オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

IPOB最終期女史が造る、スラッとしたデイリーナパ! ウルトラヴァイオレット・ナパ2014

うぇるかむ!
はい、唐突ですがナパです。ギリシャとかガメイばっかりやってる訳にもいかんなぁということでナパでありまする。

20170212190823501.jpg
ウルトラ・ヴァイオレット・ナパ・カベルネ2014
安旨よりのナパなんでございます。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥(IPOBとか知ってるなら+♥?)
ラベルデザインはなかなか可愛い仕上がりかつ、全体の構成としてはなるほどナパっぽい大胆なデザインではないかと。
全体の派手さとジョーク感がなくシンプルさが両立してるの、カリフォルニア若手っぽいよね。
因みに、作り手の旦那さんがデザインしたらしい。へー。
20170212190832ccc.jpg
あら、オークヴィルじゃん本拠地!

作り手は元金融業界人のサマンサ・シーン女史。
金融業界人だった彼女はなんだか疲れちゃって、ブルゴーニュへ旅行へ行ったら感動しちゃうわけですネ。
アメリカ人、大抵フランスに旅行に行くと「目覚めちゃ」ってない?(パーカーたんとかモロにそうだし)
で、彼女は2009年にポー・ワインズというピノとシャルドネメインのワイナリ・・・つまり、ブルゴーニュ系な・・・を立ち上げ、自然派風に作って大ヒット。
あのフレンチランドリー採用!という日本におけるレストラン採用アメリカワインの登竜門もらくらく通過。そしてIPOBの最終期生として僅かながら活動してました。
そんなブル系ワイナリをやっているサマンサのところに、ナパにいた栽培家の友人が
「はわわわわ、大変なんですぅ~、買われる予定だったブドウを全部キャンセルされちゃって・・・・・・原価でいいから買ってくださ~~~い」
とやってきて、じゃあせっかくだからナパも造るぜ!と越前康介ばりに即決するのでした。
で、そんなスタートだったナパ版も未だに作り続けているということ。
あくまで全部買いぶどうですが地域は割りと狭め(セントヘレナが多め?)、カベルネ95%にフラン5%でフレンチ新樽古樽併用で18ヶ月熟成、という案外ふっつーにナパワインをしたデータ。
本元はブルゴーニュのそれもナチュラル系な人のわけですが、そんな人がナパで作ると・・・・・・?

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥
シンプルにナパ・メイド感
この価格帯のナパだと若干薄みに感じる事は(ナパにしてはなぁって感じ)多いものですが、このアイテムなかなか芯があります。
というか、実に良くナパっぽさに忠実なんですネ。
20170212190841d29.jpg
色はまさにウルトラバイオレット。紫度は多めで透けは少ないです。
香りにカシス&ココア、あんまりハーブ感はないものの、端的にナパっぽいまったりさが香りから良く出ているという。
その分、開けたて直後は若干アルコール感がキツいので注意。結構オラついてます。
味わいはこなれてくると、口に入れてすぐマイルドな樽バニラ感がただよい、それから紫果実のソースがかかってくる印象。
ときおり赤果実感もあり、酸味が手放されてはおらず、また凝縮感こそないものの薄っぽい印象がないのもグッド。
アフターは流石に最高峰と比べると短めですが、充分な感じ。あんまりハーブ感が強くないのは好みが別れるかも。
総じて全体に、濃いワインの部類に入るもののしかしパワーで押せ押せでも無い美少年系ワイン。
どことなく、佇まいが涼やかかつ女の子っぽい甘さがないのは、むしろ最近流行りの「男アイドルモノのクールキャラ」みたいな?
(最近、あの界隈サイドMとかあんスタとかキラメキがどうとかちょっと良くわかってないってか混同してる私であった)

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥
4500円というギリギリで5000円を超えない中途半端価格でして、そのさじ加減は絶妙だと思うのでした。
なかなかだけど、相応しい価格かなぁという感じなんですよネ。ただ、ナパらしいワインを求めるならこの価格で呑めるならいいんじゃないかと。
そういうわけでして、ナパ・カベルネのタッチを安く感じたいならオススメ出来るアイテムとなっています。
プレゼントにもそこそこかわかっこいいラベルや人を選ばない味わいで、悪くないかも。

というわけで、ウルトラバイオレット・ナパ・カベルネ2014でした。
若いナパカベらしいタッチがなかなか楽しめるアイテムとなっています。
IPOB系でブルの女性醸造家、というともっとエレガント系かと思いきやそうでもなく、むしろナパの文脈をちゃんと測っているという。
ナパはこのぐらいの価格でいい作りてが出てくれるとなんとか追えるのですが・・・滅多ないんだよネ。

ハイジ・バレットになれるかな?


これが思い浮かぶよネ

関連記事

| アメリカ | 19:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1272-24872c50

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT