オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

全ての記念日をシモネタに変える、色々クレイジーな若手自然派アイテム。 ピエール=オリヴィエ・ボノーム・ヴァンクール2014

うぇるかむ!
えー、皆さんバレンタインですネ。今年はあんまりチョコイベントにも行けずリア充爆発しろ的な気分でありますが!
で、今日は「ある意味ではバレンタインに向いた」ワインの紹介です。
うんうん、わかるよー、そういうのって2月頭にやってバレンタインに呑めるようにするのが筋って感じでしょー・・・

20170213081825cc5.jpg
ピエール=オリヴィエ・ボノーム・ヴァンクール2014
でもこれがちょっち違うんですヨ。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
えー、ラベルの右側にはこんな感じの絵が描いてあります。
201702130818363ad.jpg
うんうん、ハートマークかな?

造り手のピエール=オリヴィエ・ボノームは元々ティエリ・ピュズラという造り手のお弟子さん。ていうか元相棒。


(実はまだ経験した事ない私であった。)
ティエリの収穫にバイトの金目当てで収穫手伝いをしにきたオリヴィエ・ボノーム。
オリヴィエの働きっぷりに「お、ええやん君ぃー!」とノリ気になったティエリはネゴシアン部門の共同経営者としてスカウト!
それからオリヴィエはワインの勉強をし、ティエリ・ボノームというネゴシアンワイナリを作るのでした・・・・・・が!なんと!当の誘ったティエリが2014年に完全にボノームに明け渡して
「実家に帰らせていただきます」
みたいな感じで上のクロ・デュ・テュエ・ブッフに専念しちゃうのでした。
残されたオリヴィエ君は、そのままネゴスの長として改名もして続けていますヨと。

そんなわけで、ネゴスワインのロワール自然派の、しかも毎年品種が違うアイテムとなっています。
今回はピノノワール25%、ガメイ50%、グロロー20%、コー5%という配合。年によってゴッソリ入ってないものが出たりするシェフの気まぐれアイテムです。
それもそのハズ、恐らくこれ日本インポーターである「ヴァンクール社向けのアイテム」のようなんですネ。
だから名前もヴァンクール、ハートマークの意図もわかりますなぁ・・・・・・で!終わればいいんですが!
実はこれダブルミーニングでVincoeurの下にulと書いてある。ヴァンキュ=尻です。
201702130818363ad.jpg
ハートとケツである
うん!こりゃうっかりバレンタイン当日に知らないで使ったら悲惨だネ!カップルが知ってて使ったらなんかもう結婚してるも同然だネ!!
はいはい、じゃーワインそのものいきまーす(投げやり

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥
味わいもなんだかカオス?
これ、マセラシオン・カルボニックをかけつつ微妙に違う醸造で各ブドウ作られているようなんですが、そこにはマセカボっぽい要素と地ブドウっぽい要素が混在しています。
これから書く内容が印象的だと思ったら、買ってみてもいいのかもしれない。

20170213081846b91.jpg
因みに、今しがた私はコレを飲み干した。一人でナ・・・・・・

色はレッド、シンプルな赤さながら底にいくに連れて濁り感も見られますネ。
香りにアセロラ系の赤果実とキャンディがある反面、土臭さや硫黄っぽさがふんだんに入っているんですネ。
この対立主義的構造は味わいにも続きます。
赤果実を主体に僅かに焦がしな印象、それとマセラシオン・カルボニックっぽいキャンディのようなタッチが入る・・・・・・のに、ガブッとブルーベリーなどの黒っぽい果実感やビターな印象、むせるような土の匂いが漂ってきて地ブドウオーラをフルブーストしてきます。
おまえは瀕死の状態で突然覚醒するロボットアニメか?
そんな感じで突然動きが変わる印象のあるアイテムとなっています。
ここ数回、「ガメイとなんかのミックス」で書いてみましたが、コレがもっとも統一感がない。
それを良いとみるべきか悪いとみるべきか・・・・・・
了解!トランザム!!とか突然言われても吹くしかないよネー。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥(面白さなら+♥)
2500円アンダーなので、ネタとして買うなら大有りなジャケ買いワインの典型といえるでしょう。
このなんでもシモネタにしてしまいそうなラベルと、カオティックな味わいを使いこなしてこそ若き自然派ユーザー・・・・・・的な感じに自然ラヴァーは思ってそうだよネ。
書いててなんともヒッピーなワインだと思う。なので、一度は試してみるのはいいかもしれません。
ブラインドでこれを全部当てられる人はよっぽどこのワインの(しかもこのヴィンテージを)飲み込んだ人だけなので、ただのhentaiです。
ダメな人は決定的にダメなので、試すならまずは一本でどうぞ。料理とは・・・う、うーむ、微妙に合わせづらいかなぁ。クセが強いから相当練らないと。

というわけで、ピエール=オリヴィエ・ボノームよりヴァン・クール2014でした。
ある意味では典型的な自然派のアイテムで、インポーターネームが入っているだけの事はある気がします。
これがダメだと、結構な量の自然派はダメダメぽんです。
そういう、割り切れるぐらいにそっち系。貴方はどっち系?

ヴィンテージで全く内容が違うから、そこは注意してネ。


最近もっともクレイジーだったシモネタケツアニメとかあるから、アニメも負けてないナ(負けてくれ・・・)

関連記事

| フランス | 21:06 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ピュズラのヴーヴレ、是非シンクさんに試してほしいです。
カルトロジー等、南アのシュナンブランとの比較も楽しいかもしれません(⌒-⌒; )

| ラヲタ | 2017/02/15 04:16 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1274-9462ce7d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT