オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スーパーで売ってる1000円以下のメキシコ泡ってどうなの? サラ・ビベ・ブリュット

うぇるかむ!
メキシコ、というタグを追加しました。今回のために。
前回の更新がコンビニで買えるフレシネのコルドンネグロでしたが今回はその系列の・・・・・・メキシコです。

20160829212226b37.jpg
サラ・ビベ・ブリュット
多分、メキシコでの更新なんてもうないんじゃないの?

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥?
なにせテキーラの国、メキシコです。ラベルも特段特徴もないです。
20160829212244fa2.jpg
実は輸入業者がフレシネのサントリーとは違って、コルドンヴェールだったりします。
その結果コンビニではあんまり売っておらず(なので、フレシネのその2にしなかった)、イオン系列で概ね販売サれているワインになります。
さっきから書いての通り、造り手はフレシネで、そのメキシコ版という位置づけ。
なんでも、メキシコ唯一の瓶内二次発酵メーカーとか。
トラディショナルと書いての通り・・・・・・だけど、メキシコ唯一。メキシコどんだけワイン作ってないの?
また、瓶内二次発酵なのは間違いないのですが正統派でもなんでもなく、品種は
「シュナン・ブランを中心に、ピノ・ノワール・マカベオ・ユニブランの組み合わせ」とされています。
しゅ、シュナン・ブランにマカベオ?南アフリカだってそんな泡作ってない(と思う)ゾ??
更に王冠が
20160829212308258.jpg
名前のもとになっているサラ・ビペ女史らしいんだけどこれはちょっとダサいというか、こう・・・美味しくなくない?
しかしながら、一度はアドヴォケイトで87点という「テーブルワインとしては最低限の数字」は出せた事があるんですって(一体誰がだしたんだ?)。
また、意外と私がリンクを貼っている各位はレビューしている「安い泡の定番」でもあります。
というわけで、いまさらなのですが呑んでみました。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥
バランスは悪いしドゥミ・セックだけど瓶内二次発酵ちゃんとしてる!?
バランスめっちゃ悪いと思います。なによりこれブリュットではなくけっこー甘い。
そういったポイントは目立ちますが、しかし個性となんかこう、力強いタッチは感じるという。

20160829212253705.jpg
瓶の上の方に87点という微妙すぎるアドヴォケイトポイントが高らかについています。

色は割りと黄緑。泡は実はフレシネコルドンネグロよりは強いです(荒々しいともいえますが)
香りにしっかりとした林檎とはちみつっぽさ(ただしそれは駄菓子的)があり、桃の缶詰、それからあからさまな程にチョコがあるんです。
超駄菓子的。
あくまでも駄菓子以上にはないものの、しかし「お菓子的に作ってある」点では悪くないとも言えます。
チョコっぽさがあからさまな程ににがっぽく出てる。そこは賞賛すべきだと思います。
味わいに関しても基本は駄菓子的。
桃、洋なし、林檎などの香料とチョコと多少のバニラ感。
で、なんか妙に砂糖づけっぽい甘さが出てるんですネ。ブリュットは明らかに嘘。甘い。
それらが強めの泡と共にドンッ!ときてサクッとはけます。
アタックの濃さはカリフォルニアスパークリングにも似てしっかりとしており、瓶内二次発酵ならではなトーストっぽさとかは含まれている・・・・・・んですけど、最後まで押せ押せムードのままバッツ!と切れてしまうアフター。
この辺りには価格を感じますネ。肝心な高級感とかはありませんし、中間点では甘さが悪目立ちするのにかなーり苦いチョコ要素などが後引きに高くあってバランスでいえば整合性がありません。
あっつい地域だから、なんかブドウ熟しちゃって甘くなってるんだろうなぁって節は見られます。
バランスは悪いんですが、その分変に個性的。
うん、やっぱり駄菓子なんだと思うなぁコレ。うまいっちゃー旨い。けど高級さとかでないジャンキーな部分が美味しいワケ。
B級な角川映画みたいな、不自然なまでのダサ格好良さがある安ワインです。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥
一番気に入ったのは、値段だ(コマンドー)
1000円出すと一本ぐらいオマケで飲み物が買えます。そういう値段の泡だと考えてみれば「悪くない」ワケです。
なので各位サイトでも評価が存外悪くないワインとなっています。
20160829212409ee2.jpg

当のメインであるフレシネコルドンネグロと比べた場合「総合的にはフレシネコルドンネグロの方が↑」だと思うモノの「変な個性や産地があって面白いのはサラビペ」です。
値段を考えたら納得なワインなのです。そして今の税抜き780円以上のクオリティはないともいえます。
案外甘さが強くて、泡が抜けた時にベタベタ感が強いモノになってしまう点もネックかな。
なので、開けてすぐ呑める環境でのデイリーとして使うのがオススメ。冷やしはしっかり行ってネ。

というわけで、フレシネのサラ・ビペでした。
うーん、やっぱり普通に1000円以上はお金だしてワインは買った方がいいよなぁとは思います。
しかしながら、多くの人達がいっているように「1000円以下なのにスパークリングの特徴的なアレコレは感じられる」のも事実な品。
また、甘さが結構多いので初心者向けでもあるでしょう。
窓口として悪くない品なんだろうと思うわけです。サントリーはフレシネ系列なんだから仕入れて大量にコンビニにも波及すればいいのに・・・・・・(まぁ、メキシコのワインなんて売れないゼ!ってことなんでしょうけど)

ヘタすると800円でお釣りがくる。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【5,000円以上送料無料】サラ ビベ ブリュット 750ml
価格:734円(税込、送料別) (2016/8/29時点)



このぐらいバランスの悪い品だと思う(部分的には良い)
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

映画チラシ松田優作 「蘇る金狼」映画チラシ 初版
価格:1500円(税込、送料別) (2016/8/29時点)


| メキシコ | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1109-05865e19

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT