オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ブティノ社のチリワイン、その低価格らしい涼やかさ。 ベル・フラワー・ピノ・グリージョ2014

うぇるかむ!
皆さんはブティノ社ってご存知でしょうか?
私も正直、最近になって知ったメーカーなんですが、そんな系列からひとつ。

20160721213644202.jpg
ベルフラワー・ピノ・グリージョ2014
チリでのワインになります。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥(レストランになら+♥)
ラベル自体はそこそこに可愛い感じで、サクッとした安ワイン感があるかなーと。
四恩醸造とかと雰囲気ちょっと近い程度には品格あるデザイン性のもたせ方がなされてて、このカンパニー結構「ラベル力を知っているんだな」と思わされる感じ
201607212136530ab.jpg
裏は実に説明的である。サクッとしてます。
このワイン、チリアンワインカンパニーというところとブティノ社のコラボとなっているんですが、チリアンワインカンパニー側がサッパリ謎の状態になっちゃったのでブティノ社について。
ブティノ社はロンドンのレストラン経営者で生まれ育ったボンボンである、ポール・ブティノ氏が始めたワインカンパニー。
彼は親の家業を手伝うようになると
「ヤダ・・・もしかしてウチのワイン、高くて不味過ぎ?」
と、給料みてゲンナリしてそうな顔をしつつ不満に思い始め実際にフランスまで飛んでいき現地の様子を見に行ったそうな。
そうして仕入れたワインがレストランではヒット。
次第に「仕入れるだけじゃなくって作っちゃおうか」となって、いろんなワイナリで修行していたエリック・モナンという醸造家と組んでワインカンパニーを立ち上げます。
本拠地はローヌなんですが、そこから様々なところに拠点を広げそれはフランス内だけでなく、イタリアにチリに・・・そして南アフリカに・・・とワールドワイドに展開。
今回はそのチリバージョンというわけですね。
一応、エリック・モナン氏がコンサルト。彼の方針は天然酵母使いらしいんですが、いずれにしても「安旨ワインを一手に作り流れている」人って所でしょうか。
そんな彼らのチリ・ピノ・グリージョ。
いわゆる「ラベルが可愛いは不味いの法則」通りなのでしょうか?

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥
あー、すっごいグラスワインで出てきて欲しい感じ
早い安い美味い。
ファストフードの基本でありますが、それが良く出た白ワインだろうと思います。ガッと買ってサクッと冷やしてキュッとあけてジャババーっと入れてはいオッケー!
そういう気軽に呑める味わいで、かつ安ワイン特有の「ベタつきや薬臭い甘さ」とかはないのがグッド。

色はクリアでほぼほぼ色づきもないぐらいのカラー。ギリ黄緑系。
香りに全面的に果物感があり、フレッシュに柑橘ジュース感。ソコまでフレッシュでもないぐらいに抑えてあって、そこに日本梨っぽさがちょこっと。
味わいも同様で、香りからくる柑橘っぽさと梨っぽさ、それにライムなどが混ざった雰囲気。
スッと入ってそのまま落ちていくガバ呑み系です。
内容そのものはシンプルで複雑さがない反面、雑味感や苦さとかが感じられないのがグッド。
それと、温度があがっても下がってもあんまりエグくならない点も割りと良いポイントです。
つまり「テキトーにあけてちゃんと美味しいのが割りと長続きする」んです。
だからあんまりこだわってないレストランとかでの雑管理とか、その日呑み(ワインを買った直後に呑む行動)でも崩れを感じにくいハズ。
良くも悪くも普通で素直に出来たようなひと品。日常のテーブルをベルフラワーで飾るという感じで、ポンッとおける。
総じてテーブルワインとして最適なのです。
超素朴系ガール。モブとしては優秀なモブになりかねない程度に・・・

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥
超最高!とまでは言いませんが、割りといい感じには仕上がっているなぁとは。
なにせ、それが1000円ちょっとですからネ。ならいいよネーっていう。
感動は産まないにしても、日常的な(特にこれからの夏場)の白ワインとして広く普及すればいいのにとも思います。
反面、ワイン慣れしてる人にはあんまりおもしろくないワインかもしれません。
あくまでもデイリー。サクッと呑むワインとしてご活用を。ボトルも机の上において見ながらで「ちょっと雰囲気が出る」から良いのです。

という訳で、ブティノのチリ版であるベルフラワー・ピノグリージョでした。
テーブル価格ワインとして悪くないワイン。その域を超えはしないものの、1000円以下または1000円台の雑魚ワインを他で買ってしまうよりは相当いい選択肢になるかなぁと。
何より机の上においてて見栄えがそこそこいいのが良い。
このぐらいの価格でもっとワインを広められたらなぁとはずーーーーーーーーっと思っているので、そのそこそこの正解例だと思います。
っていうかワインはもっともっともっともっともっともっとそれこそ80年台ぐらいまで安くなーれ

が、楽天ではどこも売り切れ!アホか!!売り手も飲み手もホントセンス無い業界やで!!!(超暴言)
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ベルフラワー ピノ・グリージョ
価格:1058円(税込、送料別) (2016/7/22時点)



喋らなければヘタすると全員がモブになりかねないという奇跡

関連記事

| チリ | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1077-47e8c9ee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT