オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

モン・ペラの今とは?そのニューヴィンテージと上位版(本家?)で測る。 シャトー・モンペラ2012とシャトー・ジロラット2010

うぇるかむ!
選挙関係の色々が大注目で、当ブログなんて見てる場合じゃない!ってなってて欲しいのですが、私も池上彰を見ながら更新しようかと。

374b5.jpg
シャトー・モンペラ2012とシャトー・ジロラット2010
モンペラ系ですネ。あ、今回思いっきり画像に他の人とか色々うつっちゃったのでぼかしてます。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥?
当ブログではかなーり前に更新しているんですが、モンペラです。本当に久々。
今回はモン・ペラとその上位キュベだというジロラットの2つになります。
前回は2010ヴィンテージながら正直「イマイチ」だったモン・ペラ。ヴィンテージがイマイチになってしまっているものの、今度はその上位ジロラットが2010。
これ、今回更新しようかどうか迷ってスルーしてたんですが、今日たまたまKOZEのワインブログさんでこんな記事をみたのであーそういえばと。
デスパーニュ家、今は果たしてどうなのか?

香り・味わい(最大10pt)
モン・ペラ:♥♥♥♥♥
ジロラット:♥♥♥♥♥♥♥
あー、これもうジロラットを呑めって感じがあるなぁ。
モンペラが神の雫に出た時、クイーンだなんだとやってましたが、そういう濃厚めイメージはジロラットにはある気がします。つまり、濃さがちゃんとあるボルドーとなっている。
一方でモン・ペラの方は・・・・・・うん、更にしょぼなってる気がしてなりません。凡百ボルドーな感じ。
ということで当ブログ的には(正直対して量呑んではないので日持ちが未知数ですが)神の雫の影響でモンペラを買う場合「ジロラットを買うとそのイメージが出やすい」としておこうかと。

モンペラ
201607102134363ce.jpg
いつもの。
色はクリアめなレッド。
香りに多少プラム感があったんですが、全体におとなしいんですネ。
味わいも同様。なんとなくメルロ感のあるまろやかな口当たりはあるんですが、その後がぬるんと終わっていく。
口当たりの丸みは相変わらずなのですが、以前以上に果実要素が落ちている印象。
うーん、年々レベルが下がっているよーな?

ジロラット・ルージュ
18727.jpg
6de.jpg
で、こっちの方が明らかに濃い。それはインポーターさんも書いての通り。
色はクリアめレッド(ただモンペラより濃い)。
香りにそこそこにのプラム、ミルキーなバター感。紫果実の要素が多めに出ています。
それでもカリフォルニアとかに比べればずっと細いともいえるのですが、バランスは悪くないと。
味わいもまろやかさのある辺りはモンペラと同様・・・・・・なのですが、その後が続きます。
果実感が強めにあり、(モンペラと比べると特に)コッテリさを多少感じさせるプラムジャム。獣感や土っぽさのないタイプのスタイル。
尖ってはいないんですが、まろやかメルロのタッチとして過不足ないしあがりになっています。
あ、ミネラル感もそんなにないヨ。
ボリュームもタッチも全体が整えられている感じで、今のみでイけるメルロ感です。
クイーン?かというともっちっとポップス。ジャニ的な?
王道のヒロイン感もあるワインかなという印象です。ただ、一番人気になれない感じ?

コストパフォーマンス(最大5pt)
両方共:♥♥♥
モンペラ2012、お店によってお値段が結構差があるんですが、ネットショップの2000円ぐらいならまぁ妥当線です。3000円とかで売っているお店で買うのはオススメ出来ないかな・・・というのは以前と変わらずですネ。
ジロラットは2010は妙にプレミアのようなお値段になってまして8000円でもなくなってたり、一方で2011は6800円・・・と年号で結構左右されていますネ。
うーん、その意味ではこのお値段だと「ヌルいかな」とは思います。悪くないけど良くもないワインが5000円オーバーしてるのはちょっとツラみがある。
良くも悪くもボルドーワインらしい状態にデスパーニュ家なっていると思います。その半端さがちょっとツライんです。
ジロラットはラベルデザインが妙にアメリカンだったりもしてまして、意外とプレゼントには幅広く使えるでしょう。
モン・ペラは逆に今からでは「えー、いまさらー」感が強すぎちゃってなぁ・・・・・・という次第。

というわけで、モンペラとジロラットでありました。
値段がちょっとなぁ・・・・・・と思う部分が大きいワイン達だろうなぁと思います。モンペラは特にもうお値打ちワイン感がなくなっちゃいましたネ。
ジロラットは一方で「ああ、これが昔のモンペラの味だったのかもしれない」と想像させるには十分なモノで、惜しむらくは値段なんですネ。
神の雫ワインとして「未だに君臨し続けている」このワイン、今後どうなっていくのか・・・・・・特に、神の雫が終わった後に。

値段の基準を捉えるにはいいかも?


ジロラット[2010](赤ワイン)[S]
価格:8186円(税込、送料別)





葉鍵時代ってメインヒロイン人気無いことおおかったよネ?

関連記事

| フランス | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1065-375a8e65

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT