オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドライな安旨プロセッコ! ドガリーナ・プロセッコ・トレヴィーソ・スプマンテ・ブリュット

うぇるかむ!
コミケ、とうとう始まってしまいました!!
時の流れの速さを感じつつ、コミケ記念泡更新今日もまいりますよー。

色々候補はあったのですが、今日もイタリア。
そしてコミケ帰りでも買えるだろう安心価格な一本を。

2013-06-29 17-07-58-117

ドガリーナ・プロセッコ・トレヴィーソ・スプマンテ・ブリュット
グレア品種の安め泡ワインとなります。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
ラベルが中途半端にヴィジュアル的。100%って文字がすっごい適当なフォントなので減点対象かしら。
舌のキラキラホログラムのハネ飾りなんかは、厨二病的で面白いんですけどネ。

今回のドガリーナは、そこそこ地元では人気がありビジネスクラスなどにも使われた事がある、と言ったどちらかというと業務筋におろしているワイナリー。
そのためか、ネットショップをみても割りと同ワインで「セット販売されている」事が多いですね。というか、単品であんまり買わせてくれないというか・・・・・・
ヴェネトの山の方、ということで1970年台に出来て広域で作っているというどちらかというと新しい生産者です。
飲み頃が若くて早いワインでもあるプロセッコなので、夏場などの売りどきを逃すとあんまり見られないワインかもしれませんね。
グレラ100%(元々はプロセッコという名称が法律によって変更したりとめっちゃ面倒くさい!)の順当なプロセッコになります。

ちなみに、写真にとらなかったんですが、後ろのインポーターのアレコレを見てみると、ミレジムが2012と表記が。
プロセッコゆえなのかしら?ちょっとわからず^^;

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥
色は殆ど透明で黄緑系。香りはホップ、ライチなどの果実少々。バターっぽさなど重たそうな要素は0。
味わいは苦味のきいたライムとすだちの印象。
酸味とホップめいた苦味が、まず感じられるかと思うのですがそれが変な香りなどは伴わずあくまでもスッキリ。
清々しいまでに夏を感じさせる仕立ですね!
ミネラル(果実酸かな?)もしっかりしており、泡もハツラツとして強い……
甘味の少なさや喉越しで楽しめてしまう辺りが、もはやビール的と言っていいでしょう。
完璧に、乾杯に向けたワインで食前酒に「くぅ~~」って飲むアレ。
成る程、居酒屋とかにありそうなワインです(良い意味でも悪い意味でも)

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥(好みによってはマイナス)
1700円前後のスパークリング、としては妥当性を持ちかつ正当な作りをしているかと。
要するにプロセッコとは何か、を感じるにはぴったりな一本で品質のタッチをつかむのにも使えると思います。
ただ、なんと言いますか、お察しの通り「ワインっぽさ」「シャンパーニュっぽさ」は凄く薄いので、ワインの概念的には嫌な人もいるかな~と……
ほら、ロボアニメでもこう戦争っぽいことしてないと嫌だみたいな?
また、甘さも低いため女性向けの「ドハマリワイン」ではないですね。
分かる人には解る決定的な一言!
「アスティの対極!」

というわけで、超ドライな泡でした。
チョコチョコしいシャンパーニュスタイルを飲んでいると、たまーにこういうのが美味しく感じますね。
値段の安さ、という意味でも使い勝手はいいですし。
ビールがちゃんと好きだ、という人には試しに呑んでいただけるといいかな~って。


関連記事

| イタリア | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/119-ccbcbd70

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT