オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ギガル最高峰を2つの地区で比べてみた! ラ・トゥルク2012とヴィーニュ・ド・ロスピス2013の比べ呑み!!

うぇるかむ!
昨日のシャーヴ様に続きまして・・・今度はギガル!

20161017220839004.jpg
ギガル・ラ・トゥルク2012
ギガル・ヴィーニュ・ド・ロスピス2013
ロティとサンジョセフの最高峰ですナ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ギガル三銃士を連れてきたよ(いつもの画像省略)
ということで、ラトゥルクであります。
もう、ギガルについては今年は既にダンピュィをやってますし、前にラ・トゥルクも別年号で見てますし、更にむしろお馴染みの下層シリーズはクローズエルミタージュ版でなんと2013年にやってましたっけ
なので省くのであります。
2016101722070051e.jpg
それにしてもラトゥルクの見栄えは最高ですネ。微妙に金が散りばめてあったり数多の要素が旨いこと乱れてる感じとかがセンスがよろしい。

で、もう一個のヴィーニュ ド ロスピス ですが2000年にギガルが買った「サン・ジョセフ地区におけるギガルのフラッグシップの立ち位置」のワインです。
エルミタージュと対岸にあたる地域なんだそうな。
いくつかのワイナリが使っていたようなのですが、大帝国ギガルによる金の暴力でプロダクトとしてエステートもの状態っぽい。
昔はもうちょっとファンタジーな感じの絵だったんですがこの2013年からもう少しクッキリとしたような雰囲気に。
さて、そんな訳で感じとしては「ロティ最高VSサンジョセフ最高」な訳です。まぁ、年号違うしラ・トゥルク側は昨日のシャーヴ様同様デキャンタしてあるので正当な勝負でもないのだけれど・・・・・・
字面だけだとロティのが絶対的に強い(値段も最強)な訳ですが、果たして?

香り・味わい(最大10pt)
ラ・トゥルク:♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
ヴィーニュ・ドゥ・ロスピス:♥♥♥♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥)
どっちも流石のヘヴィー級!
並べて飲むとラ・トゥルクのが流石に凄かったんですが、どちらもギガルらしさ全開の「ローヌはパワーだZE☆」なキャラクター。
地域の違いよりギガルであーる。

ロスピス
20161017220753c24.jpg
20161017220808d2d.jpg
20161017220828e8c.jpg
これがウチの畑じゃオラーーーーー!って殴ってくるようなラベル(正直前のが私は好き)
色は意外と透けるレッド主体。なんでかあんまり紫が強くなかったりします。これシラー100%のハズなんだけどナ?
香りに黒コショウのスパイス要素、ブラックベリーやブルーベリーなど紫果実の濃コクジャム。
果実の要素が非常に全力で迫ってきます。この辺りシャーヴ様と並べると更によくわかるぐらい力強さがあります。
味わいも同様にはじめっからとかく強く出ている果実のボリューム感!
肉厚で迫ってくるようであります。抱きしめられるというよりロックかけてくる(ギチギチって音しそうな)。
紫果実を主体に強烈にスパイスの風味が一発で出てきます。
しかしながら仕上がりのいいシラーだと思うのがそうしたタニックさまで含んだパワフルな要素が高くありつつ、果実の余韻が気持ちいいぐらい長く続く点。
そうそうシラーの一般的イメージってこんなだよネ!
それを地でいく強さをもった武闘派キャラ。格闘ガールなんであります。


脳筋みがちょいある。

ラ・トゥルク
20161017220641323.jpg
20161017220725ed4.jpg
20161017220737874.jpg
あ、テュルク表記なんだラックだと。
色は意外と透けるレッドなのはこっちは若干納得で、7%ほど入ってるらしいんですよねヴィオニエ(こういう表記あんまり信用してないから「らしい」としますが)
香りにまずミルキーさが目立つのが上記ロスピスとの最大の差。明確にこちらは最初からミルク要素が強くあります。
ハツラツとしていて強いブラックベリー、紫果実の濃厚ジャムであるのは変わらず。
ジャム要素が高く強いのですが、ミルキー部分が包んでまして時間がたつほど落ち着くのは良い点。
味わいもとてもパワフルでアタックからミルキーさと紫果実で迫ってくるパワフルなシラースタイルそのもの!
実のところロスピスとノートそのものは似てしまったんですが、連続して書いての通りミルクのような甘味と全体のタッチがこっちには+されているようなイメージ。
また、果実そのものの風味ではこっちのが本質的には渋いんだろうと思います(それがミルキーさで補われている)
長く力強く、至ってパワフル。まさにギガル。まさに巨砲主義。


フル装備の脳筋。まぁ長門でも武蔵でも脳筋キャラっぽいのは変わらんのぜ。

コストパフォーマンス(最大最大5pt)
トゥルク:コスパで図るものではない。
ロスピス:♥♥♥♥
この値段になってくるとラ・トゥルクはもうコスパ域じゃない訳。
で、こうして比べてもトゥルクに結構近いものがあったロスピスはそこそこお得な感じがします。サンジョセフのワイン、と言われると高く感じなくもないけど。
艦これでも出来れば長門でいい場面なら長門つかうじゃない?それなー(ボキャ品)。
まぁ、そんなロスピスでも1万超えなんだけどナ・・・・・・
トゥルクはもう客寄せパンダにもなりうる程の知名度。その分ロスピスはまだマイナーなんですが、ギガルの箔押しモデルのひとつなので分かる人にはこれでも充分でありましょう。
ローヌの一般的イメージ=ギガルのイメージ。それを体感するには充分すぎるほどなので、未体験なら一度は呑んでみてほしくはあります

というわけで、E・ギガルよりラ・テュルクとヴィーニュ・ド・ロスピスでした。
流石って気分。しょーじき言いますと、シャーヴ様系のエレガントさが私は好きなんですがこれがローヌと言われたらぐぅの音もでない。そんなワインであります。
2016101722071269a.jpg
圧倒的!

値段がバラけたり保存状況だとかあると思うので、買う際はお好きな場所で。



関連記事

| フランス | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1154-b0d17361

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT