オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ちょっと悲しみ。 ルーシー・マルゴー・ヴィレッジ・オブ・ティアーズ2015

うぇるかむ!
何故かピノ特集みたいになってる当ブログですが、ひとまずコレにて別の話題に移りたい気がしてます。
タイトルの通りです・・・

20161106175702b6c.jpg
ルーシー・マルゴー・ヴィレッジ・オブ・ティアーズ2015
ずいぶんとまぁ変わってしまって・・・・・・

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
もはやショップに載せれば全量即時売り切れという状態になっているルーシー・マルゴー。
当ブログ最多掲載量となってまして、最後に更新したのもレアアイテムの割に今年の5月とかなり新しく
またヴィレッジ自体も2013ヴィンテージを呑んでます(以前のラベルもここから見られる)
ただ、意外とルーシーを絶賛してる・・・ように見える当ブログですがピノでの満点はヴィレッジ2013が(個人的好み含めれば)最高点だったりも。
一番格下なごちゃまぜブレンドシリーズなんですけどね、ティアーズ。
20161106175732845.jpg
しかしながら、なんでタコになってしまったんや?
誰かしらタコブームなんか??
触手ブーム???

それにしてもルーシー、何故かこの回では別にシャルドネでもタコを描いてました。



どうやらルーシーがタコブームっぽい。なんだタコブームって。

さておき。最近のルーシー・マルゴーは一時期と違いハゲたオッサンのコメントなども余り見られず・・・・・・正直言ってこの段階で結構寂しさを覚えます。
そして味わいの方も・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(思い出補正がかかって)
うぐぐ、野菜感が強すぎる・・・・・・
ボトル個体差が激しいのか、たまたまハズレタイミングだったのか、これまでのルーシー・マルゴーにおいてはある程度一貫して存在はしていた「甘さ」が非常に少ない自然派系野菜味ピノとなっているのでした。
20161106175721274.jpg
色は濁りのあるレッド。手が映ってしまうぐらい濁り気があります。
香りに野菜系、それもキュウリ的な青みが多く感じられ、同時にトマトジュース要素が強くあります。
野菜や土っ気はルーシーの過去に見られてもそれより「チェリーの甘味」や紅茶葉の雰囲気があったハズ・・・・・・なんですけど、そうした要素がなく、別の自然派ワイナリっぽくなってしまいました。
最近呑んだモノだと、果実要素部分は若干この辺り近い気がする。もしくはセイディ・ファミリーとか・・・・・・
味わいもトマトジュースを主体とした酸が強く存在しきり、アフターも青さと土っぽさが長く残ります。果実部分が抜けて青さが残るぐらい。
完璧に野菜味なピノとなっていて、より自然派的雰囲気に踏み出した感じもありますし、面白いといえば面白い。
けれど・・・・・・エチケットデザインと同時に、味わいからも可愛げがなくなってしまったように私は思ってしまう。
強い喪失感。
感傷。
なんかこう、違うんだよなー・・・・・・そんなこんなであんまり正当な評価になりませんが、まぁ私のブログだし。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(買えれば)
それでも買うことが出来れば、上述したセイディやロストファウンドが6000円超える事を考えるとまだ5000円なので安いっちゃー安い・・・・・・んですけど、問題はやはり購入手段。
以前から書いての通り、ワインダイヤモンズさんは「レストランへの卸に力を入れる」と前からイベントのたびに言っていて、家庭に流れ込む本数を意図的に減らしているわ、今なお圧倒的な看板アイテムあるルーシーは出るのに他がコロッと売れ残って(熟成について疑問がある自然派ワインだらけなのに)いたり、とにかく減少傾向。
まずどれでも見ることが出来ないアイテムになっている上に(主催試飲会でも希少性を銘打ってやってますし)、ピノが一応本命なので価格の割にカルトアイテムとして確立。
この日もたまたま呑めたけど、色んなワインの中で最も減りが早いワインでした。
・・・・・・ついでに言ってしまうと、ルーシーはピノより他のが楽しいケースが多い(私はメルロがトップだと思う。長門有希ヴィンテージは史上最高オブ最高だった)。
もう血眼になって探さなくてもいいかな・・・・・・

というわけで、ルーシー・マルゴーよりヴィレッジ2015でした。
ルーシーは元々当たり外れあるところがあるように思うのですが、だからこの手の造り手は面白いとも言えるし変動が大きすぎてついていけないとも言える。
今回は正直言って残念な側だったんですけど、またいつか良い日があれば・・・・・・

案外大幅な値上がりこそしてないのだけど・・・売ってません!


今日はこう言われてもしゃーない。

関連記事

| オーストラリア | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1173-7de812cd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT