オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドン・ペリニョンに91%似ている?そんなバカな?なカバ。 マルケス・デ・モニストロル(マス・デ・モニストロル)エスペシャル・ブリュット2013

うぇるかむ!
安い泡特集はとりあえずコレで〆にしたいと思ってます・・・というのも、まぁ買って呑んでる以上、悔しいから更新したいという。

20161222231039eb8.jpg
マルケス・デ・モニストロル(マス・デ・モニストロル?)セレクション・エスペシャル2013
スペインカバであります。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベルそのものは・・・・・・う、うーむ、ダサい部類かなーと。全体の構成がダサい。ちょっと残念さがありますネ。
20161222231048265.jpg
裏はこのアイテム用に日本仕様です。

造り手であるマス・デ・モニストロルは700年間活動してきた修道院修道僧が起源の9世紀のが発端とされているんだとか。
契約農家からブドウを買っているNM的なワイナリであり、エノロゴが科学的な検証の末上位であるマス・デ・モニストロルが約70万本、選ばれなかったマルケス・デ・モニストロルは約4000万本の生産量というカバとしてはデカいボデガとなっています。
で、今回は綴り的にマルケス側な訳なんですけど、各種ショップではこれをマス側として出してる節があるしそもそも70万もつくられてるのは量産品だと言わざるを得ないわけですが、ショップにおいては
「ドン・ペリニョンと91%似ていると科学的データがあります!」
とたかだかに高級スーパーで稲葉インポーターさんがおいているアイテムであります。
・・・・・・なんだか、色々怪しいとしか言いようがないんですけど、今回の安い泡探訪の上で、試してみたのでした。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
悪い意味で似ているなぁ・・・
思ったより、酸味の部分は似ていると思いました。それは、モエ・シャンドンとかドン・ペリニョンにある「ヘンに度胸のある酸味」とでも言うべきところで・・・・・・個性っちゃー個性だし、9%も違ったら全然別物じゃないか、サイゲのガチャのSRが当たる確立とおんなじやんけ!と思っていたら想定よりは似てました。ただし、あんまり良い方向性でなく。
20161222231057919.jpg
色は黄緑寄り。中庸なカラーと泡。
香りにカバにしては酸味が多く出ています。ヨーグルトっぽさ、ランチ味?とでもいいたげなポテトチップス感が少々。
全体に複雑ではないものの、なるほどシャンパーニュに似せている感はあったり。それぐらい、カバっぽいティストとはいえない。
味わいもアタックから酸味は目立ちます。で、このヨーグルトっぽい酸味具合は確かにドン・ペリニョンの新モノに似ています。
が、そこから先はあまりチョコっぽさがなく、あくまでもヨーグルトにグレープフルーツをのっけたような印象なんですよネ。
酸味が強くできている部分は、擬似シャンパーニュとしては優れているポイントかも?と思いましたが・・・・・・ただ、それらがどこか残りすぎる印象もありまして。
シャンパーニュをなぞろうという気はわかるんですが、どこかオタサーの姫的なキャラになっちゃってると思う訳。
なんか狙いすぎ、 かつちやほやされすぎて天狗になっているふつーの女の子感。どこか気取ってるけど美人になりきれない感じ。
ドン・ペリニョンの悪い部分ってヘンな酸味の目立ち方(とても悪い言い方でXXみたいとか言う人がいる)だと思うのだけど、それは抽出されている感じ。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
ドン・ペリニョンと9%も違ったらそれは全然違うよなーと広告の残念さには辟易としますが、まぁ価格は1500円ぐらいなのでそれならデイリーとしては充分。
残念なシャンパーニュのエントリークラスに4000~5000円以上出すぐらいなら、これの方が中身では上だとは思います。
これ、一応2013というヴィンテージアイテムだしネ。
とはいえ、ラベルのダサめさと所詮は安旨カバということで、デイリーの域を出ないアイテムではあります。
常に泡ワイン(スパークリングワイン)を手元におきたい!のであればアリな感じ。
案外とシャンパーニュに近いかな?とは思わせてくれたので、その点では「カバのベーシック」としてテイスティングするのは向かないかな。
結構味が残るので食前よりは多少入ってからのがいいかも。

というわけで、モニストルの最下層でありました。
これまた悪くないけど良くもなく、まぁ値段でみればいっかなー・・・・・・というアイテムであったかと。
この度、低価格でシャンパーニュ気分になれる美味しいクリスマス向けのアイテムを探しておりまして、ここ数日連続で泡で更新してたのですが・・・・・・
予想外に難しかったし、正直テンション下がってました
これはフランスが~~とかでなく、色んな地域において、松竹梅なら竹なんだけど1か0なら0寄りな感じとでもいいましょうか。
どの価格も安定してるジャンルかな?と思っていたのですが、改めます。
3000円アンダーの泡はむしろ魔境です
高い酒だなぁと言わざるを得ない!安い泡はかなりの吟味を必要とするジャンルだなぁとしみじみしてしまうのでした。

なるほど値段はまぁまぁ。どこでも買える感あるし。


ソウダネ、オタサーの姫には恋できないヨ

関連記事

| スペイン | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1220-837805be

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT