オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

これがマウントハーランの片鱗・・・ カレラ・ライアン

うぇるかむ!
今回は前回に続いて、アメリカ・・・っていうか同じワイナリーです

BSHlmJ8CUAIxNw2.jpg

カレラ・ライアン2010
そう、実は私、前回のヴィリエと比較試飲してたのでした。
カレラの若い畑同士なのですが、想像以上に違いはありまして・・・・・・

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
基本的には私が主だって書きたいのは前回と同じ
なので、書き漏らしてるかなと思うこととライアンについて書くと
・ライアンの場所は前回同様裏をみせるとココ
BSHl_YrCQAAzhqr.jpg
・ライアンの畑自体は「第5席」としてヴィリエより先に発表されているが、ブドウに植えた畑の樹齢はライアンの方が若い
・よってライアンはカレラでもっとも若い畑とも言える
・ライアンはここの畑のマネージャーであるジム・ライアン氏からの称号。
・ちなみに、マウントハーランってちゃんとAVAというアメリカの現地呼称=ナパで言えば、オークヴィルとかスタッグス・リープディレクトリとかっていう(日本で言えば杉並区産ですって瓶に書いていいよって感じですね)ようなレベルの呼称ですが、これはほぼカレラのための称号

こんなところでしょうか。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
まず、始めにことわっておくと・・・今飲むのであればヴィリエよりライアンの方が私は好みであります。
色は透明度はギリギリで濃いクリムゾンレッド。ヴィリエに比べても濃い色調です。
香りはしっとりとローズ、甘さが際立つ香りでジャミーなラズベリーとアメリカンチェリー。
じっくりことこと煮込まれてる雰囲気。
ヴィリエと比べると、こちらの方がより重た目の果実感かなと。
味わいは更に違いがありまして、オレンジペコーのような紅茶感が出ていてベリーソースと土ッ気があります。
タンニンやミネラルといった要素が薄い点はヴィリエと変わらず。
どっしりしていますが、明るい印象で基本的にはやはりアメリカンなピノなものの、茶葉っぽい質感は成る程ニュイっぽいといえなくないってところまで近づいています。
特徴として、ダイナミックなソース系の甘さ(ジャムっていう程こってりはしすぎてはいない)に品よく茶葉ニュアンスがのっかる事で、今現在飲むのに美味しい事。
これは若い木ゆえの印象でしょうか?

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
ここの項目に関してはヴィリエとはそれほど差はないかもしれません。
ほぼ同じ値段であれば、私はヴィリエよりはライアンを薦めますが、しかしそれは他のワイン採点スタイルで80点か83点か・・・PPであれば1点差内ぐらいの印象かしら。
その1点がPPであれば結構大きいこともある!んですがうちの評価点だと味以外にはそれほどは反映されないかも。
ちょっと採点法に見直しが必要?
などと、ワインと関係ない話しが続いてしまいましたが、基本的はヴィリエよりはこちらを薦めるもののやっぱり5000円近くなるのでコスパは同様かな~って。
カレラは特徴としてカレラ関係者の名前が畑名ですから、ヴィリエが論文家向けのプレゼントに、ライアンが長年付き合いがある同僚に・・・と言った気の利いた使い方が出来るのはとっても良いポイントですね。

というわけで、カレラの第5席でした。
この畑、現行だと「若めのピノからカレラのブドウ質を測る」というのにぴったりなので、とにかく今飲み兼今買いタメしておくと、データー収集好きなワインマニアには良いのではないかと思います。
ハッキリ若い畑だと宣言された良質生産者のブドウってそれほどガツガツ市場販売されている訳ではないですからね。
漫画で言えば最近流行りの「復活続編漫画」的に楽しめるかも?
しかし、これで若い畑というのだからカレラって恐ろしい・・・・・・高い第一席や二席などのド本命のもいずれチャレンジしたいなぁ。


関連記事

| アメリカ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/127-db304c47

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT