オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ルーサンヌでも強い個性と美味しさ。やはり錬金術師かコロナビールおじさんは? アルヘイト・ヘメルランド・ヴァイン・カルデン2015

うぇるかむ!
こっそり更新したいので、当ブログ多分次の更新は早めにすると思います

201611192028154fe.jpg
アルヘイト・ヘメルランド・ヴァイン・カルデン2015
なぜって、アルヘイトだからネ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
説明不要に近い
当ブログが激しく推しすぎているアルヘイトです。当ブログ視聴者の中から「シンクがやたら推してるけど推してる程ではなかったぞ」と言われてもおかしくないぐらい紹介しています。
本家カルトロジー2014の更新自体は今年の3月なんですが、それ以来毎月のように呑んでいたりします私。
なぜかコロナビールのTシャツをやたら着てるコロナビールおじさんの新作です。
20161119202829e1d.jpg
裏がクッソ長い。

今回のヘメルランド・ヴァインカルデン(以下ヘメル)はコロナビールおじさんの友人が所有する畑から作ってるワインです。
格好良く言えばフィールドブレンド、かっこ悪く言えばテキトーにブドウが植わってる畑なんだそうで。
で、これまた格好良く言えば天性のアッサンブラージュで、かっこ悪くいえばテキトーにブレンディングして作ったのが今回のワイン。
ルーサンヌ48%、シュナン・ブラン27%、シャルドネ22%、ヴェルデホ3%というのが今回のブレンド比率。
それも今回ファーストヴィンテージときています。
しかしながら、評価誌はこぞって持ち上げてまして、ティムニキもプラッターズも絶賛。
ティム・アトキンポイント92点(カルトロジーのが上だけど数点差)、プラッターズも5つ星。
ちょっと評価しすぎじゃない?とも思いますがその実力は・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥(ただし個人的にはカルトロジーのが上)
クリス・アルヘイトとは錬金術師である
全体に思わせる印象は「思ったよりカルトロジー寄り」であり、それでいてヘメル版独特の個性を持ちあわせています。
そしてとても青い(最初はこの青さを大文字にしようかと思ってました)
また、パッと呑んだ印象だけなら・・・ラディオ版よりもカルトロジー寄りの良さがあります。どういうことかというと、「やっぱりブレンド技術がコロナビールおじさんは匠なのだ」ということです。

20161119202856b86.jpg
諏訪湖様もノリノリやデ!

色は黄緑ながら濃い目。
香りにどこか青さが全体にありつつも、白桃や煮詰めたオレンジ系、それと焦がしキャラメルとコーンといった樽感がほのかに。
ベースはアルヘイト・カルトロジー2014にも通じますが、そこにライムを絞ったかのような柑橘感があるのが特徴。
一瞬ソーヴィニヨン・ブランを感じる事があるぐらい。
この青さを余計とどれだけ感じるか次第ネ。私はアレンジの1つのパターンとして受け取った。
味わいにも最初からどこか青さがしっかりと入ってくる。
ラングドックのガサックに近い作りを目指したとどっかで読んだけど、割りと正しい気がする。ナチュラルな作りであるなぁとも。
カルトロジーに比べるとずっと田舎っぽく、クリアで、青さが多く・・・共通して品が良く、ネクターで、口当たりがトロトロ。
ライム要素やピーチ缶のタッチが最初から最後まであるが、それがダサくなく芯を保ち、アフターまでクリア。
そうした印象が冷蔵庫で一週間程度なら並行して感じられます(今、私、6日目を飲みながらだけどそんなには変わった気がしない)。
本場ローヌのルーサンヌのぽったりさ、濃厚加減は引き継ぎつつ、グレープやライムの酸味がガシガシやってくるのが特徴。
ネクターだし余韻もバッチリ長いがついつい呑んでしまう爽快感もあって、人によってはカルトロジーより感動するかも?
卓越したブレンド感性が見て取れるのでス。
すごく自然に作りつつ「調合されたワイン」。それが錬金術師のよう。おそらく他の人がこの畑のみで作ったら、多分しょっぱさと酸味が強すぎるワインになりそう。
ルーサンヌ主体で畑が異なってもやっぱり高貴。誘いこむような色気に現実と幻想を彷徨う青さ。
本人の謎のTシャツからは想像つかないぐらい高貴。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
これまた定期的に呑みたいから買わないでネ!
正直をいえば、カルトロジーのが上(2015年版は未呑。2014とならの話)なんですが、価格も同時にこっちの方が安いのでなるべく色々試したく思ってます。
なんで、みんな!!!!!!!!買わないでくれ!!!!!私が呑む!!!!!!!!!!!!!

というわけで、アルヘイト・ヘメルランド・ヴァイン・カルデン2015でした。
熟成した後の事はだーれも知らない(当のコロナビールおじさんすら知らない)のでさておき、彼はやはりブレンド技術の天才なんだろうなぁと思わされるひと品でした。
つまり、凄い。
土地に植わってるのそのままな畑から、自分らしく調合して作るアルケミストっぷりに脱帽したいのでス。
そう、PERFECT・・・・・・(cv:一ノ瀬志希

私が買うので買わなくても大丈夫だヨ


恋は化学式。君にはきっと狂気の沙汰(crazy things)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 038 一ノ瀬志希 [ 一ノ瀬志希 ]
価格:720円(税込、送料無料) (2016/11/20時点)


関連記事

| 南アフリカ | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1187-681fd7da

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT