オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新世代筆頭のアリンコ醸造家が作る、最新鋭のアンダーソンヴァレー。 ケイネズ・ワイナリー・デムス・ヴィンヤード・ピノ・ノワール2013

うぇるかむ!
連続でカリピノで更新していますが、今回はその中では「泡産地」としての方が有名なアンダーソンヴァレーより。

20160916214231387.jpg
ケイネズ・ワイナリー・デムス・ヴィンヤード・ピノ・ノワール2013
あー知ってるーって人はかなりのマニアです。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥(マニアなら+♥)
シンプルに、ちょっとニュージーランドっぽいような雰囲気を持ちつつも、そこそこ大胆。ただ、モニュメントがなんかこう「?」な気がする辺りは、同コンサルトのワイナリとそっくりでありますな。
20160916214139e40.jpg
裏もシンプル。

ワイナリ所有者はピーター・ケイネズという元証券会社の方。


ケイネスじゃないですよ、ケイネズです。

引退後「あー、ブルピノ超好きなんじゃよなぁ。これからはブルピノを超えるブルピノを作りながら生きたい」などと考えて、デムス・ヴィンヤードとセリーズ・ヴィンヤードというアンダーソンヴァレーの畑を購入します。
正直、この2つ、既に人気の畑でまさに金のパワーで買っちゃった訳。いやぁ、凄い世界ですなアメリカーン・・・・・・
で、彼はその上でアンダーソンヴァレーを中心に大人気の醸造家をコンサルトに呼び、ついでに彼のワイナリにもブドウ供給をするようにします。
そのコンサルトがアンソニー・フィリベルティ。
当ブログでも既に二回紹介していますネ。
アリさんマークのアントヒルファームの人です。


というわけで、ほぼほぼ別畑でアントヒルファームズが作ってますというような形で拡張版といっていい状態。
なんだかダヴィド・デュバンに似てますネ、ライジングスターで似た地域でコンサルト任せられてるの。
今回のワインはその中でデムスヴィンヤードの単一品。
既にこちらでも高い評価はとっくに得ていて今回のものでガローニおじさん93点。
果たしてデムズの出来は如何に?

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥)
お、シュペブル系じゃないのー!
堅実さは変わらず、今回はより紅茶とストロベリーのタッチが強く出た印象でした。個人的にアリさんより好みかもしれん・・・・・・
20160916214244700.jpg
色はあかさは強いレッドですが、クリアにできています。
香りに紅茶とチェリーのタッチ、それとフランボワーズ系のソース。ギリギリジャミーまで濃厚で煮詰めてない感じかな。
味わいはアントヒルファームにとても似た部分があって、堅実なチェリッシュさ。
派手すぎない程度に収めてあるピノといった印象が変わらずありますネ。
ただ、より冷涼地っぽい印象があるかなぁと(アリシリーズとどっちが冷涼地か?知らぬ!現地へでも行ってまいれ!!)
果実と酸味が冷涼産地っぽい凝縮があって、紅茶系の香りとタニックさが出ているのがとてもグッド。
ほのかに塩っぽいアクセントがある点も良いですネ。
ブルピノよりシュペブルじゃーい!が信条の当ブログとしては、かなり満足度が高かったり。
ここに更にあともうひと押しまろやかさや複雑だと感じ得る要素が入ると満点かなって具合。
アフターもスッキリめ。そういう潔さとみるか、持続力がもう少し欲しいとみるか・・・・・・
冷涼クールなロングヘア美人なタッチです。シンプルにおとなしく、文学少女的キャラ・・・多少ませた印象もあるかもしれない。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥♥
5000円超えの上位ピノとしては格安の部類
セリーズ版もデムズ版も6000円ちょっと超えるぐらいですんでおり、所謂ミドル価格以上の領域には入っています。
が、その中のピノなら超優秀です。同じカリフォルニアでもソノマRRVやサンタバーバラではこの価格は難しいですし、ニュージーランドや南アフリカのシングルヴィンヤードフラッグシップも同じぐらいの値段できます。
そして勿論、それらと個性で戦えている。
なぜだかマイナーアイテム気味なのでこの価格なんだろうと思います。一流新進気鋭が作る一流畑でコレなら安いとなる訳。
プレゼントには確かに若干地味な感じはあるかもしれませんが、そういう所や元証券万のケイネズ氏になぞらえてみたらいいのかな。
出来れば自分でゆったり楽しんでいただきたいですね。なんとなく雨の日のが美味しいかも知れない。
ブラインドすると、「カリピノ」と確定で出してくる人は少なめな気がします(アンダーソンヴァレーまで当てたらもう呑んだことあるとしか言いようがナッシング!)

というわけで、ケイネズ・ヴィンヤードよりデムス2013でした。
ここ最近の3つのカリピノ、正直どれも「みんなちがってみんないい」をやりきってまして、本当に甲乙つけがたかったりします。
で、その上だと値段が明らかにコレが安いので、当ブログとしてはオススメしやすいかな。
この造り手、意外なほど浸透がしきってないので、今後もこの調子でマイナーに流行って価格上がらないで欲しいと思いますデス(売ってる方には申し訳ないけどナ!!!!!)

蟻さんと飲み比べもいいかも。




慧音じゃないよ、ケイネズです。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【夢見屋さん】上白沢慧音B2タペストリー
価格:3780円(税込、送料別) (2016/9/16時点)


関連記事

| アメリカ | 23:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1126-1c907ef9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT