オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シャンパーニュは記念日向けだよネ!モバマス5周年おめでとうにあけました。 アヤラ・ブリュット・マジュールnv

うぇるかむ!
タイトルの通りなんですが「アイドルマスターシンデレラガールズ」こと通称「デレマス」「モババス」が5周年ですって。
え?なにのはなしって?ソシャゲですよソシャゲ!


そこで、記念がてらこんなワインを今呑んでいます。
2016112821212205f.jpg
アヤラ・ブリュット・マジュールNV
お祝いにはシャンパーニュかなーと。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
ラベルデザインはわりかし普通めかな。今回ボックス付きでたまたま買ったんですけど、ボックスは流石に多少かっこ良く仕上げてあります。
20161128212128407.jpg
裏は国内用です。

実はボランジェの傘下に現在なってたりするワイナリ。
起源は古くて1860年頃。もともとアヤラ家はスペイン貴族で、フランスのマルイユ家と結婚したことをキッカケに、「アヤラ」という銘柄でシャンパーニュ造りをしている模様。
なので、スペイン王室御用達でもあったりします。
1882年に設立されたグランド・マルク組合の創設メンバーとして活躍・・・・・・なんて文面も踊りますが、今現在は基本的には「ボランジェ系列の別ブランド」ぐらいの立ち位置になりはじめてるのかなーとも。
老舗ではあるけど、どこかパッとはしない印象ですネ。
最近になって神の雫で紹介されたんですが、相方の寿司が家庭で行うには論外な手間のかかるもので紹介されてて「神の雫は本当に誰むけに書いてるんだ?本当につかえねーしおもしろくねー漫画だなぁ」と思ったものでした。
さておき。その中でも最下層のnv版が今回のマジュールです。
品種構成は紹介サイトによってまちまちなのでまぁ、基本的には「ピノがちょっと多めの良くあるブレンド」ぐらいに考えるのが吉かも。
プルミエとグランクリュが混じってるともされており、廉価らしい雰囲気はあるのですが、そこは老舗シャンパーニュ。
老舗らしー感じなのでした。

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥
とてつもなくスタンダードなシャンパーニュ?
あー、なるほど、シャンパーニュって感じのアイテムなのでス。
酸味が基本的には高くて、ヨーグルトっぽく、また強い印象ではない。そうした全般的な感覚がとてもシャンパーニュっぽい。
良い意味でも悪い意味でも、シャンパーニュのベーシックなのかなぁという感じです。

20161128212140ebb.jpg
箱その1。

色は黄緑さが多めで泡が中庸に均一。もう見た目からして「あ、シャンパーニュ」ってなる。勢いはないが綺麗に立ち上る泡でス。強すぎない泡って雰囲気。
香りにアプリコットとペアード、チョコっぽさもほどほどにコーティングしてある印象。
割りとヨーグルトな印象も強い。
この乳酸菌食品っぽさはどこかシャンパーニュにしかない要素な気がする癖なんだけど、それも備えてる辺りが「らしい」と思います。
他の地域の場合、もっとコッテリ作る方が多く、こういうバランスがシャンパーニュっぽさなんだろうなぁとしみじみするほど中庸。
味わいも柑橘のタッチから洋梨リキュール、酸が鋭く同時にチョコっぽさは程々に。強すぎず弱すぎず。
またはヨーグルトの乳っぽさが多分にあります。
それらが混じって程よく馴染んでいる。酸が強いタイプのシャンパーニュとしての正統派。
酸味が高い部分ではバランスがグッドともいいませんが、チョコの感覚もありつつグレープフルーツの苦味と酸味も効いていて、とても「らしい点」では頷けちゃう。
想定よりもドン・ペリニヨンにも通づるものがある気がしました。もっと「チョコ感が薄め」だったり「酸のキツくなるタイミングがないもの」だと思ってた。
アヤラ・マジュールは大手メゾンの格下程度の価格。けれども満足してシャンパーニュを呑んだ気がするアイテムだろうとも思います。
まさにシャンパーニュ界の島村卯月(無理やりモバマスにつなげた)。
とても普通なシャンパーニュです。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥
2016112821214715f.jpg
箱付きの方が流石にプレゼントにはいいですからネ、そこの確認はしましょう。
3500~4000円の価格のシャンパーニュとしてとてつもなく正統派です。シャンパーニュな分で+♥してもいいかなーとも思いましたが、他国同価格帯に比べると通向けな味で「おフランス価格」だなぁとも同時に感じたのでス。
とってもスタンダードさがあるワインで、シャンパーニュのお手本的に研究する上では参考になろうかと思います。
私の知っている、とあるシャンパーニュ好きの方が「リセットの意味で毎月一本開けてシャンパーニュの基本形を確認している」と仰ってるのを見ましたが、納得できます。
かなり教本的なので、シャンパーニュを知る上でも呑んでおくといいかもネ。

というわけで、アヤラよりマジュールでした。
とっても普通です。
普通だから良い、みたいな感じでシンプルにシャンパーニュのティストを味わえる品なんだなぁと。
スペイン系と後から知ったのですが、カバっぽさはあんまりなく。シャンパーニュの王道として是非。
20161128212154bdc.jpg
(筆者の過去に作った同人誌とともに乾杯!モバマス5周年おめでとう!!)

ネットで買う分には希少性も何もなく多数買えます。好きな店で箱確認しつつどうぞ。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アヤラ ブリュット マジュール ハーフ 375ml
価格:2516円(税込、送料別) (2016/11/28時点)



シャンパーニュ界の普通な子

関連記事

| フランス | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1196-bee32617

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT