オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

なんかもう、そのまんまブドウ・・・・・・ はすみふぁーむ・ブラック・クイーン2013

うぇるかむ!
ピノを連続でやってみてましたが、打って変わったのやりたいなぁ・・・・・・と思いましたので、田舎に帰った時に買ったやつで更新しようかと

2016092122384739d.jpg
はすみふぁーむ・ブラック・クイーン2013
蓮見!

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥(ラベル的に+♥)
個人的にかなり色々マッチしたラベルだと思ってます。ちょっとレトロスペクティヴ感じる。80年台の雰囲気。

2016092122385557e.jpg
裏ラベルで大体説明okだよネ?
ということで、日本のワイナリなのでいつもどおり詳細は公式見てくりゃれー。
とはいえ、実は私はブラッククイーンという品種、恥ずかしながら恐らく初めてだったりします。
川上善兵衛品種のひとつなんですが、当のベーリーAもアンチ気味な私にとってはあまりに「わざわざ飲まないヨー」みたいな品種だった訳(普及品らしいアレコレもないし)
というわけで、どんなモンだったかと言いますと。

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥
そのまんま酸っぱいブドウだわ・・・
これまで「ジュースみたいな」といったような事を書いた事もありますが、ここまで「ジュースみたいな」のも珍しいと云いますか、旧来の日本ワインのイメージといいますか・・・・・・
こう、田舎のお土産品っぽい。

色はレッド。それも単一的なカラー。
香りがまずもうブドウなんですヨ。それも酸味の強いブドウ感。
我々、ワインについてアレコレ書く時に「ブドウ以外の果物で書く」みたいなルール?というか基本ワインって案外ブドウブドウした味わいしてないものが実際多い訳で・・・・・・
でも、これはブドウ。
味も勿論ブドウ。アルコール飲料のぶどうジュースといった佇まい。
それも自然なブドウ的甘さよりも酸味の酸っぱさが特徴となっていて、どこか駄菓子的なぶどうジュースの方向性な訳。
余韻も何もその印象が基本的にはとれません。
なんだかここまで突き抜けてブドウをやっていると、「あー、うんうん、なるほど、ブドウが原料なんだなぁ・・・・・・」と空を見上げたくなるぐらい。
そう、ラベルのタッチがとっても似合っている訳。
すごく古臭くて、レトロで、今飲むには面白くない気がするんだけど、当時はナウなヤングにバカウケしてたんだろうな?みたいな・・・・・・
田原俊彦の教師びんびん物語を彷彿とさせる。え、知らない?たまたまローカルテレビ局でやってるのみて知ったけど、色々すごいゼ・・・・・・

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥
2300円というものすごいギリギリ高い気がするんだけど、しかしコレ案外好きな人もいそうだなぁと思うわけで・・・・・・
全く高尚なワインにあらず、カジュアルワインの部類にもない、この風味を好みになれるかどうかという。
一時期の私だったらこんなん評価しない部類のスタイルだとすら思う。けど、なんだか田舎で呑みたい(実はtokyoに戻ってから呑んでます。開けてくれば良かった)とも。
血眼になって探すような代物でないけど、この値段ならお試しあれ。

というわけで、ハスミファームのブラック・クイーン2013でした。
2016092122390150f.jpg
ラベルの可愛さとそれに見合った中身、という点では「当ブログ的には」良いプロデュースのワインだなとすら思います。
たまにはこういうのもいいよネ。

楽天では売り切れ中。他のシリーズなら買えますが、そっちも多分ジュースっぽいのだろうと予測はつく。


田原俊彦のありとあらゆる部分でダメダメな感じが時代を感じる。っていうかびんびんって表現はなんか一周まわって最高なんで使っていきたい。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

教師びんびん物語 DVD BOX 第1シリーズ
価格:42250円(税込、送料無料) (2016/9/21時点)


関連記事

| 日本 | 23:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1131-32fbb466

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT