オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アメリカの伝説イングルヌックの系譜2つの比べ呑み! ドミナス・エステートとレイル・ヴィンヤーズの比較!!

うぇるかむ!
昨日はうっかり寝過ごしてしまい更新が遅れました。hahaha・・・・・・
で、今日はナパより2つのワイン・・・・・・それも、違うワイナリなのにひとまとめでご紹介。

2016092520244896e.jpg
レイル・ヴィンヤーズ・ダニエルキュベ2013
ドミナス・エステート2012
この比べでス!

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥♥
もはやここで5がついても疑いが持たれないでしょう。そういうワインに、なってしまいました・・・・・・

20160925202404770.jpg
20160925202321a30.jpg
裏ラベルはこんな感じナ。

このふたつ、既に当ブログでは紹介済みなワイナリでもありますネ。
ドミナスでは既に更新回数が2回あります。
レイルも去年アドヴォケイト100点とったときに更新してますネ。ついでに去年のベスト10にしてましたっけ。

そして熱心な視聴者の方は既に理解されてると思いますが、この2つのワイン、元々は「同じイングルヌック・ヴィニャーズだった」ものです。
イングルヌックが受け継がれたあと、色んなところに畑が売却され、その一部がコッポラのルビコン(現在イングルヌックと名乗り直した)にいき、その一部がドミナス・エステートで「あのペトリュスのムエックスと元イングルヌックがコラボ!」として開始。
後にドミナスが独立するとして、ほとんどの部分をムエックスが購入。そのうち少数だけレイルが(自分的に最高だと思うレイル・ヴィンヤードの部分だけ)自分で所持していたのがレイル・ヴィンヤードでス・・・・・・
ややこしいな・・・・・・
ということで、元は同じ畑だったものが別々になっているのがこの2つなんですネ。
畑の区画としてはレイル的に優良な部分だけ残して少数作っているのがレイル・ヴィンヤーズ。
一方でペトリュスで一大カンパニーとなったムエックスの紳士、クリスチャン・ムエックスが本腰を入れてナパで作っているドミナス・エステート(およびナパヌック)という図式。
できたらやってみたいなぁ・・・と思っていた2つの畑の並べ呑みが出来たので、結構ウキウキでしたヨ私。
(と、いってもヴィンテージが違うのは残念だったけどナ)

香り・味わい(最大10PT)
両方共:♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
思いの外方向性は違う!
しかし、同じく点数づけしたら並ぶだろうなという感じでした。一応レイルの方が99+点、ドミナスが99点というアドヴォケイトポイントだったんですけど、+は当ブログにおける「(個人的には+♥)」と大差ないと改めて認識。

ドミナス・エステート2012
201609252022487f2.jpg
20160925202333f36.jpg
まずはムエーの方ネ。
色は強いクリムゾンレッド。そこそこ赤みがあるカラーです。
香りにミントとミルクチョコレート、それとカシスジャムといういかにも「ナパっぽい」仕上がりとなっています。
うーん、気品の高いメイド・ナパだなぁと香りから満足行く出来栄え。
しかしながら、そこそこ土っぽさが見られ、どことなくボルドーはグラーブ地区を思わせるスパイスも漂うのは例年通りかな。
味わいも全体にブラックベリーの強さ、中間のコショウを中心としたスパイス要素があって、とてもしっかりと着実なワインです。
堅牢なグラーブっぽさといい、アフターに残りがちなミント要素といい、全体のバランスとしては「フランスの人が作る他国のワイン」っぽさがあります。
かなーりミルキーさもあるんですが、それよりもこうしたアフターの土っぽさとミント要素が目立つのは南アフリカですらそうなんですが、ナパにおいてもおんなじかな。
上質なナパのフランス風味。これがやはりドミナスの強みなんじゃないかしら。
アフターに残るどこかスパイスとハーブっぽい風味がドミナスって気分。


堅実で堅物気味なメイドさんです(↑のキャラは本質もっと砕けてますけど、外面的な印象ではそれっぽい)。

レイル・Jダニエルキュベ2013
20160925202348bc6.jpg
20160925202431b23.jpg
相変わらず鶏さんがかわいいよネ!
色は強いクリムゾンレッド、こちらの方がドミナスと比べるなら紫要素が強く出ています。
香りにブラックベリーの印象は似通っているものの、よりジャミーな要素が多くて、その分土っぽさやミント感がグッと少なくなっています。
ミルキーさと果物ジャムによるお茶会要素はこちらのが強いですネ。まぁ、やっぱりメイド・ナパな雰囲気ではあるんですが・・・・・・しかしながらどこか違う。
レイルの方が果実の迫力で言えば高いともいえます。ドミナスの方がフランスワインっぽさの付加がある。
味わいもミルキーさやカシスジャム感が強く打ち出されているものの、どこかシックなんですよネ。
こちらもドミナス同様に堅実でしっかりものの印象があります。ただ、ミントっぽさとか土っぽさがずっとドミナスより少ない。
その分、果実の要素に真摯。
カシスっぽさの中からブラックベリーなり多少アセロラなども混じっていて「ベリーミックスの豊富さと明確さ」ではドミナスより上手です。
アフターにも果実要素が良く残ります。正当にナパカベしてる印象なんですよネ。


こちらの方がより「メイドキャラ」な感じ。それでいて堅実さがちょっとある、って辺りまでがナパっぽさだと言うと、金髪メイドな訳。

双方ともに、共に果実の充足があります。その上でより果実要素やナパっぽい複合があるのがレイル、それよりもフランスで培った品位を主題としたのがドミナス。
正直いって、甲乙つけがたい。後は好みでしょうよコレ。というわけで私は同点ですよ。引き分け!

コストパフォーマンス(最大5pt)
両方共:♥♥♥
2つともパーカーポイントで超高得点を叩きだした結果、2つとも「2万出すと買える事がある」ワインだったのが「4万円は持って行きたい」ワインになってしまいました。
オーパスより高評価で伝統的で安い!というアドバンテージはもうありません。バカヤロ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
なので、コスパは普通。ナパ全体としても良く出来たワインではありますからネ(ほんの3年ぐらい前ならその上でコスパも最高!だったのにー!!!!)
知名度でいえば、ドミナスのが↑なので基本的にはプレゼントにはドミナスのがいいでしょう。ただ、レイルまでちゃんと知ってる人なら売ってるルートの少なさからみてもレイルのが喜ばれます。
後はもう、好みの問題。出来れば両方試せればベスト・・・なんですが、そういう機会もあんまりないもんネ。

というわけで、レイルのダニエル・キュベとドミナスの比較でした。
良質さではあまり変わりないんですけど、味わいの方向性は私の文章以上に感じられるだろうと思います。それぐらい、明白に別の作り方をしてる。
こうなると良くわかるのが「ワインは醸造家・・・人が作る」ということです。
元同じ畑でも、こうも違う。そこがやっぱりワインは面白いんですヨ!

サクッとこの金額出せる人は飲み比べるといいヨ・・・・・・



関連記事

| アメリカ | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1135-d20d3a1c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT