オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

傘って良く落とすよネ。カルト・RRVが落とした物とは? ロスト・アンド・ファウンド・ピノ・ノワール2012

うぇるかむ!
えー、先日カリフォルニアワインをじゃぶじゃぶとやってきましたので、このピノ続きに乗じて「今のシーズンらしいアイテム」で。

201609122304222e7.jpg
ロスト&ファウンド・ピノノワール・ロシアンリヴァー・ヴァレー2012
あ、これちゃんとワインのラベルですからネ!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥(ラベル的に+♥?)
お、カルトだなって感じ。
見て目を引く、しかも表の表示がからっきし何もない雰囲気。ここまで大胆にやってこそカルト・ワインのラベルだと思います。落し物って傘かよ、ありがちだなぁ。でもワインのラベルとしてはまったくもってありがちでないという。
20160912230431dac.jpg
裏は割かし普通です。

一部では割りと話題になっていたっていうかワインレポートさんがぶっちぎりで詳しいわけでして。
書くことないでス。
マスターオブワインがコンサルトしているRRVピノ、しかも☆級レストラン向けでほぼ配給が終わるというレアアイテムとなっています。しかも2010年設立。それでこの注目度、南アフリカかよって具合ですネ。
あと、アルコール度数の細かすぎ具合が謎の特徴です。君、傘忘れるようなキャラじゃなくない・・・?
もうさっそく、見ていきましょう

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥(好みで変動あり)
あー、最近流行ってるっぽいトマト系な?
いわゆるミルキーでない、しかも野菜のフレーバーが出ているタイプのピノです。所謂自然派風味な部分がそこそこ多いタイプ。
これを旨味と捉えるか(ワインレポート山本氏はそうとらえてますネ)それとも雑味と捉えるかで変動ありそうです。
2016091223044130b.jpg

色はあかさが強くギリ透け。色みそのものは結構強い気がしています。
香りからトマトとチェリーのミックスを感じ、新鮮味がある程ジューシー。
ただ、甘味よりも酸味の方が目立ち、RRVの一般的なボリューム感はありません。
味わいも綺麗にストレートにプチトマト、アメリカンチェリー、さくらんぼ、などなど赤い果実と野菜の構成で全体が通っています。
ミルキーさは皆無。甘味も酸味を支える要素にすぎません。
とにかくいぶし銀な研ぎ澄まされた酸味の練具合。心地よい酸味とはこのことか・・・・・・
野菜と果物のフレーバーがとにかく酸にフォーカスされており、甘味をそぎ落として作ったRRVってこんな具合なのかぁと感心します。
逆に言っちゃうと、RRVだと思って開けると大失敗します。
落し物しちゃったのはRRVらしさなんですネ。
とにかく酸の強い太刀筋で、しっかりモノの女上司っぽさが満ちている。
・・・・・・って、やっぱりしっかりモノやないかい!落し物しそうにない!!

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
しかしながら税込みしちゃうと9000円超えるピノとなっておりまして、まぁデビューしたてのカルトピノらしい値段となっています。
このワインの肝は「あのRRVでこの味!」という予想外な部分。
ここを面白がれるかでも大きく評価がわかれるでしょう。正直いって、玄人好みのワインの部類です。マニアックさを極めたい人向けと言いますか。
そういうカルトマニア相手ならプレゼントでもOKなのですが、基本的にはマニアのパーティーで使われるタイプ。
それも、食事付きのがいいですネ。レストラン配給がなされている通り、良い料理を映えるための野菜っぽさだと思うのです。

というわけでロスト・アンド・ファウンド2012でした。
むしろ私が更新をうっかり忘れ物しそうな感じでありましたけど、まぁ良し!
RRVの基本に大きく逆らった味わい、これからのスタンダードとなるのか、気になります。

数はとにかく少ないです。


とにかくラスボスだったころの

関連記事

| アメリカ | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1122-c47b2610

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT