オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

相変わらず良く出来た、改めて凄いワイナリ・・・ただし条件つき? フェアヴュー・シラーズ2013

うぇるかむ!
南アの大手を実は集中的に更新してみていますが、3本目はこちら

20161109035143bf3.jpg
フェアヴュー・シラーズ2013
これまたひっさびさでありますなー。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
フェアヴューです。本当お久しぶりでーす。
パロディシリーズは最安値のこちら、そして日本に入ってきているレンジとしては一番高いロティのパロディも既にやっています
今回はパロディじゃないアイテムですネ。値段的には上述の2つの中間。因みにどれも紹介当時よりは値が横一列であがってます、うーむ残念・・・・・・
ちなみに、ロティ版との違いは樽の使い方と期間は確定で違う様子。細部まではインポーター情報だけでは確定と言い切れないので割愛。
20161109035153e6a.jpg
裏はモトさん。モトさんも上張り全快なのやめてくれめんす・・・・・・

というわけで、造り手に関しては省きたいぐらい、チャールズ・バック氏のワイナリの一応自社の名前をつけているタイプ。
昔はそんなに着目しませんでしたが、改めて生ける伝説だったのだなぁと色々見てて思います。
なにせ老舗大手であるわけで、ここから飛び出した人も多いのでス。サディ(セイディ)も弟子だものなぁ。
というわけで、改めてという感じも含めて呑んでみました。

香り・味わい(最大10pt)
二日目は♥♥♥♥♥♥♥(初日はマイナス♥♥♥)
かったいシラーズです
相変わらずこのワイナリ、ロティ寄りの作りをしています。
そして、この2013年シラーズに関して言えば「めっちゃくちゃガッチガチ」です。正直、初日は全然香らないし獣感妙に強いし閉じててサッパリ美味しくなくて「ハズレ引いちゃったかな?」と思ったほど。
という訳で以下は抜いてから一日放置(一週間ぐらい前の東京の気温=最高で20度ぐらいの部屋にて)した結果、いつもの低価格で良い感じのギガル風シラーズに。
その時の印象を書きます↓

色はかなり黒めで紫系。
香りに黒コショウを中心としたスパイスにプルーンやブルーベリーなど紫果実の印象がおもためにあります。
軽やかではなく、どっしりとしている。それでいて甘味も酸味もたっぷり。
味わいもそうしたフレッシュしかしどっしり~な果実要素をスパイスが下支えしてとてもロティのいい感じの重たいワイン・・・・・・ええい、面倒だ!ギガルっぽい印象になります。
低価格のギガル同士であれば、ギガルよりギガルっぽい(結局面倒くさい文章になるのであった)。
果実などは凝縮感があってパワフル、そこにスパイスが入って刺激的に最後までモリモリと〆てくれる。
これでもっと長いフィニッシュだと、よりロティっぽいのですがそこはまぁご愛嬌かな。
しかしながら、新モノのシラーズとしてはとてもお手本的な作りになっています。
アメリカーンなキャラクタ、その典型を見るようなナイスグラマラス!プレイメイト!!

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥(ただし扱いは難しい)
じゃじゃ馬を乗りこなせれば
そういう訳で、初日のダメさに対して二日目が圧倒的に良い。1700円ぐらいでそういう不安定さがあってどうするって気もしますが、一度開けるとその持続性はそこそこ高いので価格帯の中では日持ちします。
そうした扱いづらさはあるものの、低価格シラー(ズ)の中では流石郡を抜いていると思う。
うまく使いこなせればやはりケース買いアイテム。日常にアメリカーンなひとときをどうぞ。

というわけで、フェアヴューよりシラーズ2013でした。
そういえばシラーってタイミング大事だったよなぁと久々に思わされました。最近シラーをあんまり試せてなかったんだなぁ自分、反省。
そして、これまた大手老舗でありながら実力充分だと言わざるをえない。

2014も出回り始めてるみたいですが、それなら今なら2013のがいいかも


兎印っぽさ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サプライ 艦これ 白詰草 アイオワ スリーブ
価格:1555円(税込、送料別) (2016/11/9時点)


関連記事

| 南アフリカ | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1176-3f4b2342

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT