オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ボジョレ・ヌーボーへの反逆なワイン?全てが逆の理念! オールド・ヴァイン・エステーツ・ピノNV

うぇるかむ!
本日はボージョレ・ヌーボー解禁日でして私も解禁直後レポとかしてるんですけど、ワインマニアほど「はぁぁぁ^~ん?」などと上から目線で見下してらっしゃる。
ですが!どうせなら!!徹底しようやで!!!
と、思いましたので、なんかワイン通っぽく徹底的にボージョレ・ヌーボーに逆らったものを呑んでます(ボージョレ・ヌーボー前に開けつつ今も飲みながら)

20161117230940844.jpg
オールド・ヴァイン・エステーツ・ピノNV
これが私の反逆です。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥
うん、見事にこう、ダサい。多分安いんだろうなぁ的な感じな上に100%カリフォルニアワインの文字まで「一昔前の国産」みたいな空気を晒してらっしゃる・・・・・・
20161117230951814.jpg
裏もとても普通。

ワイナリであるスコット・セラーズは古くからの大手。一応一族が経営を続けている数少ないワイナリでもあるのかな(最近売り飛ばされること多数だからネ)
1909年には記録として残っているイタリア移民の家系なんだそうで、ロダイを中心にやたらと現在ではレーベルをもっています。
で、このオールド・ヴァインというシリーズ、色々と「ワイン通ならあり得ないアイテム」となっています。
それはつまり

・モントレー、メンドシーノ、ロダイ産のピノのUSAノン・ヴィンテージブレンド。
・しかもロダイのシラーが15%ぐらい入ってる
・オールドヴァインとか名乗ってるけどオールドヴァインでない(古い樹とかではぴくちり全くない)

です。
ボージョレ・ヌーボーよりワイン通は選択しないアイテムかも?
そう、完璧にボージョレ・ヌーボーと逆アイテムなのです。ボージョレの

・ヴィンテージが統一された地域のフランスの新酒
・もちろん100%ガメイ種
・ヌーボーってだけあって本当に新酒。むしろ古い樹からとれてる新酒かもしれないのでよほどオールドヴァインの可能性あり

への反逆はコレっきゃない!とニッコニコで買った私。
実際どうだったかって?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
見本シールが貼ってあるレプリカ品のようなモノ
なんと、とてつもなくそこそこ面白いアイテムでありました。
シラーが案外と赤果実感が出るブドウであること、またNVであることからか物凄く中庸でヘンに熟した感がある。謎のワイン。
201611172310001ed.jpg
色は若干縁には朱色っぽさが入ってる不思議なクリムゾンレッド。濃くはないです。
香りにチェリーの缶詰、それとなんちゃってなみかん缶詰、紅茶のキャンディー・・・・・・要素の全てがどこか駄菓子的でダサくはあるんですが、どれも最高峰のピノが持ってる要素を周到してはいる。
香りの土っぽさからシラーを嗅ぎ取れるかな?
味わいもまずカリフォルニアピノとかに良くある甘いばっかりスタイルでなく、何故か熟成感がある・・・と錯覚させられる要素からスタートします。
ちょっとタニックでオレンジ香料っぽい(これがまた香料っぽい!)雰囲気がアタックからあるのです。
で、あとはチェリーとプラムのミックスに少しスパイス要素が入りつつ、甘ったるさが残るフィニッシュ。
香りに比べると甘さとスパイス要素が高く出るのが特徴。
言われてみるとシラーっぽいのですが、あくまでも「寒冷地のピノ」っぽい作り、それもちょっと古めっぽい印象が残るという驚きのステータス持ちです。
ただ、やっぱり若いのでどこか滑ってる。全体には統一感がありませんし、本物を感じない。
若いけどやたら大人びたキャラ、それもどこか作られたような具合。
「こうすれば人気が出るのでしょう?わかってますよほらほら」
って幼女アイドルに宣言されてるような感じ。橘ありすかお前は。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
意外と高くて2000円ぐらい税込みでしちゃいます。
ありえないワイン、というような内容なので敢えてワインが好き(ほぼ毎日呑んでるクラス)の人に呑んで欲しい気もしますが・・・ボージョレ・ヌーボーの時だけ呑むような人にもこのぐらいからデイリーワインを始めるのは悪くない気もしますネ。
(正直、今回の特集したボージョレ・ヌーボー2016よりはこれでも美味しい)
ブラインドでこれを正確に当てることが出来たらこればっかり呑んでる人でしょう。いじわるしたければどうぞ。
お家ワインとしてはどうかな?案外料理との合わせが大変かもしれません。中華惣菜ぐらいでいいのかも。

というわけで、スコット・セラーズのオールド・ヴァイン・エステーツ・ピノ・ノワールNVでした。
物凄く人造的で、作為的といっていいアイテムです。
しかしこれもワイン。ボージョレ・ヌーボーの真逆をいくセンス、それは最早
「なんだってワインなんだから楽しめよ?」
と言われているのかもしれませんネ・・・・・・

ワイン界ではゲテモノの部類よナ


声つく投票とかいう黒歴史を背負う橘ありす

関連記事

| アメリカ | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1183-329e205f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT