オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ランシュ・バージュがプロデュースする、格安南仏?モンターニュ・ノワール・シラー

うぇるかむ!
新年早々、うっかり寝過ごししてまして、朝更新であります。サクッとなんと1000円台。

20170105083444cf9.jpg
モンターニュ・ノワール・シラー2014
典型的な安南仏であります。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベル自体は物凄く安め。でもまぁ、実際安いですしネ。
201701050834568d8.jpg
裏もサッパリしています。

造り手は一応、ランシュ・バージュのチーム・・・・・・が選んだ人達?という具合になっています。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シャトー・ランシュ・バージュ[2011](赤ワイン)[Y][P][A][S]
価格:11880円(税込、送料別) (2017/1/5時点)



どうにも説明文が曖昧だったりして、中途半端なんだけどとりあえず「ランシュ・バージュのチーム」という触れ込み。
私も確かコレ自体は本数で割引が入るからとかそんな理由で買ってる具合です。
まぁ、そうしたオマケっぽさ煽るるアイテムなのでありますが、実際どうなのかというと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥
エレガントシラーの逆を行くチープシラー?
セクシーさとか濃厚さがなく、むしろ安めのピノみたいな感触だったり。
時計メーカーがチープカシオって一時期はやらせようとしてましたが、その雰囲気。

色は赤さが非常に強く紫感がシラーなのにありません。
香りから赤果実っぽさがあり、それもあまり広がりはなく。それほどスパイシーさもなく。
味わいも水っぽい口当たりから始まり、控えめに赤果実がある具合。当たり障りなくフィニッシュします。
南仏つまりラングドック辺りって意外なほど親しみやすさがない重たさを持ち合わせるものだと思うのですが、そうでもなく控えめな作りなんだろうなぁと。
とにかく軽めのテーブル的アイテム。料理があると多少使いでがありそうかナ。
あまりに印象に残らないものの、逆に苦すぎたり甘すぎたりといった欠点的要素も少ない。しいて言えばシラーの良さがあんまり出てはないかなぁ。
うん、チープ・カシオ。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
まぁ、1000円ちょいのワインだからなぁ・・・・・・という具合で、安かろうの域を出るアイテムでないなぁと思っちゃうのでした。
あくまでも1000円ぐらいのワイン感。
なので、テーブルワインとしての活用以上はない感じ。レストラン向けにしてもちょっと軽すぎる気はします。もっとお家でガバガバやれる状況のがいい。

というわけで、モンターニュ・ノワール・シラーでした。
南仏って安旨地域と言われつつ選択が難しいなぁと感じるのですが、その典型例だった覚えがあります。
今年はもうちょっと安旨めを南アフリカ以外も把握しなおしたいなぁと思っているのですが、挫折しないように、が、がんばりますデス・・・・・・

値段は安い。


駄菓子っぽくはないのよネ。

関連記事

| フランス | 08:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1233-4ff4ba5c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT