オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

戦慄のエルミタージュ最強、やっぱり格が違う! ジャン・ルイ・シャーヴ・エルミタージュ ルージュ2013&ブラン2013の並べ呑み!!

うぇるかむ!
えー、昨日は更新してる場合でなく、見事にコチラを呑みに行ったりしておりました。

201610162018144a8.jpg
ジャン・ルイ・シャーヴ・エルミタージュ ルージュ2013&ブラン2013の並べ呑み!!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
実は1年ぶりらしいんですが、当ブログがやたら推してるローヌといえばシャーヴ様
ということで、もういっそ色々省きますが久々っちゃー久々。
2016101620312929a.jpg
裏もコレで終わりっていう潔さなー。
今回はその最新入荷ヴィンテージ2013の比べとなります。
いやー、やっぱりシャーヴ様は毎度の事ながら飲む前からウキウキですネ。そしてサイフはスカスカですネ

香り・味わい(最大10pt)
両方共:♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
しかし割りと堅物なヴィンテージ?
新モノ状態でも充分に美味しいシャーヴ様。今回もエレガントなローヌとはなにか、を改めて魅せつける感じではあります。
しかしながら・・・・・・以前呑んだモノに比べると全体にちょっとずつ弱い気もしたかな。

ルージュ2013
20161016202928d21.jpg
201610162028456b8.jpg
デキャンタして約1日置いた状態にて。大体の場合シャーヴ様赤はそうしてるよね、いろんなとこで。
色はギリギリ透けるかな程度の濃い赤紫。そういえばあんまり書かないんですが、粘性は超高いです。
香りに紫の果実要素が多くあり、相変わらずのスパイス具合。ただ、以前呑んだ時よりスパイス要素があんまり目立たない気が今回しました。また、ミルキーさも新モノの割に控えめ。
どっちかというとスミレなどの花要素のが優っている印象。果実のベースが強くなっており、グイグイ誘ってくる感じでもなかったり。
味わいも非常にスマートなスタイルとなっており、口当たりの流麗さは相変わらず。
濃い紫の果実と花、それを整える程度にミルキーさがあります。スパイスもあとからじんわりとやってきて、それから綺麗にそして長いフィニッシュ。
構造美が相変わらずのシャーヴ様。魅惑的な部分を持ちつつ、とてもエレガントに終えてくれている。
ただ、以前に比べると突出してスパイスに凄みを感じなかったのは正直なところで時期として相応でない感じはちょっとあったかな・・・なにせ以前呑んだ新モノは09と11だったわけで。
デキャンタしてもとれぬ強いお酒ですので、熟成期間は明らかに必要です。

ブラン2013
201610162028148de.jpg
20161016202801273.jpg
201610162027513f4.jpg
ローヌはブランも最高!
っていうか、今すぐ絶対飲むマンだったら流石ルージュよりこっちを飲むほうがいいですネ。
色は透けますが2013にしては黄色さが強め。
香りにあおりんごのような要素が多めに存在し、少し温度が上がると白桃っぽさがググイと出てきます。
味わいも濃厚ながら気品がいいのがグッド!
どこか洋梨のフレーバーが強いような気がしますが、そのアクセントがあったうえでの清らかで高貴な終わり方。
ボリュームは十分にあるのに、アフターでしつこさを感じさせず、クリーンなキモチになってしまう果実の質感と抜け方が秀逸。
どこかセミニョンっぽさがある雰囲気(でもどうやら入ってない)で、少しこちらも固い印象があるものの、それでも秀逸な構成力といっていいでしょう。
あくまでもエレガントだけど、ちゃんとボリュームも適量だし、誘惑性が高い。
流石のできばえ。今回は白のがグッと良かったかな。

総じて、やっぱりシャーヴ様はエレガントなんですよ。高貴。それでいて肉薄してくる個性もある。
貴族や王族なキャラって感じがして、自分もその域まで高めてくれる。しかもベッドにまで誘ってもくる(今回はその要素低かったけど)
うーん、ブラボー!

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(個人的には+♥)
まだ3万なのか、もう3万なのか
正直、赤はも少し様子見した方が美味しいんだろうと思うので余計に最大点にしがたいのですが、これぞ世界レベルって感じはビンビンです。
是非ご体験ください、としか言いようがない。当然、料理とか不要。

というわけで、シャーヴ様の新モノ2点でありました。
いやーーーーーーさっすが。ここまで「あ、呑み頃じゃないな」と思わせつつも「しかし凄いなぁ」と感心はさせられます。
特に今回の赤はかなり扱いが難しい部類になってると思うんですけど、世界最高峰のワインのひとつとしてはやっぱり数えられる。
オソロシヤーーー・・・・・・

白も近しい値段だと、白が割高に見えがちですが、シャーヴ様は白も尽く旨いので狙い目だったりも。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エルミタージュ・ブラン[2013]/ジャン・ルイ・シャーヴ
価格:24840円(税込、送料別) (2016/10/16時点)



ギャグにしないセイバー感

関連記事

| フランス | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1153-1cb0693b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT