オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シャネルが作るナパ・カベ?今、中予算で呑めるカリフォルニア。 サン・スーペリ・ダラーハイド・カベルネ

うぇるかむ!
ナパカベやろう!!そう、ナパカベで更新する予定がうっかり忘れてたのだよ私!!!

20161012223604930.jpg
サンスーペリ・ダラーハイド・ナパ2010
単一畑の現状最安値だろうナパカベです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥(シャネル関与を考えると+♥)
ラベルは割りとシンプルにできています。ちょっとカッツリとした感じがアメリカン?
201610122236199d5.jpg
裏は日本用に置き換わっています。

造り手は最近になってあのシャネルのグループが買収をしたんですが、この当時はアルジェリアのスカーリ家の所有(だと思う)。
醸造家はミハエル・ショルツ。この方が2001年までやってた時代は「安旨ナパ」としてスペクテイターでも取り上げられていました。
が、2001年に彼は
「自分のワイナリつくりまーす」
と卒業。その直後にパーカーたんから「あー・・・いけませんいけませんよー?」となんと85点というナパカベとしてはボロカスぽんな点数を受けて安ザコナパと位置づけられてしまいます。
単一ヴィンヤードまで作れる程財力はあるのにネ。
で、そんなこんなしてたら2009年にミハエル・シュルツ氏、なんと
「戻りまーす」
と何故か戻ってくるんですね。するとパーカーたんも突然手のひらを返し、この2010年のワインに
「ノックアウトッ!超エキサイティンッ!!」
と95点という点数をつけます(因みにアドヴォケイトチームの他の人でなく、モロにパーカーたん。なのでノックアウトとかマジに書いてある。やっぱこのオッサンの評は面白い)。
で、2015年にこの評価の高さからか、シャネルが購入したのでした。ローゼンセグラやカノンもシャネル所有で、そのアメリカ市場として注目されているそうな。
さて。
そんな2010年ヴィンテージなんですが、何故か特売になっていて日本で6000円程度で買えると。現地ではこれバックヴィンテージなので15000円ぐらい?
ただまぁ、インポーターとしては一部が毛嫌いをする大手アサヒビールですし、値段もラザフォードの単一畑にもかかわらず異様に安いので私も正直あんまり期待はせずしかしカリフォルニア好きとして購入したのでした。
さて、そのレベル、本当に?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
うおぉ、ガチに良く出来てる・・・・・・
セクシー系メイド感ある。なんでそこの部分肌みえてるの?みたいな良くわからんメイド服感がある。シャネルデザインなのか?
2016101222363423c.jpg
実はこの間更新しましたカーショウと同時に開けてまして、どちらも強いキャラをしておりどっちも良くてほくほくしてました。
ハーレムラブコメや!

色は透けないクリムゾンレッド。あんまり年数が経っている感じはしません。
香りにミルクキャラメルっぽさがふんだんで、これでパーカーたんはノックアウトしたのでしょう。
カシス主体のジャム、それとキャラメルが濃厚に出ています。香りが立っている、というよりもうルパンダイヴしてくる感じ。メイド側かよ・・・・・・
というわけで、味わいも濃厚です。
カシスジャム&キャラメルの香りそのままに口当たりから最後まで終始一貫。
うはぁ、ナパやなぁとしみじみとご奉仕を受ける。そんな具合。
意外と酸味もしっかりと引き立って存在していまして、ジャミーなだけで終わらない品質。
ギッチリコッテリとした要素自体は強いのでいわゆる「カリフォルニアは一杯でいいや」ともなりかねないのですが、酸の具合もあってそこまで胸焼けしないと思います。
余韻は若干ボリュームの割に短い気がしますが、見事なまでにナパ・メイド・ワイン。
その基本文法がしっかりしている。ハレンチ寄りだけど。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
6000円でナパカベらしさを満喫出来るなら大有りやね
これが定価だという15000円だったらこの項目は当然グッと下がるわけですが、6000円ぐらいで呑めるならグッド。同価格帯ナパカベ相手ではあんまりいない訳。
他国まで(特に南ア)含めると価格有利とまでは言いがたい節もあるにはありますが・・・・・・6000円というハイクラスの価格設計の中では間違いない部類でしょう。
プレゼントにも「シャネル所有である」事を活かせ有用。ワインマニア相手にも単一のナパである事で有用。プレゼント要因には文句なく同価格帯でもぴかいち。
自分呑みとしても、いい具合に週末を潰すことが出来るでしょう。濃い目であり、初めから酸も多いので日持ちもします。
ガッツリとコレだけでソファーに座りながら過ごせる。

というわけで、サン・スペーリ(色んな読み方されてるけどドレがいいのかしら?)よりダラーハイド2010でした。
大手酒販(特にビール会社)が仕入れだと入荷に問題が・・・とか言う人もいて、まぁ安いワインもドカドカ仕入れてて気持ちはわかる。一理あるとも思いますが、このクラスでそうした劣化感は感じないなぁというのが正直なところ。
シャネルが買っちゃうのもわかるプレミアム感。そろそろ市場在庫消えそうなのでお早めに。

私はヤナギヤで買ったんだけど、とっくに売り切れてた・・・先週末は10本ぐらいあったのになぁ。


胸元と背中空きすぎ服っぽい感じ

関連記事

| アメリカ | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1150-fcaefb79

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT