オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今年もなかなかのお手前の劇場版。 ポール・ラトー・マチネ2014

うぇるかむ!
昨日はうっかり寝過ごしてしまったのでお昼っぱら更新でありまス!

201611160959343d4.jpg
ポール・ラトー・マチネー2014
サンタバーバラの決定版的総集編アイテム再び。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
やっぱりこのシリーズいいよね
なんべんみてもシンプルで格好良く出来てると思う。
20161116100009757.jpg
去年と裏はちょっと変わった気がする。

ポール・ラトーに関しては省略、っていうか2013年版では去年書いてるのである。去年の年間ランキングでも上位でした。
なので、あくまでもヴィンテージ違いって事でサクッとまいりましょう!

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥(2013と比べると劣る)
圧倒的な総集編力は凄いなぁ
すっごくまとめてあるワイン、という印象は以前から変わらず。
ただ2013がグレートヴィンテージだったためか、こちらの方がより全体のボリュームが下がっています。
その分ブルピノっぽくなった?と宣伝できなくもないですけど、単純に果実のパワーダウンだと思う。そして、それでもよろしい仕上がり。

20161116100029fc6.jpg
色はクリアなレッド。
香りに赤果実の印象が多くあり、バニラ感覚が以前より抑えめになりましたが・・・・・・しかし、それでも綺麗に香ってきます。
この雑味なさ、ヘンに特徴なく新モノピノのシンプルな良さを打ち出してくるのが素晴らしいところなのだと思う。
味わいも全体には2013の縮小ではありますが、やはり醸造と配合のバランスが美しい。
カリピノの真骨頂という感じがする・・・・・・あ、いや、違うかしら、まとまりの良いピノ全体の総括?
そういう洗練とされた部分が強く感じるアイテム。
2013に比べるとお姉さんっぽさがなくなった分、線が細いのが残念で、さっきから2013とついつい比べてしまう(それぐら2013が良かった)んですけど、それでも果実のパワーはあるし涼しく清く綺麗なのであります。
まさにセイバーリリィ、定番のアルトリア・ペンドラゴン顔ヒロインであるな(フェイトというゲームシリーズの金髪ヒロイン恒例の顔というのがあるのです)。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
値段もダウンしたって!?
全体に以前のはグレートヴィンテージだったんだなぁと呑んで感じる節もあるものの、その分ナント3000円ぐらい値下がりました。
このご時世にである、ワォ!
相変わらずこのワイナリの基本に反するマルチブレンドでありますが、卓越したピノをひとつ試すなら入門チケットにいかが?

というわけで、ポール・ラトーよりマチネ2014でした。
去年の印象が良すぎたってのはありますが、いやー、しかしこれは凄いでしょ?って思う綺麗さなんですよネ。
相変わらずオススメであります!!ボージョレ・ヌーボー買ってる場合でないヨ!!!(この時期恒例のウリ文句)

いやぁ、ちょっと驚いた。安くなったのが。


これがアルトリア・ペンドラゴン顔です(公式の竹内絵のハズ)

関連記事

| アメリカ | 10:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1181-16694634

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT