オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オージー自然派の新たなる刺客。シンプルすぎない? パパ・レッド・ザヴィエ2016

うぇるかむ!
えー、フランソワフュエで更新しようかと思ってたのですが予想外に楽天取り扱いもなく「もしかして正式リリース前もしくは在庫処理だったのか?」を調べるのと「唐突にフュエってのもなぁ」と思ったので全く違う(けど最近の方針上は近い)アイテムにしました。

20170206221318b40.jpg
パパ・レッド2016
でました、ダイヤモンズ系オージーですネ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
この超絶シンプルなラベルがワインのラベルだとわかる人はそうそういない事でしょう。
20170206221332595.jpg
裏を見てもロクな情報がネー!?

造り手はザヴィエというパトリック・サリヴァンの友人です。以上。


ソレ以外になんら情報もなにも無いわけです。
あ、あとはシラーズ100%だよって所かな。
何ともワインダイヤモンズの原点に帰ったかのようなシンプルすぎて何もない情報筋っぷりでありますが、その実力や如何に?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(ジュースっぽいの納得なら+♥)
あー、スルスル系なんじゃー~
結構典型的なシラーの自然派味と言っていいのではないでしょうか。
がぶ飲み出来るタイプの味わいで、特段強い特徴はないといえるかも。

色は赤さが強くクリムゾンレッド。そしてちょい濁り?
香りにはちゃんと紫の果実感があり・・・そしてそれ以上でもそれ以下でもないのです。
この段階で「あー、良くあるあれーッ!」ってな感じになります。そう、ジュースっぽいワインです。
紫の果実要素が全面的にかつ前面的に出た味わいで、スパイス要素なども少なめ。
セミマセカボしてるのかな?みたいなするするした具合のアイテムになっています。
果実要素自体は色濃くあるんですが、それも明確な果実感ではなくミックスジュース的。
そして他の要素を削ぎ落したような感覚にはちょっと色々省きすぎじゃない?とも。
特徴をとことんまで省いた続編作品みたいな感じ。ダイハード2とかこういう感じだと思う。
またはデジモン02とか。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥?
うーん、ギリギリかなぁという感じの4000円前後の価格。
ちょっと強気設定といいますか、何とも買いづらい感じがしてなりません。
そのくせ比較的出回りも少ないので、試したい人向けのコレクターズ・アイテムみたいな部分がありますネ。
シラーズとはわかりづらいので、ブラインドとかではウケそう。
名前のシンプルさ、クセの少なさからプレゼントには意外と自然派の中では使える気がします。

というわけで、パパ・レッドでした。
ちょっと高級品の域にはいる自然派として、立ち位置が中途半端気味な感じがしましたネ。
全体としては悪いという事もないのですが、値段が少し強気すぎるといいますか・・・・・・
人工的なカルト感が拭えない品なのでした。

数は本当に少ない(そして情報が少ない)


そうさ!これが言いたかっただけサァッ!!

関連記事

| オーストラリア | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1267-e5b2aa5d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT