オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アクセトリー(ACCETORY)さんで記事書きました~ワインを選ぶ編。

うぇるかむ!
今日は正直もうこんな時間になってからおウチに帰ってきてしまったので

アクセトリーさんで記事を書いたヨ

というご報告までに。

・今回は「ここまできたら、脱初心者的ステップに入れるかなー」ぐらいの感じにしてみました。
・なので、品種を覚えてみようって話が出てきます。
・前々から書いての通り「真に初心者であるかぎりには品種を覚えるのはナンセンス」ですが「一定以上飲み進めてなんか書いてある文字が気になり始めた(ある程度好きなモノに似た文字列がある)」というところでは品種だとか地域だとかは選択の上の指標になる、と。その段階になった途端に品種とかは意味を持つ。そうならない段階においては品種は無意味というか邪魔な音。
・スクリューキャップにしてるのはなぜ?と記事を書いた編集部側からも質問があったけど・・・・・・その意図は記事から内的にも外的にも察していただけると「新世界ワイン」でなく「スクリューキャップのワイン」なのがわかるかも。
・まぁ、本当に初心者だぜーという方はしばらく信じてスクリューキャップのワインを「気軽に楽しんで欲しい」のだ。コルクを抜く儀式はワインを時に美味くするけど、時になにか仰々しいモノにしてしまう。
・ここまでである程度「初心者向け講座」としての意義は出せた気がする。もっと書くべきことがある?その通り!なんだけどそれはまぁ思いつくままに寄稿するのデス・・・・・・

という感じで、何卒よろしくネ!

文中でゴリ押ししてるのはコレね。個人的にコレこそ初心者向けミドルレンジワインのウチのひとつやと思う。


関連記事

| コラム | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1074-59900c9f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT