オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ワシントン版ルーチェ?その晴々とした出来栄え。 コル・ソラーレ

うぇるかむ!
連日のワシントン特集もひとまずこれにて・・・最後は、tokyoでは雪だったので恋しくなってしまう(っていうか寒すぎでしょ・・・)太陽の丘をモチーフにしたワイン。

20161124222614989.jpg
コル・ソラーレ
テッカテカでわかりづらいんですけどぉ・・・・・・(CV:森久保ォ!)

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥(知ってる人ならプラス♥)
シルクプリント全快でめっちゃくちゃに写真に収めづらいこのワイン、実はコラボワインであります。
20161124222648880.jpg
裏にだけ何故かシンボルがあります。

ワシントン版オーパス・ワン、なるアダ名がついてたりするらしいんですけど、そのコラボとは
「シャトー・サンミッシェル×アンティノリ」
です。なんか絶妙に地味!!!!!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アンティノリ ティニャネロ [2011]750ml
価格:8640円(税込、送料別) (2016/11/24時点)



この辺りが高額アイテムなんですが、むしろ各々の地でバリュー品まで手がけてる大手って感じのコラボ。
なんでもアメリカでコラボ=新たなオーパス・ワンてな具合に片付けられますが、太陽の丘(コル・ソラーレ)という名前といい、大手コラボ具合といい明らかに意識してるのは「モンダヴィ×フレスコバルディ」なこっちだと思う。


サンジョベ主体なルーチェに対してこっちはむしろボルドースタイルという反抗があるし。
さておき。
1995年のファーストヴィンテージはニューヨークタイムスでこそ、「ネクスト・オーパス!」と取り上げられもしたものの、アドヴォケイト最大94点だったり、他の雑誌はもうちょい低めだったりと案外と評判が良い・・・まではいかなかったりします。
そんなこんなで、なんとなく地味な立ち位置にあるように思えるアイテムなのでありますが、その実力とは?

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥(個人的にはプラス♥)
明るくインテリジェンスなイタリア×ワシントン!
コラボ通りのタスカン風なアイテムとなっており、明るい仕上がりが好感度高かったです。ワシントン独特の果実感に明るいデザインが施されているのは面白い。
20161124222634bef.jpg
とにかく写真に残しづらい!

色はクリムゾン。中庸めなカラー。
香りにカシス、バニラ、カフェオレ感はあるもののシュッとしています。
全体に整いが程よく、どの要素も突出はしていないのですが「良く収めてある」のはわかるという・・・・・・そう、バランス型です。雑誌評価が低くなりがちなネ。
味わいもスマートにできているのが特徴。
樽からくるバニラエッセンスっぽさは比較的高めではあるんですけど、カシスっぽさは良く出ており同時に一瞬重たい暗さがあります。
タンニン感や酸がワシントンは割りと多めに出るんかな?と私は思っているのですがその点はやっぱりそう・・・・・・
で、ありながらバニラやカフェオレ的な要素がふくゆうされ、またアフターは明るくスマートでスムーズ。
あんまりタニックさは残さずにオーレっぽさの方が多くって。また果実の酸の抜け方が軽やか。
余韻の長さでいえばあまり長い方ではないのですが、そこがイタリアワインっぽくて「料理との相性が良さそう」な所でして。
まとまりの良さがあり、明るく、全体の整え方にトスカーナとワシントンの両方の個性がほのかに見える。
コラボと言われて納得のいく、ワシントンなイタリアン。スーパータスカンなワシントン。
同時にそれは中途半端さと見られちゃう部分もあるとは思いますが・・・・・・私はこういうスマートなスタイル、嫌いじゃない、ゼ!
明るいんだけど、かなり賢いカラッとしたボブ・ショートな都会ガール・・・うん、アニメより実写(っていうかタレント)として人気が出そうな感じかな。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥
1万円ぐらいのアイテムとしては濃さが足りないという人もいるかも?
個人的にはこのバランスのとられ方に個性と好印象を受けましたが、値段を見ると好みが分かれるかもしれませんネ。
ブラインドでワシントン産と当たるかはちょっと面白いかも。多分、無理。
全体にオシャレめなアイテムですが、上述の通りピンと来づらいコラボなのもあってどちらかというとプレゼントよりもスペシャルな日のお供に使ってあげてほしいかな。
多分、トマトソースと相性良さそう・・・そういうキャラしてます。

というわけで、コル・ソラーレ2012でした。
ワシントンの多様性と「どこかインテリっぽい作り」というイメージに個人的にはなるのが確認出来ました。
なんだろ、どこかそういう抑えられた印象があって、爆発的に美味しい!って風でもない地域かもしれません。
しかしながらどのワインでも共通して「造り手がやりたいことが反映はされているんだろうな」というのはわかります。
今回のもイタリアチックな出来というのが成功してますもの。
アメリカ=カリフォルニア、となるのもわかりますがもっと注目したい所でありますネ、ワシントン!

おんなじような価格だとルーチェのがプレゼントにはいいかな。味わい重視ならならこっちも検討大有り


バランスの良いマネージャーズ。

関連記事

| アメリカ | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1191-a11726a1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT