オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

最新畑は典型的な・・・? カレラ・ヴィリエ2010

うぇるかむ!
ピノ特集、二回目はアメリカ……その中でもお馴染み中のおなじみでいきます!

BR8Z6qBCQAA4nE7.jpg

カレラ・ヴィリエです!

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥♥
アメリカのワインとしては、あまりにも有名なアイコン。
「カリフォルニアのDRC」の異名を持つマウントハーランにあるワイナリーです(因みにそんな異名をつけたのはパーカー)
他にも「人工衛星を使って畑を買った」とか「ガチでDRCのブドウのクローン」なんて話もあったりますが……
その辺りは基本的には謎の都市伝説である、というのが公式見解のようですね。
日本ではこうしたイメージ的な戦略と言いますか、売り込みの良さからやたらと人気っていうかカリフォルニアでピノ、というと「カレラですか^^」みたいな風潮もしばしば。

カレラのスタイルは「自社畑のシングルヴィンヤードコレクション」というモノ。
今回のものは、「ヴィリエ」という畑で場所は↓

BR8agHICIAA-xV3.jpg

ラベル裏の説明が半端無く整ってるので、英語が読める人は公式見解は買えばもうわかっちゃう訳です。
ヴィリエはカレラの自伝を書いたジャーナリストの名前からとったモノで、カレラの中では最新の畑です。

しかしながら、調べてみると思いの外「いやいや、じゃあカレラってまずどこにあるの?」と思ったのでグーグルマップさんを使ってみました。
グーグル・マップさん
こうしてみると、ガッツリと「山ワイン」というのがわかりますね。
地域としてはモントレーとしても端、サンタバーバラからは全く離れていてセントラル・コースト定義になっちゃう感じが改めて納得。


香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥
色は透明度が高くしっかりとした赤さ。
香りはローズの香りも見られるものの甘いシロップづけのチェリーの印象が強いです。
味わいもとても放漫で甘味が非常に強く、パワフルさが強いワインになっています。
クランベリーなどの小さめの赤果実っぽい酸はジャミーで、口当たり自体はなめらかななものの甘味が目立っています。
バランスとしては大胆、果実要素の濃さでグイグイもっていくスタイルがとられています。
ハッキリと美味しい要素がわかりやすいんですね。
複雑さとかブルゴーニュっぽさはハッキリ言って無いかなぁと。
典型的というか、思い描かれやすい「カリピノ」ではないかと思います。
なんでしょ、オタクチックに最近の流行りゲームで言うと・・・「艦これの愛宕さん」みたいイメージ?
FF7ならティファみたいな?ゲーム中のヒロインになりきれてないポジの。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥
定価はカレラのシングルヴィンヤードの中では最安の6800円。
ネット売値は4980円とかが多いのかしら?
7000円近い値段、と言われるとハッキリ言って高すぎるというのがホンネかな~
5000円台となると大分購入検討しうる部類になってくるかと思います。
個人的にはちょっとカレラの評判からいくと肩透かしな印象の方が強いのですが、腐ってもカレラのシングルヴィンヤード。
カリピノの典型的なニュアンスを楽しむ、という意味では絶好のアイテムだとは思います。

というわけで、アメリカ代表的にカレラでした。
しかしながら、サンタバーバラ推しの当ブログとしては、こちらをはじめとするガッツリな「山ピノ」もいいのですが、サンタバーバラ付近の「海ピノ」もぜひ呑んで欲しいなぁとか言っておいたり。
何れにしても、カレラは(少なくとも)日本国内でカリフォルニアワインを語る上では外せない存在。
その試行錯誤中が見られる、という意味ではチャレンジの価値ありますよ~


関連記事

| アメリカ | 05:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/126-aa588c0d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT