オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

神の雫の「ラタトゥイユと合う南アフリカワイン」を当てようの巻~皆も是非予想してネ!~

うぇるかむ!
えー、タイトルどおりであります。
ついに神の雫で南アフリカワインが出てきます
しょうじきやめろーーーーーーーーーーーーーこっち近づいてくんなあああああああああああという他ないんですけど、まぁやるらしいからしょうがない。




この今週号の神の雫にて行われました。
要約だけしておきますと。

主人公の雫、フランス料理おばさんとオッサンの3人はホイホイとパリでやっているワインフェスで「ラタトゥイユやサーモンのムニエルに合うワイン」を探しにやってきた。
雫ご一行は色々なワインおよび産地を細かく探し、ギリシャやブルガリアなどの現状ではマイナーな産地にも答えを探すが、南アフリカワインコーナーの前で
「ここにラタトゥイユと合うワインがある!多分!!(キリッ」
と、雪山の離れた距離でもワインの匂いを嗅ぐことが出来る雫が察知する・・・・・・

monnpera.jpg


というような内容です。漫画としてはゴミつまんないです。
が!その中で!!


当ブログが推しているテラ・タングラが脈略もなくしかも適当に出てきています。
更に、南アフリカときている。
宣戦布告と思わずにいられるか!!!!!!!!!!!

ということで、勝手に

「神の雫の選ぶラタトゥイユと合う南アフリカワインとは何か当てよう!」

チキチキ、クソッタレの神咲雫をぶん殴ってやろうぜ企画であります!!!!!!!!!!!!!!!

是非、皆様、コメントにて「神埼雫ごときに負けるかよッ!」とこぞって推理してください。

~ここからは私の推理~

まず、神咲雫は
「ここにラタトゥイユと合うワインがある(ドヤ顔」
と、南アフリカコーナーに目をつけます。
探しているのは「サーモンムニエル」と「ラタトゥイユ」に対するモノ。
それもラタトゥイユは「フランス古来の伝統的な(クックパッドはゴミであり、本来のフランス的な)それだけでも満足出来るラタトゥイユ」です。
次に、今回の中では漫画的にはゴミクソつまらない説明セリフで南アフリカワインを説明する際に
「シュナン・ブランがメインで、カベルネがメイン。フィルハーレンで一躍人気を博した地域」
としています。
よって、これまでの傾向(第12使徒が散々ボルドーだと思わせておいてイケム古酒を出してドヤ顔した件などなど)から考えると、
「シュナンとカベルネは除くべきか」
と思います。ぶっちゃけ、シュナンのが合う気がするんですけど・・・後述の理由から省きます。
基本的に神の雫では作者のキバヤシ兄弟が呑んだワインが選ばれるのが前提としています。
(故に、和泉屋編ではスペインワイン産地探訪にも関わらず和泉屋からしかレポしなかったので和泉屋のワインだけしか出てこなくて騒がれました)
そのことから、神咲雫達・・・というよりキバヤシ兄弟・・・は「ある一定の取材先からの情報で選定をする」という傾向があると私は考えます。
そこで思い浮かぶのが
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サクラアワードワインガイド(2015-16) [ “SAKURA”Japan Women’ ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/9/29時点)



クソッタレのサクラアワードです。リンク貼るのもすっごくイラだちますが、キバヤシ姉はここの特別審査委員として呼ばれています。
従って、キバヤシ姉の南アフリカの情報ソースは「田辺およびサクラアワードからである」となるでしょう。
で、サクラアワード2016年を除くと・・・・・・そこそこに南アフリカワインが選ばれており、その中には「癒着が初期からあったヴィノスやまざき」と「ステレンボッシュばかり推してた田辺が好んでいるであろうマスダ」の2つのインポーターがある訳。
また、野菜の前菜であるラタトゥイユには流石に赤ワインを仕込まないだろうと推理します。サーモン相手は「オレンジだから赤ワイン!」となりそうですが、多分最初は白ワインにするんじゃないかな?
と、ここまでの判断から「サクラアワードで高い支持」「フランス品種」「低価格めである」「ラタトゥイユはそれだけで満足出来る程の品」「説明から敢えてシュナンとカベルネはとりあげない」という中でみた場合





特にグレネリーのグランヴァンシャルドネの確率が高いんじゃないかと思います。一個だけ選ぶならグレネリー・グランヴァン・シャルドネです。ピションのメイ女史が作ってるってのが多分画ドヤ顔でドヤ顔で語られるんじゃない?
あとは、お膳立てするならリエトヴァレイ・シャルドネとかいうサクラアワードダブルゴールドのヤツな。でも、グレネリーでフランスの伝統性と新世界のパワフルさで「よくぞこのワイン探した!」とか鼻高々に宣言するんだろうと思う。

正直なところヒントが少なすぎるなかでの予想で来週から推察するのが良さそうな気がしますが、わざわざテラ・タングラまで出てきたの事に(勝手に)当ブログへの挑戦だと思い推察しておきます。

みなさんも、是非推理してみてネ!

勝負だ!神の雫オラァァァァァァァァンッ!!!!!!!!!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

神の雫1巻【電子書籍】[ 亜樹直 ]
価格:540円 (2016/9/29時点)


関連記事

| 南アフリカ | 22:49 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あえて高めで

勝手な予想、あえて高めの白でパラディウス ザ・セイディ・ファミリー・ワイン に一票

| ぐぇす | 2016/09/30 03:59 | URL |

もう1本の

ポール・クルーヴァーが選ばれそうな気がします。

| Paja | 2016/09/30 08:28 | URL |

ちなみに

塩っけに合わせてカルトロジーとか出てきたら雫を許せそうにありません。
買えなくなるやん…。

| Paja | 2016/09/30 08:31 | URL |

ティムニキ2015年の1級 クリスタルムのシャルドネに1票入れます~

| 天馬 | 2016/09/30 09:32 | URL |

ハミルトンラッセルのシャルドネとか(⌒-⌒; )適当(⌒-⌒; )

| ラヲタ | 2016/09/30 14:00 | URL |

私も、ポール・クルーヴァーかなぁ…と。
個人的にはクリスタルム推しですが、これだと、日本に入って来てる本数もあまりに少ないですし…しかし、クリスタルムがこれ以上手に入らなくなったら、恨みますね…

| ゆう | 2016/09/30 15:08 | URL |

んー(ー公ー。)むずいっす。自分だったら鮭のムニエルでドライエンカウンター14一択なんですけどね(´∀`)~゜
 
ラタトゥイユもってなるとちょっと尖っちゃうかな?野菜の旨味とトマトの酸味に合うのか正直わかんねぇっす。
 
それだったらミッククラヴァンのクレレットブランシュ15の方が面白いのかな?っと…
 
面白いじゃ論外なんすよね…んー(ー公ー。) 
 
しかもシンクサン解析を踏まえるとムニエル試食の段階でリースリング五ツ星生産者出してきて雫が納得してねぇからここも外してきそうなんだよなーん~(ー公ー。)
 
そうなるとやっぱシャルドネなのかなぁ…(。~q~)
 
ん。決めた。
 
私はクリスタルム アグネス14が濃厚だと思うでやんす(≧∀≦)長文スンマソン

| ふっちゃん | 2016/09/30 15:24 | URL |

記事がおもしろかったです。
個人的には今アツいクリスタルムなのかなと思います(適当)
何にせよ神の雫おじさん達が買い占めそうでこわい

オキモトシュウ討伐戦がんばってください

| ひがしやま | 2016/09/30 22:39 | URL |

やっぱりポール・クルーヴァー、グレネリー辺りな気がするぅ〜
あとはロバートソン、ラステンバーグとかも。でも挙げたらきりがない

自分の好きなワインが、あの神の雫でも登場した〜なんて尾ひれが付いて品薄になったら何か複雑
好きだったインディーズバンドがMステに出てライブチケット買えなくなる気持ちに似てる

| まる | 2016/10/01 00:48 | URL |

予想が予想以上に集まりましたネ!

さてさて、日刊PV大体300の当ブログですが人がとても集まっていただきました!
ありがとうございます!!

というわけで、ここはまとめてコメントを見て感じたアレコレ。


割りと多い予想が「クリスタルムのシャルドネ」という内容。
まぁ、ムーヴメントの代表選手っぽさではそうなるかなぁと。
または、当ブログ予想に賛同な方はグレネリーよりもポールクルーヴァーではないかという予想。流石?
そのほかだとクラヴァン、カルトロジー、パラディウス、ロバートソン、ハミルトン、ラステンバーグ辺り・・・・・・
なんとなく私が白で予想したから白が多いかな。さておき、パラディウスはなるほどキバヤシ兄弟が好きそうな感じあるかも。
カルトロジーは敢えて書きませんでしたが、2015ヴィンテーに合わせて登場とかならありえそうかなぁ。

ついで、多かった意見が「買えなくなる可能性」について。
うん、これは私も
とてつもなくそう思います
まぁ、それが日本一のジャーナルの実力って事ではあるんですけどネ・・・・・・ふふ、所詮当ブログなんぞ脆弱ヨ。
最も、南アフリカワインそのものがこれだけ色んな所で「ブームです!」と言っておいて結構レアモノが買えてしまったり(確定で瞬殺なのはブーケンハーツ様ぐらい)本数多いモノに関しては大それては売り切れていないわけで、マニアックジャンルであることは変わりないので、市場拡大という意味では大事な場面なのかもしれません・・・・・・
いや、私も買えなくなるのは困るんだけどネ。

というわけで、そろそろ早売りだとネタバレし始める頃でしょう。
さぁて、どうなることやら。

| シンク・P・ノブレス | 2016/10/05 01:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1138-4cf320db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT