オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドノヴァン・ラールという器用な造り手の実力を知れるひと品。 フュールバーグ・リザーブ・レッド

うぇるかむ!
昨日の夜に引き続き、南アフリカで書こうかと。あー、また南アフリカ大々的にガツガツ更新したい気もするにゃあ。

2016120611553839b.jpg
フュルバーグ・リザーブ・レッド2013
ドノヴァン・ラールプロダクトアイテムです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(南アフリカファンなら+♥)
ラベル自体はブラックに文字という配列。ちょっとデザイン的にはフォントが雑多だしあんまり綺麗な出来ではないかな。
(意外と当ブログ、表ラベルのフォントの統一性は見てたりします。あんまりバラバラなのってゴチャってするのよネ)
20161206115600890.jpg
裏は超シンプル。品種構成も丸わかりなのはいいですネ!

造り手のドノヴァン・ラールといえば、ラールワインズで有名な「南アフリカの一級醸造家」であります。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラール・ワインズ / ラール・ホワイト [2015]【白ワイン】
価格:4083円(税込、送料別) (2016/12/6時点)



当ブログでも既にワンダリング・ビーストでの更新はしてましたっけネ
さておき。
ドノヴァン・ラール氏って自分のラール・ワインズの他にもプロダクト業をそこそこやってまして、そのうちのひとつがこのフュルバーグです。
ステレンボッシュとフランシュックの境にある、レストランやホテルを併設するワイナリーで由緒正しき・・・ではあるものの、そんなに知名度が高い訳でもなかったんですネ。
ところが、2010年から醸造コンサルトにドノヴァン・ラール君を起用してから評価が鰻登りになり、プラッターズガイドでは5つ星をとるわアドヴォケイトも92点とか獲得しちゃうわでドッカンドッカン!
今やドノヴァン・ラールのサイドプロジェクトとしてそこらじゅうで完売するようになりましたとさ・・・・・・
というアイテム。
ドノヴァン氏の特徴として、コンサルトは大抵「得意品種や土がある」んですけど彼はあんまりその点ではこだわっておらずピノもカベ主体もやっているし自身はそのくせサンソーとか使ってたりするというマルチぶりにあります。
そんななかでのカベ主体アイテムなのですが・・・・・・私は実は、ドノヴァンラールって良くわからなかったりします(?)

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
何だかつかみどころがわからんやっちゃな(ドノヴァンを指して)
というのは今回のフュルバーグの話ではなく、ドノヴァン・ラール氏の話。
この人やりたいことがわからんイメージを持ちました。そつなくこなす人なのは確かなんだと思うけど、そつなくこなしすぎな印象のが最近強いです。
2016120611561750c.jpg
色は思いっきり透けない黒よりのクリムゾンレッド。
香りにカシスとカフェオレ感があってとてもとてもナパみたい。
新世界的オーラが満々なんですが、この方他のアイテムでは割りと自然派風味な作りをしてて(クラウズというピノなんかおもいっきりそれやって野菜ピノ作ってるし、本家も自然派寄り。ワンダリングビーストは若干別)その中では圧倒的にニューワールドっぽさがあります。
味わいも何気なくチョコっぽさが香る。全体にはそれでいて大人しくパワフルすぎないナパやソノマっぽい味わいです。
オーレ系の味わいがが多いし、しかしそんなに気になる目立つ要素がないというこのバランス感覚。
バランス感覚が良いけど、パワフルではないし、酸味も甘味もどことなく普通。物凄く良く出来たコピーという雰囲気がフュルバーグにはあって、それはそれで凄い。
けどなんだかちょっと良く出来過ぎているような気もする。とても不思議なワインでス。
メイドさんワイン・・・ではあるんだけど、どこかそこに「うまく調合した」具合が見えるという。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(南アフリカの雰囲気が嫌いなら+♥)
それでも3000円のアイテムであるので、その上では「ナパカベと戦えちゃう」からなぁという。むしろナパカベファンはこれが一番しっくりくるかもしれません。
全体のボリュームこそちょっと物足りないとはいえ、構成美は整っているという。
常日頃、強めなアイテムが呑みたいという人ならコレは充分に検討されるアイテムでしょう。
あんまりプレゼント向けにはあらず。ブラインドで騙すならそこそこ効果的かも。

という訳で、フュールバーグよりリザーブレッド2013でした。
そつなくこなせるのはまさに「天才」とドノヴァン・ラールは言ってイイ・・・とも思うのだけど、そつなさすぎる気もするなぁというのが私の感想かも。
良いんだけど「めちゃくちゃ凄い!」って感動までしない・・・という。
しかしながら今後も追って見ていく必要がある造り手の一つだとはだとは思うので、要チェックですナ・・・・・・

市場では「意外と」まだまだ売ってます。


今現在買おうか迷ってるセット


本人より量産機の方を彷彿とさせる

関連記事

| 南アフリカ | 13:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1205-889cabc2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT