オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ワインレポートが有料になる件について ~あ、ついでに神の雫今週号もネ~

うぇるかむ!
タイトルの通りであります。そう、
ワインレポートさんが有料になるらしい

~ワインレポート有料にあたってびっくりしながらアレコレ~

まだどのぐらいの更新やどのぐらいのボリュームになるかは不明・・・・・・なんですが、参加者として大越ソムリエ(現ワインコメンテーター?)と大橋MWと従来通り山本氏の3人での運営になるようで。
アドヴォケイト的というよりは日本版パープルページとかガッローニのところみたいな事なんでしょう。
pJk86.jpg
ワインレポートさん(山本氏)というと、個人的に「クメウを果てしなく推してた」印象が深い。

さておき、時たま(勝手ながら)リンク貼ったり見に行ったり「たまーにどうやら当ブログを拝見いただけている様子」であったり、このプロの情報ブログがある限りはFC2のランキングで酒販一位は到底ムリだろうと(2位には今なってるけどネ)思ってまして・・・・・・
うーん、感慨深い。
びっくりですよ、本当に。永遠に崩れない壁みたいなモノだと思ってたのデス。

ただ、有料になってどのぐらい「有料オンリーの記事になるのか」「年間購読5000円以上を払うに見合う内容なのか」というのは気になるところですが、ソレ以上に今ひとつティスター二人の加入が
「あんまりノらないなぁ・・・・・・」
と思ってたりもします。
大越ソムリエや大橋MWがどの程度記事を書くのか・・・にもよりますが、悪いんだけどこのお三方の比較ブラインド記事の為に年間5000円以上払う気は、しない。特に大越ソムリエの記事、各種雑誌でも割りと苦手なんだよナ^^;月々500円その分に払うってなら私はパス。
顔が見える分いいんですが、私は「ワインにかぎらず食レポは一個人の意見に頼るべき(信頼をおくべき)」と思っててレカン大越と大橋MWより山本氏のが信頼が上だと思っておりまして・・・・・・
これまで無料で提供されてきたことのほうが可笑しい、とも言える最新情報各種も「絶対的に必要か?フランスの天気やミシュランガイド??」というと・・・・・・これも意外となんとか大丈夫な気がちょっとしているという。
無くなって気づく可能性のが高いだろうと思いもしますが、案外当ブログへの影響は少なそうとも。
正直様子見だなぁ、なんですよ今現在。来年ぐらいまでは状況を掴みたい。

この日本版の「MWらによる有料のワインサイト」がどこまでジャーナルとして隆盛するのか(または大失敗に終わるのか?)は気になります。
何故って、今の日本のワイン業界のトップジャーナルって、未だに「神の雫」ですからネ。
その確たる証拠、というか他の知られてなさは産経新聞だかがつい先日のサミットの記事で
「ワインを選んだのは神の雫の作者他」
と題にしたぐらいです。そこに大橋MWがいたのに。どこかが田崎真也先生とキバヤシ並べてたっけな?ぐらい。
日本で唯一のMWなのに、今現在の大橋MWの知名度というか「宣伝能力」ってMW取得者にも関わらず低いし直後に「ブームを作れなかった人」というのが個人的な現在の見識です。
この新ワインレポートで牽引力を発揮されるのか、この点は最大の注目するべき部分でしょう。
果たして「日本人はMWをとることに意味があるのか?」はワイン情報以上に争点になると思っています。
この3名が組んで更新していくからには神の雫は「当然超えねばならない」のです。そういうメンツなんだろうと思う。山本氏は相当大橋MWにアピールしたんだろうと。
ターゲットが違うから~なんて言っては名折れになっちゃう訳で。

兎にも角にも有料になっちゃうワインレポートさん、トーシロの私からはご武運を祈るばかりでありまス!


~そういえば今週の神の雫~
えー、南アフリカ編なのかと思いきやめっちゃくちゃ唐突にパリからフランスに戻っており、料理漫画史上でも稀なほどつまらん料理シーンで次の仔羊料理とポンちゃん99年を合わせて表現なさってまして、まぁ要するに書くこと以上です。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シャトー・ポンテ・カネ[1999](赤ワイン)[Y][A][S]
価格:12960円(税込、送料別) (2016/10/13時点)



タカムラの反応が早くて感心!

そして次回予告に「遠峰一青が意外な場所に・・・!?」となってました。
あのキチメガネの意外な場所?宇宙にでも行くのか??
寺いったりタクラマカン砂漠で現地ガイドとXXXしたり遊園地で一日メリーゴーランドで腕組してたりマンハッターホルン登ったり良くわからん酒場で講釈たれたりナパでギャングに襲われたり海中に潜ったりしてたキチメガネの「意外な場所」とは?
正直これで南アフリカに降り立ってたら意外でもなんでもないし正直ヤメテクレメンスって感じなんですけど、とりあえず
遠峰一青、宇宙でお・・・おぉ・・・芸を披露
を来週見れることを期待しております。

当ブログは遠峰一青のクレイジープレイの復活を切に望むものであります。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

神の雫(38) [ オキモトシュウ ]
価格:596円(税込、送料無料) (2016/10/13時点)


関連記事

| コラム | 22:30 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

思うこと

シンクさん
こんにちは。これ、記事にしてくれるだろうな、と思って待ってました。
ワインレポート読んで、初見えええ?と思いましたので。
私、ワインレポート読み始めたのはシンクさんのブログで触れられていたので、いつの間にか習慣化してたという感じです。今回の有料化は、まずびっくり、てのは誰が払うのかなと。もちろん参考にさせてもらってたりして、そこからワインも買いました。でもお金を払ってまで入手しなくちゃな情報か?と。インフルエンスの度合い的に。ここが最重要の情報源では決してありません。むしろ私はこれまでもシンクさんのイチオシワインを片っ端から買っているので。ある程度著名な人、て意味でいうとフォローすべきかも知れませんが。
有料購読って思いの外ハードル高いと思います。どこかにターゲットしたのでしょうが、少なくとも日本のワインの裾野を広げる今回のアクションではないですよね。私自信は正直ワインにどっぷり浸かってる口なので購読迷うライン上にはいますけど、まだまだそういう人は少ないと思います。
真の意図はわかりませんが今後の動きを見つつ、私はこれまで通りシンクさんのご活躍を期待したいな、と。
いいワインをもっと身近に!!

| オメガビーム | 2016/10/13 23:45 | URL |

遠峰氏、宙に浮いたワインにストローぶっ刺して無重力テイスティングからの、お...おぉ...ですかね

| まる | 2016/10/15 09:40 | URL |

Re: 思うこと &遠峰が宙に浮く話

>おメガビーム様

うぇるかむ!

> こんにちは。これ、記事にしてくれるだろうな、と思って待ってました。
> ワインレポート読んで、初見えええ?と思いましたので。

私もえええ?と思いました。

> 私、ワインレポート読み始めたのはシンクさんのブログで触れられていたので、いつの間にか習慣化してたという感じです。今回の有料化は、まずびっくり、てのは誰が払うのかなと。

自分の周囲のワインマニア達は払っておらず、どうやら小売とかそういうプロ側の人達が覗いて・・・いるのかしら?うーむ。

>でもお金を払ってまで入手しなくちゃな情報か?と。インフルエンスの度合い的に。

記事に多少なり添えてた身としては、なくなるとどうなるだろうか・・・と思っていたのですが、二ヶ月ほどたった今現在正直言って「引用として使えなくなったが困るって事はない」という状況です。
一度も不便さを感じていない。
一般流通してない情報がどういうタイミングで有益かというと、やはりプロ側の人がドヤ顔して説明するのに新しい情報が言えるといいよねって具合なのかなと思ってしまうかなぁ。

>むしろ私はこれまでもシンクさんのイチオシワインを片っ端から買っているので。

アザース!!!!

> 有料購読って思いの外ハードル高いと思います。どこかにターゲットしたのでしょうが、少なくとも日本のワインの裾野を広げる今回のアクションではないですよね。私自信は正直ワインにどっぷり浸かってる口なので購読迷うライン上にはいますけど、まだまだそういう人は少ないと思います。

ネットで情報を集めたり買ったりしてるユーザーって、RWGもワイナートもワイノット?もワイン王国もダンチュー辺りのあれこれも定期購読してる率低いんだろうなぁと。そう思うので有料購読が月額500円ぐらいでも「いらないかなぁ」ってなっちゃうんですよネ。
まして、有料の一番の肝がティスティングノートやツアー参加権利だったりする。
あのお三方を(そのうちの誰か一人でも)信奉してバイブルにしてるなら買う・・・・・・という事なんでしょうけど、同人誌とかやってた身として「無料では人は集まって数百人見てくれても、こと場所に行って購入せよとなると50も売れない」ものですからネ。

> 真の意図はわかりませんが今後の動きを見つつ、私はこれまで通りシンクさんのご活躍を期待したいな、と。
> いいワインをもっと身近に!!

その後の動きは・・・二ヶ月たったぐらいの今現在においては
「山本氏以外の人が全く記事を書いていない」
「ワインレビューが無料公開されていたがそれがなくなった・・・そしてレビューに写真が付与されていないし用語が妙にはいるしで面白さは0。ワイナートの巻末あたり記事のがまだ読みやすい。読者情報として耐えうるかは彼らの点数をどこまで信じられるかによる」
「記事の情報量そのものは無料だったころと大差がなさそう(有料記事読んでないけど、多分ネ」
「元々からそうであるが、良いワインを身近にするような紹介をする感じではないので、ただただ購入参考が減った形である」
ということでただの劣化です。ジーザス!
良くない見本として今のところ参考にしてたりします。
また当ブログとしてはトーシロの記事として安いのから高いのまで幅広く取り上げていく必要があるしまして「購入出来るモノを優先する必要」があるんだろうなぁとしみじみしてます(その為に更新遅らせすぎて腐らせてる事多いんだけどネ)


>まる様

うぇるかむ!

>遠峰氏、宙に浮いたワインにストローぶっ刺して無重力テイスティングからの、お...おぉ...ですかね

このあと「マジでシャンパーニュにご旅行に行っただけでした」とかで全く面白くない奇跡の雑さで頭抱えました。うーむ。

| シンク・プリテュール・ノブレス | 2016/12/12 22:09 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1151-41457a5a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT