに透けるクリムゾンレッド。
香りがほのかにオレンジづいていて、それからブラックベリーなどの果実感も。
どれも小粒な香りではありますが、しっかりとフルーティ。
味わいも口当たりは軽やかながら、すぐにみかんにアセロラにブルーベリーとかなり混合された果実のジュースがサクッと。
最近たまに書いてます「ラヤス的な自然系のノリ」が確実にあり、それはラヤスよりもクセがなくコンパクト。
果実要素が主体ですが、全体の味わいに統一感はありますしアフターも結構じんわりと残ります。
総じてナチュールよりグルナッシュとして説明しやすい味わい。教科書的ななグルナッシュの良い見本。
・・・と言いつつ、シラーのが分量多かったりするんですが、シラー要素よりもグルナッシュ的なポカポカ感のが多いでしょう。
とても田舎らしいんですけど、洗練された田舎感。色々な不便さとかを排除した物語の中の田舎の美しさ。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥♥
当核としてもリアルワインガイドの評に賛同する
そして、一番気に入ったのは、値段だ(コマンドー感
これが1300円アンダーはちょっと値段設計がおかしいの域。トップキュベがそもそも2000円前後なんですが、セカンド的立ち位置でこれだけできてれば大差がなさそうな気がしてなりません(並べちゃいないので明確ではないですが)。
デイリーワインとして、または自然派系の味わいとしてかなり的確かつお安く呑める品でしょう。尖ってはいないのですがネ。
これがローヌからこの価格で出てきちゃうとラングドックやその他新世界含めた自然派系は降参モノ。

というわけで、エステザルグのドメーヌ・ダンデゾンのプティ版2015でした。
これはなるほど、ベストバイに上がってて文句ない内容です。なにせ1500円アンダーでコレならぐうの音もでないわけです。
恐るべし協同組合といえるでしょう、ちょっとびっくりしたー。

しかも生産量もそこそこだからネットショップなら買いやすい。すごい。


頭からっぽにしてたのしー出来るワイン。

関連記事

| フランス | 15:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1293-02674f03

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT