オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ダイヴトゥワインさんでまた南アフリカ三昧してきました。~次の予定は2月だって!?~

うぇるかむ!
というわけで、タイトルの通りであります!
これ、行ってまいりました。

201610192305344cf.jpg
多分、ここまでで逃したの一回だけなんじゃないかしらん。
マスダさんの試飲会ですネ。
今回はベリンガムを中心に各種タージュ、それとこれからのシーズンになのかカベの5000円ぐらいの路線が中心。
マスダの三宅さんが言うてましたが「南アフリカの狙い目は2000~5000ぐらい。ここで勝負すれば負けない」
と、テリトリー系能力者の如く仰っており、当ブログもめっちゃそう思う。
6000円以上になっちゃうと当ブログ指標でもコスパ域がとりづらくやっぱなるものなぁ・・・・・・え、2000円のお酒でも高いって?う、うーむ。
あと、今日は3名様程、当ブログのファンだとの方から労いのお言葉いただきました。


が、がんばります!(cv:島村さん)

さておき。
相変わらずわざわざ休暇をとって行っただけに3時間ぐらいタダ酒してた色々飲み倒して、結構驚いたのはピノ・タージュの多様性。
呑んだものではおそらく更新かけますが、ついうっかり私も「なんか無駄にコーヒー豆っぽい味がするやつ」ぐらいに思っていたピノ・タージュという品種なんですが「そう作っても面白いモノは存在する」し「そうでないパターンに今や巡り合える」訳。
ちょっとブドウ品種というものに対する考え方を改めさせられる思いでした。タージュだけでなく、ネ。


~かけあしでヤばいのを紹介~
今回は結構「以前更新しているアイテム」のそれも同ヴィンテージだったりがそこそこにありまして。
なのでこの場でサクッと。どれもだいたい知名度以外は超高得点っていうか以前どおりだヨ。

201610192306013c0.jpg
カベにおいて今現在、早呑みするなら最強の部類だろうと思うのがこの黒いウォーターフォード・ステレンボッシュカベルネ2013
いやぁ、これはヤばいですよ。抜群に良く出来た整いのいいカベルネ。

201610192306183c3.jpg
一方で、青臭い草原めいた個性が最高なのがこちら。ラーツ・レッドジャスパー2013。
こっちは個性が出まくってて、その個性にヒットすれば「うっひゃー、右岸めいるー♪」とときめくスタイル。

201610192352297ff.jpg
以前更新したハーテンバーグもあり。やっぱりこいつはリュウ。波動拳のリュウ。正統派。今日の中では一番砕けてた。最近値下がりしたらしい。ワォ!

と、割りと高額帯が以前の確認になってましたん。が、この辺りの出来栄えはヤばい。何がって上述の通り5000円アンダー価格の域でこれらが呑めてる点。
三様の個性もしっかりありまして、どれが好きかでワインの好みが明確にわかれちゃうような・・・・・・オソロシヤ。

というわけで、またしても更新したいアイテムが増えてしまった当ブログ・・・・・・ほ、ほんまにどないしょうかー・・・・・・


ダダダーっと貼っておくで工藤!(突然の服部平次)





関連記事

| 南アフリカ | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1156-852d5101

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT